ヲシテ文字

ヲシテ文字は縄文時代から使われていた

ヲシテ文字とは、漢字が大陸から伝わってくる以前に、縄文時代の日本で使われていた古代文字(神代文字)のことです。

「ホツマツタエ」という日本の成り立ちについて書き記された書物で「ヲシテ文字は」使われています。

ホツマツタエの内容は、例えば天照大神が女神ではなく、「アマテル」という男性神であったりと、「古事記」「日本書紀」と矛盾しており、学界では「偽書」として批判的な立場をとられがちですが、「ホツマツタエ」こそが、実は真の日本の歴史を記述した書物だと根強く主張する研究者も少なくありません。

ヒーリング効果があるヲシテ文字

「ヲシテ文字」はヒーリング効果の高い波動を帯びているとされており、墨などで人体に「ヲシテ文字」を書くと、その部分が温まったり、癒しの効果があると、多くの気功師が述べており、実際に、ヲシテ文字を体に書き込む鍼灸サロンも増えています。

ヲシテ文字変換

「ヲシテ文字」は基本的には48文字から成り立っており、あいうえおに対応しています。

セレスティアでオリジナルの「ヲシテ文字変換機能」を制作しました。ひらがなを入力すると、対応した「ヲシテ文字」に変換されます。

自分の名前を「ヲシテ文字」で書く時などにぜひご活用ください。
(濁点などは諸説ありますが、基本的に右上に点々を添えてください)

ヲシテ文字一覧(あいうえお順)

ひらがなヲシテ文字
「あ」のヲシテ文字
「い」のヲシテ文字
「う」のヲシテ文字
「え」のヲシテ文字
「お」のヲシテ文字
「か」のヲシテ文字
「き」のヲシテ文字
「く」のヲシテ文字
「け」のヲシテ文字
「こ」のヲシテ文字
「さ」のヲシテ文字
「し」のヲシテ文字
「す」のヲシテ文字
「せ」のヲシテ文字
「そ」のヲシテ文字
「た」のヲシテ文字
「ち」のヲシテ文字
「つ」のヲシテ文字
「て」のヲシテ文字
「と」のヲシテ文字
「な」のヲシテ文字
「に」のヲシテ文字
「ぬ」のヲシテ文字
「ね」のヲシテ文字
「の」のヲシテ文字
「は」のヲシテ文字
「ひ」のヲシテ文字
「ふ」のヲシテ文字
「へ」のヲシテ文字
「ほ」のヲシテ文字
「ま」のヲシテ文字
「み」のヲシテ文字
「む」のヲシテ文字
「め」のヲシテ文字
「も」のヲシテ文字
「や」のヲシテ文字
「ゆ」のヲシテ文字
「よ」のヲシテ文字
「ら」のヲシテ文字
「り」のヲシテ文字
「る」のヲシテ文字
「れ」のヲシテ文字
「ろ」のヲシテ文字
「わ」のヲシテ文字
「ゐ」のヲシテ文字
「ゑ」のヲシテ文字
「を」のヲシテ文字
「ん」のヲシテ文字

アクセスランキング