「龍神」とは?龍神のついている人の特徴や祀られている神社を紹介!

「龍神」とは?龍神のついている人の特徴や祀られている神社を紹介!

龍神とは「水の神様」としてその土地などを守り、人には幸運をもたらしてくれる神様です。龍を祀る神社もあり信仰している方は多いです。今回はそんな「龍神」についてや祀られている神社、龍神を味方につける方法などについてご紹介します。

コンテンツ [表示]

  1. 1「龍神」とは?
  2. 1.1覚えておきたい龍神様
  3. 1.2色別のご利益
  4. 2瀬織津姫の正体は「龍神」だった?
  5. 3「龍神」とスピリチュアルの関係
  6. 3.1龍神は最強の守護霊?
  7. 3.2龍神祝詞とは?
  8. 4「龍神」を祀る神社を紹介!
  9. 4.1貴船神社
  10. 4.2玉置神社
  11. 4.3箱根神社
  12. 4.4龍神総宮社
  13. 4.5石切劔箭神社
  14. 4.6田無神社
  15. 4.7田村神社
  16. 5まとめ
龍神さま

龍神さま

今回は僕、龍神のことについて詳しく解説していくよ〜

「龍神」とは?

フリー写真素材ぱくたそ

龍神とは「神様の使い」や「水の神」と崇められ、「龍神様」として信仰を集めている神様です。

元々、日本では龍に対する信仰はなく、中国から伝わってきた伝説が日本に広がり今に至っています。

日本では農作物を荒らすネズミを捕食してくれることから蛇を信仰していました。すると、中国から伝わった龍の姿は蛇に似ていて、さらに龍が「水の神」として農作物に欠かせない水を守ってくれる生き物でした。こうして次第に蛇から龍へと信仰が変わったようです。

最近は、TwitterなどのSNSで幸運が訪れると言われている龍神雲の写真や、神社仏閣で撮った龍モチーフの装飾品の写真がアップされることも多くなっています。また、書店で龍神様に関する書籍も多数あり「龍神様はご利益がある」としてスピリチュアル好きの方からの信仰も厚いです。

龍神さま

龍神さま

TwitterなどのSNSでアップされる龍神に関する写真は雲が龍神様の姿に見えるものが多いよ。見える人には見えるのが龍神雲なのです。

覚えておきたい龍神様

フリー写真素材ぱくたそ

  1. 九頭竜大神(くずりゅうおおかみ):九つの頭と龍の尾を持つ鬼が岩戸に閉じ込められたのち、善神・水神となった。
  2. 八大龍王(はちだいりゅうおう):法華経に登場する龍で、仏法を守る。前身はインドのナーガという半身半蛇の蛇神。
  3. 善女龍王(ぜんにょりゅうおう):法華経に登場し、雨乞い信仰の龍。
  4. 倶利伽羅龍王(くりからりゅうおう):不動明王の化身ともいわれる。三毒(根本的煩悩)を切り裂く剣に炎となって巻き付く姿で表現される。
  5. 青龍(せいりゅう):古代中国において、白虎、朱雀、玄武とともに四神として鎮座。
日本では大まかに上記5柱の龍神様が有名ですが、他にもたくさんの龍神様がいらっしゃいます。

また、御名前に色の名がついている龍神様もいます。

龍神さま

龍神さま

西洋ではドラゴン、東洋では龍という呼び方の違いもあるけれど、東洋の龍は神様の使いというように覚えておいてね。

チャーリー

チャーリー

西洋のドラゴンは、人間を殺したり食べたり財宝を奪ったりしてファンタジー作品や伝説などで語られているのがほとんどだけど、東洋の龍は神様であるというのはとても興味深いなあ!

色別のご利益

Photo byMomentmal

占いや風水などでよく聞く「五行説」や「五行思想」は「木・火・土・金・水」が万物を創造しているという思想の下、方位や色が決められています。その五行に基づき、龍神様も色によって分けられています。方位と色によってご利益などが変わってきますのでチェックしておいてください。

青龍は東の守護神

青龍
方角
五行説
ご利益 勝利・成功、災厄削除、技芸上達

東の方角を守護する龍神様・青龍は風を守護しています。五行説で東は「木」を意味し、龍神様の色は青色になります。

また、東方は春を象徴する方位とされています。春は新たなスタートや芽が出て、発展・成長するということを連想させることから、「成就」や「発展」といったご利益があります。芸事にも強いのが青龍です。

白龍は西の守護神

白龍
方角 西
五行説
ご利益 金運、商売繁盛、結婚

秋を象徴する方位である西を守護しているのが白龍です。五行説で西は「金」と意味し、龍神様の色は白色になります。

金運や飲食関係、結婚へのご利益があるとされています。秋は「収穫」を象徴する季節でもあるので、収穫があれば飲食が関係してきますし、お金も関係してきます。結婚も飲食とお金が必要不可欠であり、ご利益とつながっているのです。
 

黒龍は北の守護神

黒龍
方角
五行説
ご利益 縁結び、家内安全、健康

北の方角を守護するのは黒龍です。五行説では「水」を意味し、色は黒色になります。

夫婦関係や交際運といった良縁のほか、健康運にご利益があります。風水的にも水回り(トイレ・キッチン・浴室・洗面所)などを綺麗にすると運気が上がると言われています。水回りには黒龍様がいて、綺麗にすることでご利益があると思うようにすると、運気もついてきます。

赤龍は南の守護神

赤龍
方角
五行説
ご利益 学業、昇進、勝負

南方を守護するのは赤龍です。五行説では「火」を意味し、紅(赤)という色のイメージから夏を象徴しており、輝く太陽のように意欲を照らし、アップさせます。

学業や勝負事へのご利益がありますので、結果を出したいという方は南を意識し、赤龍様にお願いしてみるとご利益を得られるのではないでしょうか。

中心を守護するのは金龍

金龍
方角 中心
五行説
ご利益 金運、頭脳運、頭領運、家内安全

全ての方角の中央にいらっしゃるのが金龍です。五行説では「土」を意味する中心は黄色ですが、黄金ともいうように龍神様の色はになります。

大地と豊穣の神様として崇められています。

ご利益はその色が表しているように金運です。そして他の龍を統率していることから、コミュニケーション能力や家庭の運気の向上が挙げられます。

瀬織津姫の正体は「龍神」だった?

Photo bykokorocare

瀬織津姫(せおりつひめ)に関しては様々な説がありますが、龍神様との関係あると言われている説もあれば、龍神様だと言われていることもあります。

瀬織津姫は、「川を守る、水の神様」ですので、水の神様と言われている龍神様と同一視されています。

大ヒットアニメ「君の名は」や「千と千尋の神隠し」などで描かれている水の神が龍神様や瀬織津姫と言われていますがはっきりとした情報はなく、今なお多くの方が考察しているのが現状です。
 

「龍神」とスピリチュアルの関係

Photo byArtie_Navarre

龍神様をスピリチュアル的にみると、天使と同じように「神様の使い」ではないかと考えられています。

スピリチュアルの世界では、人も含めて世の中にある全てのものがエネルギー体であると捉えます。エネルギーを操ることができると運気が良くなるとし、龍神様という神様の使いを信仰することでエネルギー体が良い方に働いて、幸運がもたらされると考えられています。

そのため、運気を上げるには龍神様を信じることが幸運への近道とする方もいるのです。

龍神は最強の守護霊?

龍神様は水の神様ですので、川、滝、雨など水に関することと縁があった場合は龍神様に好かれていると考えて良いでしょう。

よく雨女や雨男と言われる方がいますが、昔でいえば雨は大地を潤して農作物の成長には必要不可欠ですし、水そのものも人間にはなくてはならないものですので、雨に好かれるのは喜ばしいことでもあるのです。

「龍神様に好かれているから雨女/雨男なんだ」と考えるようにしてみましょう。
 

龍神がついている人の特徴

「龍神様」がついている人の特徴

  • 水に関することに縁がある
  • 向上心が強い
  • 直感が鋭くなる
  • ラッキーと思えることが立て続けに起こる

龍神に嫌われる人の特徴

「龍神様」が離れていってしまう人の特徴

  • 成長を望まない
  • 他人に嫉妬、妬みなどの感情を持つ
  • 当たり散らす
  • 傲慢

もし、離れていってしまう人の特徴に挙げたことなどが思い当たるなら、今すぐ意識改革をすることをおすすめします。

龍神祝詞とは?

龍神祝詞(りゅうじんのりと)とは、龍神様が祀られている神社などに参拝する際に唱えるとご利益がアップすると言われている祝詞です。

龍神祝詞を唱えると、ご利益アップのほかにも「意欲や気力がわく」「モチベーションがアップする」といった効果があると言われていますので、是非、試してみてください。

関連記事

line-friend-pc

アクセスランキング

記事はありません。