【七赤金星の2020年】運勢・吉方位・結婚・引っ越しについて解説します

【七赤金星の2020年】運勢・吉方位・結婚・引っ越しについて解説します

九星気学で七赤金星の人の2020年の運勢についてご紹介します。七赤金星の男性・女性の方の2020年の全体運・吉方位・凶方位・恋愛運・金運・仕事運・ラッキーカラーを占います。また、開運法や引っ越し・結婚・転職の是非についても解説します。

この記事に登場する専門家

占星術師

望月こはる

占術:九星気学、四柱推命、霊感タロット 得意分野:運勢の総合鑑定、移転・就職などの開運方位アドバイス、人間関係の相性鑑定、個人別日常的開運暦の作成など。 その他、陰陽五行および十干十二支をテーマにして日常生活に役立つ開運法の研究を行なっています。

プロフィールはこちら

コンテンツ [表示]

  1. 1七赤金星の2020年
  2. 1.1全体的な運勢
  3. 22020年の吉方位
  4. 3引っ越し
  5. 4恋愛・結婚運
  6. 5仕事運
  7. 6金運
  8. 7ラッキーカラー
  9. 8まとめ

七赤金星の2020年

望月こはる

占星術師

2020年の七赤金星は、持って生まれた特徴が現れやすい一年になるでしょう。女性は特に配偶者を含めた自分の取って頼りになる男性との関係に良い変化が期待できそうです。男性は仕事や職業に良い意味で新しい刺激が加わるかもしれません。

七赤金星にとって2020年は、過去の積み重ねの結果の出る年です。9年を一つのサイクルとして考える九星気学では、2019年の七赤金星は「頂点」の年で物事がスムーズに流れる年でした。幸運に恵まれたと感じている人も多いでしょう。

2020年はこれまでの努力の結果が出やすい年になります。ここまで努力を積み重ねてきた人は良い結果となって表れるでしょう。逆にこれまで努力せずに怠ってきた人にとっては厳しい年になるかもしれません。そういう人は一から出直す気持ちで、気を引き締めましょう。

占い師

占い師

九星気学の本命星は以下のチェッカーで調べることができます。

のイメージ
「七赤金星」とは?性格や相性、七赤金星の有名人や吉方位を解説します【九星気学】
七赤金星(しちせききんせい)の星をもつ人は、話術に長けていてサービス精神旺盛です。行動的で思っていることが顔に出やすいですが愛嬌があり憎めません。オシャレに敏感で、カリスマ性があるのが特徴です。

全体的な運勢

七赤金星の2020年の全体運は迷いが生じやすい時です。例えるならば、学校を卒業したばかりのようなイメージです。これまでは学校という存在に守られてきたのが、ここからは自分の力でやっていかねばならない、そんな時でしょう。

2020年はこれまでの運気と新しい運気の節目で、これからについて不安に感じたり、迷いが生じたりしやすい時です。物事がうまくいかないと感じることもあるかもしれません。しかし、今までは頂点に向けて上り坂だったのが、山の頂点に登りきりましたので、今度は下山し、安定した生活を手に入れるための時なといえます。

上手く物事が進まないと感じた時ほど、落ち着いて丁寧に物事を見て対処していくようにしましょう。一足飛びで物事を進めるのではなく、着実な一歩で歩みを進めていくと良いでしょう。

望月こはる

占星術師

2020年の七赤金星は、自分の中で葛藤が生まれやすいかもしれません。その理由は「自分らしくないなあ」と感じることが多い一年になりそうだからです。ですが、それも自分の一面と受け取り、自分磨きに役立てましょう。そういう時期こそ自分の器を広げるチャンスといえるでしょう。

2020年の吉方位

2020年の七赤金星の吉方位
七赤金星の2020年の吉方位は北東、南東、北西です。

吉方位に行くことでその方位の持つ良い象意(元々その方角の持つ影響)の出来事が起こりやすくなります。

・北東の象意は「家庭運が上昇する」「不動産運が上がる」「よい後継者に恵まれる」などです。
・南東の象意は「良縁に恵まれる」「事業が軌道に乗る」「人脈に恵まれる」などです。
・南西の象意は「結婚運が上がる」「勤勉で誠実になる」「忍耐力がつく」などです。

また、吉方位には3泊4日以上の旅行に行くと、その方位の良い気を受け取ることが出来ると言われています。日帰り旅行や1泊の旅行でも影響を受けますが、長く行くことでより効果を受け取ることが出来るので、じっくりと旅をするのがおすすめです。

占い師

占い師

次のページでは、引っ越しの良し悪しや仕事運、恋愛運、金運、ラッキーカラーについて解説します。

line-friend-pc
kiseki-pc

関連記事