青色の財布の風水的な意味とは?効果や青い財布と相性がいい色について紹介

青色の財布の風水的な意味とは?効果や青い財布と相性がいい色について紹介

青色の財布の風水的な意味とはなんでしょうか?ブルーの財布がもつ運気アップ効果や、青い財布と相性がいい色、青の財布を持つ芸能人についてもご紹介します。本記事を読んで、青色の財布の効果や相性のいい色について理解していきましょう。

宇宙の法則と男性心理をマスターする秘訣セミナー

コンテンツ [表示]

  1. 1青色の財布の風水的な意味とは?
  2. 1.1青色の風水的な意味
  3. 1.2青色の財布のジンクス
  4. 2青色の財布は色の濃さで効果が変わる?
  5. 2.1①青色の財布
  6. 2.2②ネイビー・濃紺の財布
  7. 2.3③水色の財布
  8. 2.4④ターコイズブルーの財布
  9. 3青色の財布と相性がいい運気アップに効果がある色は?
  10. 3.1①ピンク色
  11. 3.2②白色
  12. 3.3③緑色
  13. 3.4④黒色
  14. 4青色の財布と相性がよくない運気を下げる色は?
  15. 4.1①赤色
  16. 4.2②オレンジ色
  17. 5青色の財布を使っている芸能人は?
  18. 6青色の財布の風水的な意味についてまとめ

青色の財布の風水的な意味とは?

青色は濃さによって風水の意味が変化し、運気や縁起の良し悪しが変わります。水色などの明るい青色は「水」に属し、濃い青色や濃紺(ネイビー)は「木」に属すると言われています。

本記事では青色の財布の風水的な意味や効果についてご紹介します。

青色の風水的な意味

風水では、青色は「落ち着き」や「冷静」、「成長」などの意味があります。物事を判断しなくてはならないときに落ち着いて冷静な判断ができたり、仕事運や勉強運などの運気が上昇したりします。

ネクタイ選びでもリーダーシップを発揮したいときは赤色。協調性を出したいときはブルーのネクタイを選んだりしますよね。

青色は人間関係の問題も解決する色のため、トラブルに見舞われたときに取り入れるといいでしょう。

青色の財布のジンクス

風水で青色は「水」の気を持つため、青色の財布は「お金を流してしまう」と考えられ、金運的にあまりよくないジンクスがあります。

しかし、青色の濃さによって風水の意味は変わるためすべての青色がお金を流してしまうわけではありません。金運アップ効果のある青色も存在するため、青色の財布を使いたい時は色の濃さに注目してみましょう。

青色の財布は色の濃さで効果が変わる?

青色の財布と言っても、濃紺(ネイビー)などの濃い青色から、水色やターコイズブルーなど淡い青色までさまざまあります。そのため、同じ青色でも色の濃さによって金運があがったり、下がったりと効果が異なります。

ここでは、青色、濃紺(ネイビー)、水色、ターコイズブルーの4つに分けてご紹介します。

①青色の財布

風水で青色の財布は、一般的に「水」の気を持っているとされており、お金を流してしまうといわれるため金運アップしたい人にはよくない色と考えられています。

青色は稼いだ分だけ使ってしまう色であり、特にギャンブル好きな人が持つと入ってきたお金以上にお金を使ってしまうため、青色の財布は金運が低下を招くでしょう。

②ネイビー・濃紺の財布

濃紺(ネイビー)などの濃い青色は風水で黒色とみなされることもあり、お金を守り金運アップの効果がある縁起がいい色です。

紺の財布は、「黒色のお金が貯まる効果」と「青色の気持ちを落ち着かせてくれる効果」があるため、衝動買いなどの無駄な出費を減らし、全体的な金運アップが期待できるでしょう。

③水色の財布

水色などの淡い青色は、青色に白色が混ざっているため、風水的には青色の効果に白色の浄化作用がプラスされます。

水色の財布は、青色のお金を流してしまう効果を白色の浄化作用により弱めてくれるため、お金が流れすぎてしまうのを防いで適度なお金の循環を生み出してくれます。

④ターコイズブルーの財布

ターコーイズブルーは、風水では「水」の気と「木」の気の中間の色とされており、さりげなくお金を貯めることができる色です。

ターコイズブルーの財布は爆発的な金運アップの効果を期待することはできませんが、お金の浪費を防ぎ、少しずつお金を貯められる効果が期待できます。そのため、金運が低下してしまうことはないでしょう。

次のページ

青色の財布と相性がいい運気アップに効果がある色は?

関連記事

アクセスランキング