ソウルナンバー

ソウルナンバー

ソウルナンバーとは生年月日から求められる数字です。ソウルナンバー知ることで自分の性格や本質、相性の良い相手や悪い相手を把握することができます。ソウルナンバーは簡単に計算できるため、本記事を読んで自分のソウルナンバーを把握しましょう。

ソウルナンバーとは?

ソウルナンバーとは、生年月日をもとに計算し、導き出す1~9までの数字と11、22、33、44のゾロ目の数字であり、運命数や誕生数とも呼ばれることもあります。

生年月日さえわかれば計算できるため、犬や猫などのペットのソウルナンバーを求めることもできます。

ソウルナンバーの性格・相性表一覧

ソウルナンバーとマスターナンバーの違い

ソウルナンバーと似たような言葉でマスターナンバーという言葉があります。

ソウルナンバーは1~9までの数字と、11、22、33、44のゾロ目の数字を指しますが、その中でも11、22、33、44のゾロ目の数字をマスターナンバーと呼びます。

そのため、マスターナンバーは特別な数字と言われており、普通の人よりも天界からのメッセージを受け取りやすいと言われています。

ゾロ目のソウルナンバーの性格・相性表一覧

ソウルナンバー占いでわかること

ソウルナンバー占いでわかることは、自分の性格や恋愛傾向、相性の良い相手や悪い相手、その年の運勢などです。

ソウルナンバー2と3の人、ソウルナンバー6と7の人など数字が近い人同士は相性が良いと言われており、反対にソウルナンバー2と8の人、ソウルナンバー1と7の人など数字が離れている人同士は相性が悪いとされています。

また、同じソウルナンバーの人はソウルメイトと呼ばれ、魂同士が強く結ばれている相手と言われています。

ソウルナンバーの出し方・計算方法

ソウルナンバーの調べ方・計算方法
1989年3月7日の生年月日のソウルナンバーの計算方法は、

数字を全てバラバラにし、

1+9+8+3+7= 37

3+7=10

1+0=1

→ソウルナンバーは1となります!

 

ソウルナンバーの出し方や計算方法をまとめました。

とても簡単に計算できるため、ぜひソウルナンバーを導き出してみましょう。

①生年月日の数字をすべて足す

最初に生年月日の数字を全て足します。

例として「1992年8月17日」生まれの場合、数字を「1、9、9、2、8、1、7」に分解し足して行きます。この場合「1+9+9+2+8+1+7=37」となります。

②出た数字の1の位と10の位を足す

次に先ほど計算して出た数字の1の位と10の位を足します。

先ほどの例で計算した「37」の場合、「3、7」に分解し、「3+7=10」になります。

数字が2桁の場合

1の位と10の位を足した数字が2桁の場合、2桁の数字をさらに分解して計算します。

先ほどの計算で出た「10」の場合「1+0=1」と計算します。つまり、「1992年8月17日」生まれの人はソウルナンバー1となります。

2桁の数字が出た場合は、1桁の数字になるか、ゾロ目の11、22、33、44が出るまで1の位と10の位の足し算を繰り返してください。

数字が1~9の場合

計算した数字が1~9の場合、それがあなたのソウルナンバーとなります。

「1992年4月15日」生まれの人の場合、「1+9+9+2+4+1+5=31」、1の位と10の位を足して「3+1=4」です。つまり、1992年4月15日の人はソウルナンバー4になります。

数字がゾロ目の11、22、33、44の場合

数字がゾロ目の11、22、33、44の場合、マスターナンバーと呼ばれる特別な数字のため1桁になるまで計算する必要はありません。

「1995年9月29日 」生まれの人は「1+9+9+5+9+2+9=44」のため、ゾロ目のソウルナンバー44になります。

アクセスランキング