>> セレスティアのスピリチュアル情報をお届け! <<

人の目の色は24種類!あなたの瞳は何色?日本人に多い色や変えられるのかご紹介!

人の目の色の種類は全部で24種類あります。どのような種類の色があるのか、また紫など珍しい目の色についてご紹介します。更に目の色を変える方法や、猫の目の色についても解説していきます。

人の目の色の数は24種類

人の目には様々なな色がありますが、人の目の色は全部で24色あります。人の目はベースカラーが「ブラウン」「イエロー」「ブルー」と決まっており、そこから細かく分かれていきます。また、ヴァイオレットアイズやアースアイと呼ばれる目の色についても解説します。

日本人の目の色

24種類の中でも日本人で割合として多い色は決まっています。日本人の目の色にフォーカスして、色の違いの秘密に迫ってみましょう。

東北の人の目の色

日本人の目の色の中でも、東北の人の目の色には「青」が多いという話があります。青といえば外国人に多そうなイメージがありますが、実際どうなのでしょうか?

なぜ東北には日本人で青い目の色が多いのかご紹介していきます。

珍しい目の色

紫の目

人の目の色の中には割合として少ない珍しい色があります。その確率は1,000万分の1と言われている紫の色の目についてご紹介していきます。

オッドアイ

みなさんはオッドアイをご存知でしょうか?

オッドアイ(Odd Eye)の意味や種類、名称などについて調べ画像を交えてご紹介します。また、オッドアイ(Odd Eye)の有名人や偉人などもいくつか調査しました。

目の色は変えられる?変わることはある?

生まれたとき目の色は決まっていますが、そのあと目の色は変わることはあるのでしょうか。あるいわ目の色を変えるような方法はあるのでしょうか?

ご紹介していきます。

猫の目の色

人間の目の色の数は24種類ですが、猫の目の色にはどのような種類があり、目の色は変化することはあるのでしょうか?

猫の目の色についてご紹介していきます。

ダイクロイックアイ

ダイクロイックアイとは画像のように同じ目の色が2色にはっきりと分かれている状態の目のことを意味していますが、ダイアロックアイの原因や生まれる確率、オッドアイとの違いについて詳しく解説しています。その後、ダイクロイックアイの希少性による価格についてと、人間にも発症する可能性はあるのかどうかを解説していきます。

このページを評価する

評価 5.0 / 5(合計6人評価)