ゴジアオイとは?恐ろしい花言葉をもつサイコパス?自然発火する植物を解説

ゴジアオイとは?恐ろしい花言葉をもつサイコパス?自然発火する植物を解説

ゴジアオイは花言葉や生態が恐ろしいサイコパスの植物と呼ばれています。ゴジアオイの自然発火する生態や、ゴジアオイの花言葉が「私は明日死ぬだろう」という恐ろしいものだからです。「自殺する花」とも呼ばれる生態や山火事がデマや嘘であるかについても解説します。

コンテンツ [表示]

  1. 1ゴジアオイとは?恐ろしい植物なの?
  2. 1.1恐ろしい植物といわれるゴジアオイ。花言葉もヤバい
  3. 2ゴジアオイの花言葉
  4. 2.1ゴジアオイの恐ろしい花言葉の理由
  5. 3ゴジアオイが恐ろしい植物と呼ばれる理由
  6. 3.1ゴジアオイは揮発性の油を出す
  7. 3.2自然発火するゴジアオイ
  8. 3.3ゴジアオイは「自殺する花」と呼ばれる
  9. 3.4ゴジアオイがサイコパスの植物といわれる理由
  10. 4ゴジアオイの山火事は嘘?デマ?
  11. 4.1ゴジアオイの山火事はデマ?

ゴジアオイが恐ろしい植物と呼ばれる理由

ゴジアオイは花言葉が不吉なだけでなく、植物界のサイコパスという怖い呼び名までついています。これは、ゴジアオイが持っている特徴のためです。

ゴジアオイという植物の生態を紹介しながらゴジアオイがサイコパスと呼ばれる理由について解説します。

ゴジアオイは揮発性の油を出す

Photo byOpenClipart-Vectors

ゴジアオイは周囲の気温が上昇すると茎から揮発性の油を分泌します。

揮発性の油とは、常温で気化する可燃性の高い油のことです。車の燃料のガソリンも揮発性の油です。

つまりゴジアオイが生えている周囲は、揮発性の油が多くなるのです。

 

自然発火するゴジアオイ

Photo bytpsdave

ゴジアオイの油が充満した環境で、太陽の熱や摩擦熱などで発火が起こった場合は、ゴジアオイの油で周辺はあっという間に燃え広がり火事になります。

つまりゴジアオイがたくさん生えていて、気温が高い環境では、ゴジアオイが自然発火する可能性が高いのです。

ゴジアオイは「自殺する花」と呼ばれる

ゴジアオイが自殺する植物と呼ばれる理由が理解できましたか?

ゴジアオイが自殺するとは、揮発性の油を分泌し、自然発火する生態が理由です。

ではなぜ、ゴジアオイは自分から発火して自殺するのでしょうか?そこにゴジアオイがサイコパスと呼ばれる理由があります。

ゴジアオイがサイコパスの植物といわれる理由

もし自然発火して火事になれば、ゴジアオイ自身も燃えてしまいますが、実はゴジアオイの種は耐火性を持っているため火事の中で生き残ります。

ゴジアオイの発火によって、他の植物たちは燃えてしまいますが、ゴジアオイだけは生き残るのです。

火事を生き残ったゴジアオイは、燃えた他の植物を肥料に、繁殖していくことができます。
 

利己的な性質をサイコパスと呼ばれた

自然発火し、周囲を火事に巻き込み、自分だけは生き残り繁殖していくゴジアオイ。

サイコパスとは他者への思いやりが欠如した反社会的な人格を意味しますが、ゴジアオイそのものです。
このような、利己的な生態のために、ゴジアオイは植物界のサイコパスと呼ばれるのですね。
 

次のページ

ゴジアオイの山火事は嘘?デマ?

関連記事

アクセスランキング

記事はありません。