「ヲシテ文字」とは?ヒーリング効果のある縄文文字について解説!変換機も作りました

「ヲシテ文字」とは?ヒーリング効果のある縄文文字について解説!変換機も作りました

「ヲシテ文字」は縄文時代から日本で使われていた神代文字の一つで、古代日本において高度な文字文明があった可能性があることを示すものです。こちらの記事では、「ヲシテ文字」の概要や「ヲシテ文字」が持つヒーリングパワーについて解説します。

コンテンツ [表示]

  1. 1「ヲシテ文字」とは?
  2. 1.1「ヲシテ」の名前の由来
  3. 2「ヲシテ文字」のヒーリング効果
  4. 2.1フトマニ図
  5. 3「ヲシテ文字」で名前を書いてみよう
  6. 4「ヲシテ文字一覧」
  7. 5まとめ

「ヲシテ文字」で名前を書いてみよう

ヲシテ文字は基本的に現代の50音に対応しています。

そのため、ヲシテ文字を使って名前を書くことができます。

ちなみに、ヲシテ文字には濁点や半濁点、小さい「っ・ゃ・ゅ・ょ」はありません。

なので、ヲシテ文字を使ってそのような文字を表すときは、下記のように表記している人が多いです。

  • 濁点・半濁点⇒ヲシテ文字の右上に「゛゜」を付ける
  • 小さい「っ・ゃ・ゅ・ょ」⇒通常の「つ・や・ゆ・よ」で代用する(「ぁ・ぃ」なども同じく大文字で代用)
また、ヲシテ文字は表意文字でもあるので、自分の名前をヲシテ文字で表すとどんな意味を持つのか、調べてみるのもおもしろいかもしれません。

「ヲシテ文字一覧」

ヲシテ文字の一覧をご紹介します。

ヲシテ文字は、母音と子音の組み合わせで基本の48文字ができるので、50音より覚える数は少ないです。

とは言え、最初はなかなか覚えられないと思いますので、一覧表を見ながらいろいろな言葉をヲシテ文字で書いてみてください。
 

ヲシテ文字一覧と変換機能
オリジナルのヲシテ文字一覧表と変換システムを用意しております!
龍神さま

龍神さま

以下のリンクから、ヲシテ文字の一覧表と変換機能を使うことができますよ✨

ヲシテ文字一覧表!ひらがなとヲシテ文字の対応と意味をご紹介! | セレスティア358
「ヲシテ文字」とは、漢字が伝わる前の縄文時代の日本で使われていた古代文字です。日本の成り立ちを記した「ホツマツタエ」という文献がこの文字で書かれていたことから、「ホツマ文字」とも呼ばれます。
プロゲーマー君

プロゲーマー君

これを作るのは結構大変だったけれど面白かったよ!

まとめ

縄文時代の日本で使われていたとされる神代文字の一つである「ヲシテ文字」は、48の基本文字から構成され、母音と子音を組み合わせることで一つの文字を表すことができます。

ヲシテ文字や宇宙の成り立ちを表す「フトマニ図」にはヒーリング効果があり、患部に文字を書いたり図を当てたりするとその付近が癒されると言われています。

ヲシテ文字は50音にほとんど対応しているため、日本語をヲシテ文字で表記することも可能です。

最初はヲシテ文字の一覧表を見ながら、好きな言葉を書いてみましょう。

「ヲシテ文字」まとめ

  • ヲシテ文字は縄文時代に使われていた
  • ヲシテ文字には癒しのパワーがある
  • ヲシテ文字で名前を書くことができる
金運を高める効果のある龍体文字をを紹介!「むく」を書いてお金を引き寄せよう!のイメージ
金運を高める効果のある龍体文字をを紹介!「むく」を書いてお金を引き寄せよう!
龍体文字に込められた奇跡のパワーは、金運アップや仕事運アップにも力を貸してくれます。特に「むく」という龍体文字は、一度低迷してしまった金運も軌道に乗せて、上昇させてくれます。自分に合った方法でぜひ龍体文字のパワーを受け取ってみましょう。
「龍体文字」の書き方は?フトマニ図や「ありがとう」を書いてみよう!のイメージ
「龍体文字」の書き方は?フトマニ図や「ありがとう」を書いてみよう!
「龍体文字」は、ウマシアシカガヒコジという活力を司る神が編み出しました。そこにアマテラスオオミカミが編集した、フトマニ図を合わせて龍体フトマニ図を作成することができます。今回は龍体文字が持つ痛みを癒す効果や恋愛・結婚に効くものなどをご紹介します。

アクセスランキング

記事はありません。