命の関係とは?|宿曜における命の相性について解説

命の関係とは?|宿曜における命の相性について解説

宿曜における命の関係とはどんな相性なのでしょうか?命の関係の相性を基本的なものや、恋愛、結婚、仕事に分けてご紹介します。命の関係を知って日常生活にいかしていきましょう。本記事を読むことでより良好な関係を築けるはずです。

コンテンツ [表示]

  1. 1命の関係の基本的相性は?
  2. 1.1命の関係の基本的相性①尊敬しあえる
  3. 1.2命の関係の基本的相性②唯一無二の存在
  4. 1.3命の関係の基本的相性③嫌悪感を抱く場合も
  5. 2命の関係の恋愛の相性
  6. 2.1命の関係の恋愛の相性①居心地がいい
  7. 2.2命の関係の恋愛相性②浮気や不倫でもお構いなし
  8. 3命の関係の結婚の相性
  9. 3.1命の関係の結婚相性①価値観が似ている
  10. 3.2命の関係の結婚相性②距離が近いと離婚の危機も
  11. 3.3命の関係の結婚相性③仲違いする場合も
  12. 4命の関係の仕事の相性
  13. 4.1命の関係の仕事相性①切磋琢磨できる関係
  14. 4.2命の関係の仕事相性②役割分担するのが吉
  15. 4.3命の関係の仕事相性③諦めないことが重要
  16. 5命の関係についてまとめ

この記事では宿曜における「命の関係」について解説しています。
命の関係の概要や、命の関係のカップルの相性などについても触れています。

命の関係の基本的相性は?

命の関係の基本的相性
命の関係とは、自分と同じ宿曜を持つ相手との関係性のことを意味します。

あなたが斗宿だとすれば、同じ斗宿の相手が命の関係です。

上の図のように、命の関係とはお互いが同じ宿を持つ関係のことを指しますが、命の関係の基本的相性はどうでしょうか。

命の関係の基本的相性をまとめました。

宿曜占いのイメージ
宿曜占い
宿曜は奈良時代に空海が中国の唐から持ち帰った最も歴史のある占星術です。宿曜占いや宿曜占星術として日本に伝えられ、多くの命術のベースとなています。 宿曜占いの特徴は、生年月日によって人を27宿(または28宿)に分類し、性格や運命を占うという点です。自分の宿曜が何宿であるかを知ることで、本来の自分の性質や、今後の運勢を占うことができます。

命の関係の基本的相性①尊敬しあえる

命の関係の基本的な相性はお互いを尊重しあうことができ、良好です。

お互いさりげなく相手を手助けすることができるため、出会ってすぐに信頼関係を築くことができるでしょう。

命の関係はすぐに仲良くなれますが、一度出会ってしまうと強力な因縁が働くためなかなか離れることができない関係でもあります。

命の関係の基本的相性②唯一無二の存在

命の関係の相性は、仕事でもプライベートでもお互いを助け合うことができる唯一無二の存在です。

特に示し合せなくても阿吽の呼吸で物事を進めていけるため、お互いストレスを感じることはかなり少ないでしょう。

また、お互いがダメな部分や苦手なことも分かっているため上手にサポートし合うことができます。

命の関係の基本的相性③嫌悪感を抱く場合も

命の関係の相性は、場合によっては嫌悪感を抱いてしまい、あまり良くない関係になる場合もあります。

基本的に相性の良いとされる命の関係ですが、あまりにもお互いが似ているため、相手を自分と重ね合わせてしまい嫌悪感を抱くようです。

そのため、自分のことが認められない思春期や、精神的に発展途上な時期においては、命の関係の相手と相性が悪くなることがあるでしょう。

距離が近ければ近いほど嫌悪感を抱きやすいため、ある程度の距離を保って接すると長く付き合っていけるでしょう。

命の関係に出会う確率

お互いに命の関係になる相性の確率は6種類ある相関関係の中でもっとも低く、出会う確率は27分の1です。

そのため、なかなか出会うことが少ない命の関係は約100人に3、4人程度しか巡り合う機会がありません。

次のページ

命の関係の恋愛の相性

関連記事

アクセスランキング