>> セレスティアのスピリチュアル情報をお届け! <<

「椿(つばき)」の漢字を使った女の子&男の子の名前をご紹介!【意味/画数】

「椿(つばき)」の漢字を使った女の子&男の子の名前をご紹介!【意味/画数】

椿という花は、プルメリアのように頭につける髪飾りとしてよく使われている赤い花です。花の名前は人気が高いですが、「椿(つばき)」を使った名前は、男女ともに人気があります。今回はそんな「椿」を使った子供の名前についてご紹介します。

「椿」の漢字を使った子どもの名前は何があるの?

「椿」というと、赤い花を思い浮かべる人が多いはずです。椿の花はハワイのプルメリアと同じように、日本の髪飾りとしてのイメージが強いという人も多いのではないでしょうか。椿オイルなどの、ヘアケアとしても有名です。そんな「椿」という漢字は、女の子にも男の子にも人気がある漢字です。そのまま「つばき」という読み方をするほか、「つば」と読ませることが多いです。女の子の場合は「ち」と読ませる名前も人気があるようです。

「椿」を名前で使うときの読み方をまとめると次のようになります。

  • つばき
  • つば

男の子の名前

男の子の名前
Photo byOkBoks

男の子の名前として人気があるのは、「椿(つばき)」です。シンプルで読みやすく、かっこよさを感じられる響きが特徴的です。他には「椿己(つばき)」や「椿希(つばき)」など、漢字違いの「つばき」も人気があるようです。さらに「椿沙(つばさ)」や「椿咲(つばさ)」など「つばさ」という名前もあります。

<「椿」を使った男の子名前まとめ>

  • 椿(つばき)
  • 椿己(つばき)
  • 椿希(つばき)
  • 椿沙(つばさ)
  • 椿咲(つばさ)

女の子の名前

女の子の名前でも「椿(つばき)」が最も人気があります。女の子のつばきは「椿姫(つばき)」や「椿妃(つばき)」などがあります。「椿花(ちか)」や「椿菜(ちな)」というような「ち」と読ませる名前もあります。「椿女(つばめ)」や「未椿(みつば)」などの「つば」と読ませる名前も人気です。

<「椿」を使った女の子名前まとめ>
椿(つばき)
椿姫(つばき)
椿妃(つばき)
椿花(ちか)
椿菜(ちな)
椿女(つばめ)
​​​​​​​未椿(みつば)

「椿」という漢字にはどんな意味がある?

「椿」という漢字には、「思いがけないこと、変わったこと」という意味があります。椿の花ははるに咲く花ですが、早咲きのものは冬から花を咲かせています。冬に咲く椿が、はるの訪れを感じさせている、ということが由来だといわれています。さらに椿の花は、伝説の中で長寿の大木を表していることから、長生きするという意味も持っています。椿の花言葉は、「控えめ、謙虚、完璧な美しさ」などがあります。

こういった意味から、「冬のような寒さを耐え抜く忍耐力と、謙虚で凛とした日本人らしい美しさや強さを持った人に育ってほしい」という意味が込められています。男性だと謙虚さや内なる強さ、女性なら美しさや愛情の深さを意味する名前として使われることが多いです。

「椿」を使った名前の字画数はどんな運勢?

「椿」を使った名前の字画数はどんな運勢?
Photo byDidgeman

「椿」という漢字は13画で、この漢字の運勢は大吉だといわれています。明るく穏やかな性格で、周りに人がたくさん集まるタイプに育つといわれています。才能を持った子供も多いので、小さいうちから色々なことに挑戦させてあげると吉だといわれています。「椿(つばき)」は男女ともに人気がある名前なので、運勢的にもとても良い名前です。ここからは、男の子と女の子で人気のある「椿」が付く名前の運勢について見ていきましょう。

男の子の運勢の例

男の子の名前で人気がある「椿」を使った感じの運勢を見ていきましょう。
「椿己(つばき)」13+3=16画です。人を惹きつける魅力があり、自然と多くの人から頼りにされる運気を持っています。大器晩成型で、最後に逆転成功をつかみ取る成功者へと育つ運勢を持っています。男の子にぴったりの名前ですね。

「椿沙(つばさ)」13+7=20画です。もともと才能を持っている人ですが、チャンスにはなかなか恵まれません。そして敵を作りやすいところがあります。いざという時に、助けてくれる人に恵まれない可能性があるという悪い運気を持っています。

女の子の運勢の例

女の子の名前で人気がある「椿」を使った漢字の運勢を見ていきましょう。
「椿菜(ちな)」13画+11画=24画です。全ての才能に恵まれた運勢を持っています。素直で賢さがあり、手がかからない子供に育ちます。友人にも恵まれる上に、異性にも人気が高い女の子に育ちます。

「未椿(みつば)」5画+13画=18画です。健康に恵まれ、何事も自分でやれる真面目な子供に育ちます。しかし、少し頑固なところがあり、人間関係が不器用な性格になってしまう運勢です。

女神さま

女神さま

大切な子どもの名前は、縁起の良い字画数を考えてあげたいですよね。
気になる名前がある方は、下記の姓名判断ツールで確認してみてください!

「椿」以外に女の子の名付けで人気がある花の名前

「椿」以外に女の子の名付けで人気がある花の名前
Photo byCapri23auto

女の子の名前の漢字といえば、花の名前が人気です。椿以外にも人気のある花の名前はたくさんあります。椿以外に人気な名前についてご紹介します。

「百合(ゆり)」 純潔を象徴する花といわれている種類で、昔から人気がある漢字です。百合華(ゆりか)や百合菜(ゆりな)などが人気です。

「藍(あい)」 藍色の染料に使われている植物で、安らぎのある色を意味しています。藍花(あいか)や乃藍(のあ)などが人気です。

「柚(ゆず)」 果物でも知られている柚は、美しい白い花を咲かせる植物です。柚羽(ゆずは)や柚希(ゆずき)などが人気です。

「蘭(らん)」 華やかで高級感のある植物である蘭は、優雅という花言葉があります。愛蘭(あいら)や優蘭(ゆら)などが人気です。

「桃(もも)」 女の子の花としても知られている桃は、天下無敵という意味もあります。桃花(ももか)や桃杏(もあ)などが人気です。

「椿」の漢字を使った子どもの名前のまとめ

  • 椿には謙虚さや美しさ、強さという意味がある
  • 1番人気の「椿(つばき)」は才能がある大吉の運勢
  • 男の子なら「椿己(つばき)」、女の子なら「椿菜(ちな)」が良い運勢を持っている

セレスティアの無料タロット占い

友だち追加

記事を評価する

評価 5.0 / 5(合計1人評価)

関連記事