「ドボン」のルールと遊び方をご紹介!2人でできるトランプゲーム

「ドボン」のルールと遊び方をご紹介!2人でできるトランプゲーム

トランプゲームの「ドボン」についてまとめています。「ドボン」の基本的なルールだけでなく遊び方や戦略もご紹介します。人数が多くないとできないイメージのあるトランプゲームですが、「ドボン」は2人からできるのでルールを覚えてぜひやってみましょう。

コンテンツ [表示]

  1. 1トランプゲームの「ドボン」とは?
  2. 2トランプゲーム「ドボン」のルール
  3. 2.1ドボンと宣言するルール
  4. 2.2手札が先になくなった人が勝者
  5. 2.3誤ドボンに注意
  6. 3ドボンで重要な札(カード)の意味
  7. 4トランプゲーム「ドボン」の遊び方・流れ
  8. 5トランプゲーム「ドボン」の戦略とコツ
  9. 5.1場に出たカードの枚数に注意

トランプゲームの「ドボン」とは?

トランプゲームの「ドボン」とはどんなゲームなのでしょうか?今回はドボンの特徴や必勝法など解説していきます。

ドボンは他のカードの「UNO」に近いゲームと言われています。このゲームの適正人数は5人くらいとされていますが、2人からでもできる手軽なトランプゲームです。

トランプゲーム「ドボン」のルール

トランプゲーム「ドボン」のルール

ドボンと宣言するルール

ドボンは先述したようにUNOに似たゲームですが、特徴的なルールが存在します。

簡単に言うとドボンは自分の持ち札を減らしていくゲームなのですが、自分の持ち札の数字の合計が場に出されているカードの数字と同じ数字の場合、カードを全部出して即座にあがることができます。

このとき「ドボン」と宣言するためこの名前がつきました。

手札が先になくなった人が勝者


持ち札が早く無くなったプレイヤーが勝者となり、このゲームを何度か繰り返して得点を合計することで真の勝者を決めていきます。

勝者以外のプレイヤーは手持ちのカードの得点合計数を出し、ここで出た数字が負け分となります。勝者はこの負け分を手に入れることができ、最終的に手に入れた得点の多いプレイヤーが勝者です。
 

誤ドボンに注意

ドボンにはローカルルールが多く存在します。先ほど、自分の持ち札の数字の合計が場に出されているカードの数字と同じ数字の場合、「ドボン」と言ってあがれるということをご紹介しました。

もしも計算を間違ってしまった場合、それを「誤ドボン」と呼び、そのプレイヤーの負けになるというルールがあります。また、ドボンした人の最後のカードの数字の分だけ、腹筋や腕立てをするというルールも存在しています。

次のページ

ドボンで重要な札(カード)の意味

関連記事

line-friend-pc

アクセスランキング