トランプ「ページワン」のルールや遊び方を紹介!2人で簡単に出来るトランプゲーム

トランプ「ページワン」のルールや遊び方を紹介!2人で簡単に出来るトランプゲーム

ページワンというトランプゲームをご存じでしょうか?ルールはすごく簡単で、その場に出ているカードと同じカードを手持ちの中から出していき、早く手持ちのカードがなくなったほうが勝ちというものです。そんなページワンの遊び方やルール、コツなどを紹介します。

コンテンツ [表示]

  1. 1ページワンとは?
  2. 1.1ページワンのやり方
  3. 1.2大まかなルール
  4. 1.32人しかいなくても簡単にできる
  5. 2ページワンの名前は最後の掛け声から
  6. 2.1日本では一般的に最後の一枚の時「ページワン」という
  7. 2.2東北地方ではノームサイ
  8. 3ヨーロピアンページワンといわれることもある
  9. 3.1ヨーロピアンページワンといわれる理由
  10. 4ページワンの改良版とやり方
  11. 4.1最下位が決まるまで終わらないルールの芋掘り
  12. 4.2芋掘りと似たルールのオンリーワン
  13. 5ページワンと名前が似ているがルールが異なるアメリカンページワン
  14. 5.1アメリカンページワンのルール
  15. 5.2地域によるルールの差が激しい
  16. 6他の二人用の簡単なトランプゲーム
  17. 6.1神経衰弱
  18. 6.2スピード
  19. 6.3ドボン
  20. 7ページワンは二人用の簡単に遊べるトランプゲームである

ページワンとは?

Photo byWikimediaImages

ページワンは同じマークを場に出し合って、カードの強さを競うシンプルなゲームです。UNOのように、残りの1枚になるときには掛け声も必要になります。

ページワンのやり方

ページワンのやり方を説明します。

  1. じゃんけんで親を決め、よく切ったカードを1人4枚ずつ裏向きで配ります。残ったカードは裏向きのまま山札にします。
  2. 親は手札の中から1枚を表向きにして出します。これが台札です。
  3. 親の左隣の人から順番に、台札と同じマークの手札を1枚を表向きにして自分の前に出します。
  4. 自分の手札に同じマークがない場合、山札から1枚取り、同じマークが出たら自分の前に表向きで出します。同じマークが出るまで、山札から取ったカードは全て手札に加えてください。
  5. みんなが出し終わったら、出したカードを比べて1番大きな数を出した人が、次の台札を出すことができます。
  6. みんなが出したカードは捨て札として端の方によけておき、山札がなくなった場合、その捨て札をよく切って新しい山札にしてください。
  7. 自分の手札が残り2枚となって、どちらかを出すときには「ページワン」と掛け声と共にカードを出します。この掛け声を忘れてしまうと、その回のカードを全て引き取らなければなりません。そして1番早く手札がなくなった人が勝ちです。

大まかなルール

Photo byPanBrodacz

ページワンの大まかなルールは以下の通りです。

  1. ジョーカー1枚を含む53枚を使う
  2. カードの強さは強い順に、ジョーカー、A、K、Q、J、10、9、8、7、6、5、4、3、2の順番
  3. ジョーカーはどのマークにも使える

2人しかいなくても簡単にできる

ページワンは2人しかいなくても簡単にできます。ちょっとした暇潰しにもぴったりです。

ページワンの名前は最後の掛け声から

Photo bymoritz320

ページワンは最後の掛け声にも使われており、その掛け声から名前がつけられたと言われています。しかし地域によって掛け声が違う場合もあります。

日本では一般的に最後の一枚の時「ページワン」という

日本で行うときは、基本的に最後の1枚の手札のみとなった場合、「ページワン」というのが一般的です。これはおそらく和製英語であり、英語圏では、「ラストカード」というのが普通です。

東北地方ではノームサイ

東北地方では、残りの1枚になるときにノームサイと言いますが、これはラグビーのノーサイドが語源であると言われています。また北海道では「ページバン」に近い発音をする地域もあります。

ヨーロピアンページワンといわれることもある

Photo byPDPics

ページワンはヨーロピアンページワンと呼ばれることもありますが、その理由などについて解説します。

ヨーロピアンページワンといわれる理由

アメリカンページワンとは違うトランプゲームであるため、分かりやすくすることからヨーロピアンページワンと呼ばれています。しかしこれはあくまでも区別するためですので、ヨーロッパのゲームではありません。

ページワンの改良版とやり方

Photo byPDPics

ページワンの同じようなルールには違うルールもありますので、そちらをご紹介します。

最下位が決まるまで終わらないルールの芋掘り

芋掘りの主なルールは以下の通りです。

  • ページワンの掛け声は不要
  • 1ゲームはビリが決まるまで続ける
  • 山札がなくなったときは、場にあるカードをよく切って、山札の補充をする

芋掘りと似たルールのオンリーワン

オンリーワンの主なルールは以下の通りです。

  • カードが残り1枚となるときに「オンリーワン」と言いながらカードを出す。宣言しなかった場合、手札を5枚追加する
  • 山札がなくなったときや、ゲームのやり方は芋掘りと同じルール

ページワンと名前が似ているがルールが異なるアメリカンページワン

Photo bymoritz320

ページワンと似たルールの「アメリカンページワン」は、似ているようで全く違ったものでUNOの原型のゲームであるクレイジーエイトのバリエーションのひとつです。

アメリカンページワンのルール

アメリカンページワンのルールは以下の通りです。

  1. 52枚のトランプを準備し、全員に同じ枚数のカードを配る。人数に応じて4~7枚程度が目安。残りのカードは山札にする
  2. ジャンケンで最初に出す人、順番を決める
  3. ゲームの流れは基本的にUNOと同じ
  4. 誰かの手札がなくなったら、ゲーム終了

地域によるルールの差が激しい

日本でアメリカンページワンをやるときは、特殊カードのそれぞれに、トランプのどの数を当てはめるかは地域や集団によって差があります。また特殊ルールを設けている場合もあるため、プレイする前にあらかじめルールをよく確認しておくと、メンバー同士のルールの違いがなくてスムーズに行えますよ。

他の二人用の簡単なトランプゲーム

Photo byAlexas_Fotos

他にも二人でできるトランプゲームはあります。簡単なトランプゲームを見ていきましょう。

神経衰弱

フリー写真素材ぱくたそ

神経衰弱は、裏向きに並べたカードの中から、同じ数字のカードを2枚引き当てるゲームです。手札は0から始まり、最後にカードの枚数を集めた人が勝利です。どこにどんなカードがあったのかを覚えておく記憶力が勝利のポイントになります。

スピード

スピードは台札に続くカードを、自分の場札から出していき、手札を早くなくした人の勝ちです。台札に続いて出せるのは、その台札の前後の数字のみで、マークは関係ありません。スピードという名前の通り早さが勝負の鍵となります。

ドボン

ドボンは、場札と同じマークか数字のカードを出していき、早くカードをなくした人が勝利です。UNOのようなゲームで、特別な性格を持つカードもあります。また枚数まとめて出せる「ドボン」などのルールをうまく使い、いかに人より早く手札をなくすか、また他のプレイヤーの邪魔をするかが勝負のポイントです。

「ドボン」のルールと遊び方をご紹介!2人でできるトランプゲームのイメージ
「ドボン」のルールと遊び方をご紹介!2人でできるトランプゲーム
トランプゲームの「ドボン」についてまとめています。「ドボン」の基本的なルールだけでなく遊び方や戦略もご紹介します。人数が多くないとできないイメージのあるトランプゲームですが、「ドボン」は2人からできるのでルールを覚えてぜひやってみましょう。

ページワンは二人用の簡単に遊べるトランプゲームである

Photo byblickpixel

ページワンはルール自体も簡単ですので、二人でも簡単に遊ぶことができます。ちょっとした暇潰しにもぴったりのゲームですので、ぜひ一度やってみてくださいね。

プロゲーマー君

プロゲーマー君

トランプを使ったゲームはほかにもたくさんあるよ!
早速関連記事でチェックしよう!

トランプ占いのやり方一覧!一人でできる簡単なトランプ占術の方法をまとめましたのイメージ
トランプ占いのやり方一覧!一人でできる簡単なトランプ占術の方法をまとめました
一人でできる手軽さが魅力的なトランプ占いには、運勢、恋愛、願い事が叶う占いなど様々な種類があります。そこで今回は、そんなトランプ占いのやり方や占い結果を見る方法などについてご紹介していきます。これを見れば簡単に好きな人との相性が占えますよ。
「ダウト」のやり方・ルールをご紹介!【ジョーカー使う/3人でできるトランプゲーム】のイメージ
「ダウト」のやり方・ルールをご紹介!【ジョーカー使う/3人でできるトランプゲーム】
3人でできるトランプゲーム「ダウト」について徹底的にまとめました。有名なトランプゲームである「ダウト」はどんなゲームなのでしょうか。「ダウト」のやり方や遊び方、ルールなどだけではなく、勝つための戦略やコツなどもいくつかご紹介します。
「戦争」の遊び方をご紹介!2人でできる簡単なトランプゲームのイメージ
「戦争」の遊び方をご紹介!2人でできる簡単なトランプゲーム
「戦争」とは2人でできる簡単で面白いトランプゲームです。運の要素が強いため、勝ち続けることもあれば負け続けることもあり、やり方自体はとてもシンプルなゲームです。またローカルルールを取り入れて盛り上がれるので、ぜひトランプゲーム「戦争」を試してみてください。

関連記事

アクセスランキング