「ダウト」のやり方・ルールをご紹介!【ジョーカー使う/3人でできるトランプゲーム】

「ダウト」のやり方・ルールをご紹介!【ジョーカー使う/3人でできるトランプゲーム】

3人でできるトランプゲーム「ダウト」について徹底的にまとめました。有名なトランプゲームである「ダウト」はどんなゲームなのでしょうか。「ダウト」のやり方や遊び方、ルールなどだけではなく、勝つための戦略やコツなどもいくつかご紹介します。

この記事には広告が含まれます。

コンテンツ [表示]

  1. 1トランプゲーム「ダウト」とは?
  2. 2トランプゲーム「ダウト」のルール
  3. 2.1「ダウト」のローカルルール
  4. 3トランプゲーム「ダウト」の遊び方・流れ
  5. 4トランプゲーム「ダウト」の戦略とコツ

トランプゲーム「ダウト」のルール

トランプゲーム「ダウト」のルール
Photo byjlaso

「ダウト」のルールをご紹介します。

「ダウト」は前にご紹介した通り、1~13の数字を順番に出していきます。ここでポイントなのが手持ちに該当の数字がなかったとしてもパスすることはできないルールです。そのため、数字の違うカードであってもとりあえず出さなければなりません。

他のプレイヤーに嘘がバレてしまった場合や、嘘と指摘したのが間違っていた場合、その場に出ているカードを全て手札にしなくてはいけないというルールもあります。このルールのおかげで簡単には終わらないため、3人や4人などの少人数でも楽しむことができます。

最初に手札が無くなったプレイヤーが勝者となります。

「ダウト」のローカルルール

「ダウト」のローカルルール
Photo byjackmac34

上記のほかに、順位の付け方にも地域によって差があるようです。最初に手札が無くなったプレイヤーが出たらそこでゲームは終了となり残った手札の合計点数で順位を決めるというものも存在しています。

また、最後に出したガードが嘘ではいけないルールや、嘘であっても構わないなどのルールもあり地域によって違うようです。

トランプゲーム「ダウト」の遊び方・流れ

トランプゲーム「ダウト」の遊び方・流れ
Photo byOpenClipart-Vectors

やり方や遊び方など、ゲームの流れを説明します。このゲームはトランプの絵柄の種類は関係ありません。

・まず、52枚のトランプを数字が見えないように裏向きでプレイヤーに配ります。
・親となったプレイヤーは「1」と数字を言いながら、トランプを裏向きに出します。
・その後のプレイヤーは「2」と言って、同じくトランプを裏向きに出します。
・同じように「1~13」までの数字を数えたあとは「1」に戻ります。

このようなやり方、流れでゲームは進行していきます。

前にご紹介したように「ダウト」は手札に数字がなかったとしても順番をパスすることはできません。そのため、口で言っている数字と出したトランプの数字が違う場合が発生します。そのため、プレイヤーは嘘をついている。と指摘ができます。その時の掛け声がゲームの名前でもある「ダウト」です。

「ダウト」では同時に4枚のカードを出すことが可能です。その場合、1枚でも嘘の数字のカードが入っていた場合は「ダウト」ということになります。

「ダウト」とプレイヤーが言ったときは直前のカードを表向きにし数字があっているか確認します。もし数字が間違っていたらそのカードを出したプレイヤーが、数字が合っていたら指摘したプレイヤーがその場に出ているカードを全て手札に加えます。

トランプゲーム「ダウト」の戦略とコツ

トランプゲーム「ダウト」の戦略とコツ
フリー写真素材ぱくたそ

このゲームの戦略とコツをご紹介します。

一番分かりやすいのは自分の手札です。手札に同じ数字が4枚揃っている場合、他のプレイヤーはその数字を確実に持っていないことが判明します。その数字になった時「ダウト」と言えば、確実に他のプレイヤーの手札を増やすことができます。

手札が少なくなってくると「ダウト」と言われることが多くなり、なかなか終わらないのもこのゲームの面白い特徴です。ですが、最初から最後まで1~13という数字の順番は変わりません。そのため、自分が次にどの数字に当たるのかを予想することができます。つまり、自分に当たる数字だけをうまく残していくことがコツになります。

ダウトのルールと遊び方のまとめ

  • 3人からでも遊べる
  • なかなか終わらない面白いゲーム
  • 単純だけど難しい

関連記事

アクセスランキング

記事はありません。