財布の寿命は3年?風水による根拠と金運との関係について!

財布の寿命は3年?風水による根拠と金運との関係について!

財布の寿命は3年といわれています。その根拠は風水による考え方で、お金が運ぶ金毒による影響です。財布が持つ金運パワーは金毒により徐々に低下していくといわれ、3年たつと財布の寿命が尽きると考えられています。財布とお金の関係をご紹介します。

コンテンツ [表示]

  1. 1財布の寿命は?
  2. 2財布の寿命が3年という説の根拠
  3. 2.1風水の考え方
  4. 2.2金毒について
  5. 2.3使いすぎるとどうなる?
  6. 3財布と金運の関係
  7. 3.1オススメの財布の選び方
  8. 3.2寿命がきた財布の処分法・捨て方
  9. 4財布の寿命は3年?まとめ

寿命がきた財布の処分法・捨て方

寿命がきた財布の処分法・捨て方
Photo byFree-Photos

寿命だと考えられる財布は感謝を持って取り扱うことが大事で、捨て方に気をつける必要があります。財布の捨て方に形式があるわけではありませんが、財布に感謝を表わす方法として表面を磨いたり汚れをきれいに拭き取ったりして処分するとよいでしょう。

また、そのまま捨てるのは運気がダウンするといわれています。これまでの金を断ち切る意味合いも含め、白い和紙など紙に包んで処分してください。金運を上げる捨て方に、「感謝しながら細かく切り刻む」という嘘のような方法があります。細かく切ることにためらいがでる方は、清めに塩を振りかけるとよいようです。

捨てる方角は貯蓄に効果的な「北東」や「北」、またはお金が入るとされる「北西」や「西」がよいとされます。また、金は水との相性が良いことから、雨の日や水場で処分するのが良いといわれています。

財布の寿命は3年?まとめ

財布の寿命は3年?まとめ
Photo bybhaskarjoshi500

華ちゃん

華ちゃん

なるほど!よくわかったわ。
財布は単なるお金の入れ物ではなく、良くも悪くも見えないエネルギーを引き寄せているね。これから3年間大事に使わせてもらうわね。その間にお金持ちの彼を見つけることができたら財布のご利益かしら?

新しい財布は年数がたつうちに金毒によって金運パワーが落ちてきます。財布には金運の変動があることを知っておきましょう。財布の買い替え時期は3年といわれています。しかし、使いすぎにより財布がくたびれたり金運が下がっているのを実感したりした場合は、3年以内でも新しい財布に買い換えることをおすすめします。

高い金運を保つためには財布を2つ準備し、家で保管用と外出用とにわけるのがよいでしょう。外出のたびに外出用にお金を入れて持ち歩き、帰ってきたら保管用に戻します。いずれにしても財布購入時に処分までの期限を3年間に定め、財布を丁寧に使用していくことが金運アップにつながります。

華ちゃん

華ちゃん

ここまで読んでいただきありがとうございました!

お気に入りの財布はずっと使いたいけれど、金毒がたまるのも可哀想だし金運が低下しちゃうのね…。でも、3年間しっかりメンテナンスして、感謝の気持ちをもって新たな財布を使えば、きっと前の財布も喜んでくれるわ!

2020年(令和2年)財布はいつ変える・使い始めると金運がUPするのか?のイメージ
2020年(令和2年)財布はいつ変える・使い始めると金運がUPするのか?
風水では、財布を購入する日や使い始める日によって、金運をアップさせる事ができるタイミングがあります。2020年(令和2年)の中で、財布を購入すると金運がアップする日や、財布を使い始めるのに適した日などを、その理由も併せてご紹介します。
金運を高める効果のある龍体文字をを紹介!「むく」を書いてお金を引き寄せよう!のイメージ
金運を高める効果のある龍体文字をを紹介!「むく」を書いてお金を引き寄せよう!
龍体文字に込められた奇跡のパワーは、金運アップや仕事運アップにも力を貸してくれます。特に「むく」という龍体文字は、一度低迷してしまった金運も軌道に乗せて、上昇させてくれます。自分に合った方法でぜひ龍体文字のパワーを受け取ってみましょう。
ライフスタイルと雑学のイメージ
ライフスタイルと雑学

関連記事

アクセスランキング