>> セレスティアのスピリチュアル情報をお届け! <<

鏡餅はいつからいつまで飾るの?飾り方や飾る時期について解説!

鏡餅はいつからいつまで飾るの?飾り方や飾る時期について解説!

鏡餅は、お正月飾りと同様に年神様をお迎えして一年を無病息災で幸せを願う新年の重要な行事です。鏡餅をいつからいつまで飾るのかは各家庭によって違いますが、この記事では、一般的な鏡餅の飾り方やいつからいつまで飾るかの時期などについて解説いたします。

正月に鏡餅を飾る理由は?

富士山からのご来光

正月に鏡餅を飾る理由は?

鏡餅は、家族の幸せや家内安全を願う行事として、長く日本に伝えられてきたお正月に行う儀式です。
日本では昔から一年間の恵みや幸福を与えてくれる「年神様(としがみさま・新年の神様)」の存在が信じられてきました。年神様は鏡餅をよりどころとし、鏡餅に「御魂(みたま)」が宿るとされているため、どこの家庭でも年の初めには鏡餅を飾って一年の幸福と家族の無病息災を願います。

昔は年末になるとそれぞれの家庭から餅つきの音が聞こえてきましたが、現代では店舗に並ぶ鏡餅を買って飾る人が主流となっています。鏡餅を準備する方法は昔と変わってきましたが、鏡餅を飾って一年間の平穏無事を願う気持は昔から変わらず、今に引き継がれています。

鏡餅の意味とは

ご神体の鏡

鏡餅の意味とは

鏡餅の丸い形は、昔の鏡である銅鏡に由来したものです。
鏡は日本神話の中でアマテラスオオミカミがニニギノミコトに授けたとされる三種の神器の一つであることから、鏡に神様の魂が宿ると考えられ、伊勢神宮初め多くの神社では神霊が宿るご神体として丸い鏡が祀られています。
そのことから餅を鏡に見立てて「鏡餅」と呼び、年神様の神霊が宿る場所として各家庭で鏡餅を飾り、年神様をお迎えするようになりました。

鏡餅の正しい飾り方とは?

伊勢海老

鏡餅の正しい飾り方とは?

鏡餅の正しい飾り方には地方独特の風習もありますが、一般的には「三方(さんぽう)」の上に四方が紅色で縁取られた和紙である「四方紅(しほうべに)」を敷き、その上に裏白(うらじろ)や譲り葉(ゆずりは)を置いて鏡餅を乗せます。鏡餅の上に御幣(ごへい)や橙(だいだい)を乗せて完成です。
地域によっては縁起を担いで、昆布やするめ、串柿、伊勢海老などを飾るところもあります。

ちなみに、鏡餅が丸い餅の2段重ねになっているのは「夫婦円満に年を重ねる」の意味があるとされ、「太陽と月」や「陰と陽」を表しているともいわれています。

鏡餅の飾りの意味

鏡餅

鏡餅の飾りの意味

鏡餅の飾りの意味を詳しくお知らせしましょう。

  • 三方:神事に使われる台です。
  • 裏白:裏面の白さから「後ろ暗さがない」意味で清廉潔白を表します。また葉が対になって成長することから夫婦円満や長寿を意味します。
  • 譲り葉:古い葉は新しい葉が出た後に散ることから、親から子へと家系が続いていく意味があります。
  • 昆布:「よろこぶ」の意味やこんぶを「子生(こぶ)」として子宝に恵まれる意味をもっています。
  • 橙:「代々」と書いて代々家系が続いていくことや、果実は熟しても落ちにくく何代も同じ木に果実がなることから長寿家族の繁栄を意味します。
  • 串柿:柿は「嘉来」に通じ、三種の神器「鏡(鏡餅)・玉・(橙)・剣(串柿)」を表します。
  • 御幣:繫栄と魔除けの意味があります。
  • 四方紅:一年間の繫栄を願います。
このように、鏡餅の飾りは単に新年を賑やかにお祝いするためだけの飾りではなく、それぞれに家族の幸せと希望が込められた縁起物です。

Original

エムケー精工 マイコン もちつき機 かがみもち 1升タイプ RM-10SN

正月の鏡餅はいつからいつまで飾る?

疑問に答えてほしい女性

正月の鏡餅はいつからいつまで飾る?

正月の鏡餅はいつからいつまで飾るのか、また地域によって飾る日や下げる日に違いがあるのかは、非常に興味深いところです。
この項目で詳しくご紹介しましょう。

いつから鏡餅を飾るの?

カレンダー

いつから鏡餅を飾るの?

「いつから鏡餅を飾るの?」の答えとしてベストなのは、12月28日です。

実際には、鏡餅を飾る時期が全国的に決められているわけではありません。しかし、縁起を担いで鏡餅を飾らない方が良いとされる日にちはあります。

29日は「二重に苦しむ」を連想させますので一般的に避けられますが、都合で29日に鏡餅を飾る人は「福(ふく)」につながるという考え方もありありますので、気持ちの良いお正月を迎えてください。
また「神様を迎える準備を一晩でバタバタと準備するのは神様に失礼である」という考えから、一般的に「鏡餅の一夜飾りは良くない」とされています。

つまり、鏡餅を飾るのに適している日にちは28日と30日ですが、現実には縁起が良いとされる末広がりの「八」を含む28日に鏡餅を飾る人が多いようです。
中には、縁起の良い28日に自宅で鏡餅をついて、冷えて固まる30日に飾る人もいます。また、氏神さまの創建日に当たる地域や宗派によっては31日に鏡餅を飾るところもあります。

いつまで鏡餅を飾るの?

鏡開き

いつまで鏡餅を飾るの?

鏡餅を下げる日は一般的に1月11日とされています。1月11日を「鏡開き」といい、鏡餅を下げ木づちで小さく割って善哉(ぜんざい)や雑煮に入れて家族全員でいただきましょう。

近年、地球温暖化で全体的に昔に比べ大変気候が上昇しているので、1月7日前後になると鏡餅にカビが生える家庭もあり、早く下ろして食べたいと考える人も多いでしょう。しかし、鏡餅に年神様が宿られている「松の内」の間は、鏡餅を下ろすことはできません。

「松の内」の考え方は地域によって違いがあり、関東から北海道までは1月1日~1月7日まで、関西から九州までは1月1日~1月15日までとされています。そのため昔は関東方面では1月11日に、関西方面では1月15日や1月20日に鏡開きをしていたのですが、現在は地域性が薄れ関西方面の地域でも1月11日に鏡開きをする人が増えています。

ちなみに、鏡餅を割るときは包丁など切腹を連想させる刃物は使いません。木づちや金槌を使います。

正月の鏡餅を飾る適切な場所は?

床の間

正月の鏡餅を飾る適切な場所は?

正月の鏡餅を飾る適切な場所は、「年神様に感謝する気持」があれば基本的には飾る場所や数は限定されません。お正月飾りのしめ縄や門松のある家へ年神様はこられますので、鏡餅は家の中で大切な場所にお供えします。
一般的に鏡餅をお供えする場所として

  • 玄関
  • 床の間
  • 神棚
  • お仏壇
  • 仕事場
  • 台所
  • 井戸や水道
  • 子供たちの勉強机
などがあります。鏡餅の大きさは、一般的に玄関や床の間には大きな鏡餅を、神棚やお仏壇には中位の鏡餅を、台所や子供の机などには小さめの鏡餅が飾られます。

鏡餅についてのまとめ

  • 鏡餅は、正月飾りと同じように家族の幸せを願って年神様をお迎えする儀式です。
  • 鏡餅の飾る日にちは、一般的に12月28日です。
  • 鏡餅を下げる日にちは、関東から北海道にかけては1月11日が多く、関西から九州にかけては1月15日か1月20日が多いです。

セレスティアの無料タロット占い

記事を評価する

記事を評価しよう

関連記事

アクセスランキング