癸酉(みずのととり)の性格と特徴について解説!2020年の癸酉の運勢

癸酉(みずのととり)の性格と特徴について解説!2020年の癸酉の運勢

癸酉(みずのととり)を日柱にもつ人の2020年の運勢を、四柱推命で男女別の性格、相性も加えて解説していきます。性質や人間関係にも絡む十二運にも触れて、さらに深く掘り下げていくことで、癸酉をもつ人がどんな人か?どう付き合えばいいのかが、きっとわかるはずです。

コンテンツ [表示]

  1. 1癸酉(みずのととり)の特徴とは?
  2. 1.1癸酉の女性の性格
  3. 1.2癸酉の男性の性格
  4. 2癸酉の四柱(年柱・月柱・日柱・時柱)
  5. 2.1癸酉を年柱にもつ人
  6. 2.2癸酉を月柱にもつ人
  7. 2.3癸酉を日柱にもつ人
  8. 2.4癸酉を時柱にもつ人
  9. 3癸酉と十二運星の組み合わせ
  10. 3.1胎× 癸酉
  11. 3.2養× 癸酉
  12. 3.3長生× 癸酉
  13. 3.4沐浴× 癸酉
  14. 3.5冠帯× 癸酉
  15. 3.6建禄× 癸酉
  16. 3.7帝旺× 癸酉
  17. 3.8衰× 癸酉
  18. 3.9病× 癸酉
  19. 3.10死× 癸酉
  20. 3.11墓× 癸酉
  21. 3.12絶× 癸酉
  22. 4癸酉の2020年の運勢は?
  23. 5癸酉の相性 
  24. 5.1癸酉の良い相性
  25. 5.2癸酉の悪い相性
  26. 6まとめ

癸酉(みずのととり)の特徴とは?

四柱推命おじさん

四柱推命おじさん

年柱、月柱、日柱、時柱で占う陰陽五行を元にした四柱推命。
今回は癸酉を日柱にもつ人です。
まず、一生涯影響をもち続けるといわれる、日柱に癸酉がある場合を見ていきましょう。
最初は、全体的に周囲の人たちがどういうイメージで見ているかを解説していきますね。

控えめで目立ちませんが、知性を感じさせます。
出足は鈍いですが、一歩一歩確実に進む晩成型です。
人を引き立て、使うのが上手いという特徴をもつでしょう。

癸酉を日柱にもつ人が仲間にいると、普段は目立ちませんが、環境が変わったときなどは頼りになるはずです。

観察眼があるのはもちろんのこと、勘が鋭く自分がどう動けばいいのかを察知できます。
自己主張は強くありませんが、どんな環境でも順応力をみせるでしょう。現実的な結果を求めるリアリストですが、スタミナがないタイプなので歩みはじっくりとしたものです。

線が細い外見で主張が弱いタイプですが、難しい状況や壁にぶつかったときに、開き直ったような度胸の良さをみせるでしょう。成果を上げるためであれば、手段を選ばないところもあります。人を使うのは上手いですが、必要がないと思えば切り捨てるクールな面ももつでしょう。見た目よりもしたたかさのある、世渡り上手です。
 

癸酉の女性の性格

癸酉を日柱にもつ女性は、外見的には弱い印象をもたれますが、度胸の良さがあり決断力に優れているでしょう。

見た目は線の細い印象の薄いタイプですが、頭の回転が速く知性によって存在感をみせます。普段は地味で目立ちませんが、交渉の際には相手の望むことを見抜く、駆け引きの上手さがあるでしょう。女性的な外見とは違い、内面はさばさばとしているため、男性よりも同性に人気があります。

行動力はありませんが、人を動かすことに長けていて、冷静な判断力を使って的確な指示を出していきます。面倒見も良く人望はありますが、自分に必要な人だけを集めるようなところがあるでしょう。ときと場所によって、評判が変わるのは、人によって態度に違いが出るからです。

癸酉の男性の性格

癸酉を日柱にもつ男性は、順応性が高く、どんな状況になっても器用に立ち回ることができるでしょう。

プライベートと仕事場では、まったく印象の変わる人です。味方にしたいと思った人に対しては、守りそして徹底して面倒をみるでしょう。逆に自分とは合わないというタイプには、まったく興味を示すことはありません。上辺では付き合っても、困ったときに手を差し伸べることはないでしょう。味方となれば頼もしく、敵には回したくない人です。

頭の回転は速くアイデアも豊富で、勘も強くチャンスを逃さないでしょう。ただ、体力的に弱さがあり、それを自覚するためチームプレーを好みます。飴と鞭の使い方が上手く、思った通りに人を動かしていくでしょう。自分が前面に出るリーダータイプではなく、参謀的な役割を自分の居場所として確保していきます。

癸酉の四柱(年柱・月柱・日柱・時柱)

では次に癸酉が、それぞれの柱に出ている場合を説明していきます。
年柱は、幼いころの性格
月柱は、成人後から社会人になってからの性格
日柱は、一生を通じて変わらない部分。
時柱は、晩年の過ごし方

全体にも影響を与えますが、とくに柱の意味が強調されます。

癸酉を年柱にもつ人

年柱に癸酉をもつ人の幼年期は、現実的な両親のもとで育つでしょう。自営業を営む家で生まれる可能性も高めで、夢を描くよりも形あるものに価値を見出すようになっていきます。
 

癸酉を月柱にもつ人

月柱に癸酉をもつ人の青年、壮年期は、目に見える形で成果がわかる世界でこそ、力を発揮していくでしょう。たとえ、失敗してもそれを経験として身につけ、将来に役立たせることができます。
 

癸酉を日柱にもつ人

日柱に癸酉をもつ人の生涯失わない特徴は、リーダーになりたがらない気質でしょう。あくまでも2番手で参謀を、自分の適性だと冷静に判断しているようです。自分が動くよりも、人を思うように配置、行動させることに喜びを感じるでしょう。
 

癸酉を時柱にもつ人

時柱に癸酉をもつ人の晩年は、孤立していく傾向があります。面倒見の良さよりも、内面のクールな感情が際立ちます。そのため、あまり人と行動をともにしない傾向が出るでしょう。
 

関連記事