>> セレスティアのスピリチュアル情報をお届け! <<

春といえばアレだよね!春の風物詩51選【イベント/行事/言葉/食べ物/フェア】

春といえばアレだよね!春の風物詩51選【イベント/行事/言葉/食べ物/フェア】

春といえばアレだよね!と呼べる風物詩は日本にも沢山あります。日本ならではの春の過ごし方は、歴史を感じますし、イベントや行事も素敵なものが多いです。今回は「春といえば」をテーマに、季節を感じる花や食べ物、行事、イベント、フェアなどご紹介しています。

春の風物詩は?春のネタを紹介!

満開の桜の下で

春の風物詩は?春のネタを紹介!

春といえば、そして春の風物詩といえば、何があるのでしょう?連想できるものは「食べ物」「言葉」「行事」などたくさんあります。
以下に、春の風物詩をジャンル別に51個ご紹介します。

「春といえば」で連想できる言葉

タンポポとモンシロチョウ

「春といえば」で連想できる言葉

「春といえば」で連想できる言葉は数多くありますが、花など16選をご紹介します。

春といえば「桜」

桜の花

春といえば「桜」

春といえば「桜」です。花見などの行事にあるように、4月に咲くことが多い桜は、春の風物詩の代表格です。桜の花言葉は「純潔」や「優れている美人」の意味もあり、正に春らしい言葉でもあります。

また日本では桜と言えば「ソメイヨシノ」の名前があがることが多いですが、元々は1本の木から始まったなどの説もあります。春の始まりは一本の木からと聞くと、何だかロマンティックですね。

春といえば「チューリップ」

チューリップ

春といえば「チューリップ」

春といえば「チューリップ」も有名です。春の風物詩として、桜のシーズンが終わるとチューリップのシーズンが始まることも多く、4月にチューリップが咲くと、まだ春は続いているという感じを受けますね。

チューリップの花言葉には「思いやり」がありますが、実は花の色によっても花言葉が違います。赤い花であれば「愛の告白」、黄色い花は「名声や望みの薄い恋」など他にも白や紫、ピンクなど花言葉もそれぞれ違いますが、全般的に恋愛がネタの花言葉が多いです。

春といえば「菜の花」

菜の花畑

春といえば「菜の花」

春といえば「菜の花」も有名ですね。菜の花の花言葉は「明るさ」「財産」「小さな幸せ」などがありますが、黄色に咲き誇る花は確かに明るさを感じます。

3月から5月頃に満開になる菜の花は、春の風物詩の一つとして外せません。

春といえば「五月病」

春といえば「五月病」も有名ですね。五月病が話題になり始めたのはつい最近のことですが、鬱などの精神症と似た部分もあります。社会人になりたての頃は不安が多く、五月病になりやすい状態といえます。ただし、五月病が長く続く人も稀だといわれています。

春といえば「五月晴れ」

晴れた日の花畑

春といえば「五月晴れ」

春といえば「五月晴れ」も有名ですね。昔は梅雨の間にわずかに見える晴れ間という意味で使われていましたが、現在では5月の期間中に「晴れた日」を指すようになりました。

春といえば「ツツジ」

躑躅の花

春といえば「ツツジ」

春といえば「ツツジ」も見頃の花です。日本でも昔からある花の一つで、主に園芸目的で品種改良がされています。桜とはまた違った趣があり、ツツジの花で春を感じる方も多いです。

春といえば「ツバメ」

ツバメ

春といえば「ツバメ」

春といえば「ツバメ」が飛び交う季節でもあります。ツバメは「天女(つばくらめ)」「玄鳥(げんちょう) 」などの別名があります。

有名な「のど赤き玄鳥ふたつ屋梁にゐて足乳根の母は死にたまふなり」という歌があります。昔から日本に馴染み深かったことが歌からも良くわかります。

春といえば「梅雨入り」

紫陽花の花

春といえば「梅雨入り」

春といえば「梅雨入り」もありますね。北海道には馴染みがない梅雨ですが、雨が続くと洗濯物など乾かなくなり困ることもあります。ただ、梅雨が始まると春から夏に向けての準備期間という感じがします。

梅雨が始まるという事は、温かくなるという事でもありますので、やはり春の風物詩と言えます。

春といえば「ハナミズキ」

ハナミズキ

春といえば「ハナミズキ」

春といえば「ハナミズキ」が咲く季節でもあります。ちょうど3月から4月にかけて咲く桜が終わった頃、花を咲かせるので春の訪れと同時に、夏の始まりも感じさせてくれます。薄紅色の花が綺麗なので、待ち遠しい方も多いです。

春といえば「牡丹」

牡丹の花

春といえば「牡丹」

春といえば「牡丹」も咲く季節ですね。牡丹には数多くの別名があります。「富貴草」や「百花王」「二十日草」などがあり、花言葉には「恥じらい」や「誠実」などがあります。真っ赤な牡丹は春を感じさせてくれる素敵な花です。

牡丹餅(ぼたもち)の名前の由来にもなっているように、春の花と言えばボタンも外せません。

春といえば「花粉症」

くしゃみをする女性

春といえば「花粉症」

春といえば「花粉症」の季節でもあります。昔はスギ花粉が問題視されましたが、最近は色々な花粉に悩む方も多いです。春の風物詩かもしれませんが、なるべくならかかりたくない病気ですね。

春といえば「春雷」

稲光

春といえば「春雷」

春といえば「春雷」もある季節です。特に春の雷は「虫出しの雷」と呼ばれることもあり、大きな音と共に稲光が光ります。

春といえば「木蓮」

木蓮の花

春といえば「木蓮」

春といえば「木蓮」の花も捨てがたいです。平安時代に作られた辞書にもその名が登場する、日本では古くから愛されてきた花でもあります。シーズンが近づくと、お店のフェアで安く手に入ることもあります。

3月下旬から4月下旬頃に見頃を迎えますが、咲いている日数がとても短い花とも言われます。

春といえば「桃の花」

桃の花とミツバチ

春といえば「桃の花」

春といえば「桃の花」もシーズンを迎えます。桃の節句と呼ばれているように、3月の初旬頃に花が咲くことも多いです。ただし、旧暦での3月3日が由来とされているので、今現在の見頃とは少し違います。

春といえば「夜桜」

ライトアップされた夜桜

春といえば「夜桜」

春といえば「夜桜」も見応えがあります。昼に咲く桜とはまた違った風情が人気の秘密です。近年はライトアップされた夜桜も多く見られるようになり、春の風物詩の一つにもなりました。

春といえば「立春」

木にとまる鳥

春といえば「立春」

春といえば「立春」が季節の訪れを知らせてくれます。中でも旧暦と現在の暦が混じった年は、特に縁起の良い日になるとされています。

51tjba06n7l

PLUS-S iPhone XR ケース 花 フラワー 写真 【09.桜と春の花】 ハード カバー クリア オリジナルデザイン

セレスティアの無料タロット占い

友だち追加

記事を評価する

評価 5.0 / 5(合計1人評価)

関連記事

アクセスランキング