結婚線の見方とは?長さの意味や特徴、結婚年齢を手相占いと共に紹介!

結婚線の見方とは?長さの意味や特徴、結婚年齢を手相占いと共に紹介!

結婚線の見方についてまとめました。結婚線の長さや濃さなどにより手相占いの結果は大きく変わります。本記事では結婚年齢の見方や結婚生活の傾向なども合わせて手相占いの結果を解説していきます。自分の結婚線はどんな意味を持っているのか見ていきましょう。

コンテンツ [表示]

  1. 1結婚線の基本的な見方とは?
  2. 1.1結婚線の位置は?
  3. 1.2結婚線は右手、左手どっちを見る?
  4. 2男女で変わる結婚年齢の見方は?
  5. 2.1男性の結婚線の場合
  6. 2.2女性の結婚線の場合
  7. 2.3結婚線が示す年齢を過ぎた場合
  8. 3結婚線でわかる手相占いを紹介!
  9. 3.1結婚線の数でわかる手相占い4選!
  10. 3.2結婚線の長さや太さでわかる手相占い4選!
  11. 3.3結婚線の濃さでわかる手相占い2選
  12. 3.4結婚線の特徴でわかる手相占い5選!
  13. 3.5結婚線の模様でわかる手相占い4選!
  14. 4結婚線の手相の見方についてまとめ

結婚線の基本的な見方とは?

結婚線は、形や種類などでどのような恋愛をするのかやいつ結婚するのかなど、恋愛運や結婚運を見ることができます。

本記事では当たるとされる結婚線の位置や見方、意味などご紹介します。

結婚線の位置は?

結婚線の手相の図

結婚線の見方として、まずは結婚線の位置がどこなのかを確認しましょう。結婚線は、感情線と小指の付け根の間の位置にあり、手のひらの側面から内側に伸びる線です。

感情線と小指の付け根の間の位置している線であれば、結婚線になるためこの位置に複数線がある人は、結婚線を複数持っています。

結婚線は右手、左手どっちを見る?

結婚線の見方としては右手をメインに、左手は参考程度にするのがおすすめです。

手相占いでは、右手は現在から未来の運勢を意味し、左手は生まれながらの結婚運を意味しています。運勢は時間の経過と共に変化していくため、これから結婚する人は左手ではなく右手を見ることでいつ結婚相手と出会うかが分かります。

男女で変わる結婚年齢の見方は?

男性女性で結婚年齢の見方は異なります。

男性の場合、女性の場合の結婚年齢の見方をまとめました。

男性の結婚線の場合

男性の結婚線の見方と年代の図

男性の結婚年齢を見る場合、結婚線の見方は、感情線と小指のつけ根の線の間を4分割し、4分割した下から1つ目を20歳、2つ目を35歳、3つ目を50歳として考えます。

女性の結婚線の場合

結婚線の手相の年代の見方の図

女性の結婚年齢を見る場合、結婚線の見方は、感情線と小指のつけ根の線の間を4分割し、4分割した下から1つ目を20歳、2つ目を30歳、3つ目を40歳として考えます。

結婚線が示す年齢を過ぎた場合

当たると言われている結婚線ですが、男性女性共に結婚線が示す結婚年齢を過ぎた場合でも、決して結婚ができないわけではありません。

しかし、結婚線が示す年齢を過ぎたということはチャンスを逃したことを意味しています。

結婚願望があるのであれば、結婚のチャンスに敏感になって異性との出会いを大切にするように心がけるようにしましょう。

次のページ

結婚線でわかる手相占いを紹介!

関連記事

angelnumber

アクセスランキング