仏眼とは?あると珍しい?仏眼相の位置でわかる手相占いを紹介!

仏眼とは?あると珍しい?仏眼相の位置でわかる手相占いを紹介!

仏眼と呼ばれる手相は、親指の第1関節にある目のような形のシワを意味します。はっきりと仏眼が現れている手は珍しく、仏眼のある人は霊感があったり、先祖の加護を受けやすいという意味があります。この記事では、仏眼相の見方や特徴などを詳しく解説します。

コンテンツ [表示]

  1. 1仏眼相と呼ばれる手相にはどんな意味がある?
  2. 1.1目の形の珍しい手相
  3. 1.2仏眼相を持つ人は霊感がある?
  4. 1.3仏眼を持つ人の割合は?
  5. 2仏眼相でわかる手相占いを紹介!
  6. 2.1手の左右でわかる仏眼相の手相占い3選!
  7. 2.2①右手に仏眼がある
  8. 2.3②左手に仏眼がある
  9. 2.4③両手に仏眼がある
  10. 3指の位置でわかる仏眼相の手相占い6選!
  11. 3.1①親指に仏眼がある
  12. 3.2②人差し指に仏眼がある
  13. 3.3③中指に仏眼がある
  14. 3.4④薬指に仏眼がある
  15. 3.5⑤小指に仏眼がある
  16. 3.6⑥全部の指に仏眼がある
  17. 4数でわかる仏眼相の手相占い3選!
  18. 4.1①ダブル仏眼がある
  19. 4.2②トリプル仏眼がある
  20. 4.3③仏眼がない
  21. 5特徴でわかる仏眼相の手相占い4選!
  22. 5.1①仏眼相が大きい
  23. 5.2②仏眼相が小さい
  24. 5.3③仏眼相が切れてる・繋がってない
  25. 5.4④仏眼相と神秘十字線の両方がある
  26. 6仏眼とは?まとめ

仏眼相と呼ばれる手相にはどんな意味がある?

仏眼相とは?

仏眼と呼ばれるこの手相は、ゆびの第1関節に見られる、目のような形をしたシワのことです。

仏眼は、心の眼で相手の心が読る、霊力がある、祖先から見守られているなどの意味があり、仏心紋とも呼ばれます。

絶対絶命のピンチに奇跡的に助かるなど、見えない力に守られているのが仏眼の持ち主の運勢です。

目の形の珍しい手相

仏眼は、目の形をした珍しい手相で、なかなか見ることができません。

手のひらの手相と違い、親指の第1関節にあるしわなので比較的わかりやすいです。

仏眼は、人の想いで変化しやすく、気がづくと現れていたり、消えていたりする特徴があります。

また、第二関節に仏眼相が見られることを第二仏眼紋といいます。

仏眼相を持つ人は霊感がある?

仏眼は、仏心紋と呼ばれるだけあり、心眼を開いている人や霊感がある人に多く見られるため、不思議なパワーを持つ手相と言われています。

また、仏眼が大きい、二重にシワがある、両手に仏眼がある、第二仏眼紋があるなどは、更に霊力が強力になってきます。

仏眼線が切れてる・繋がってないなら、逆に霊力は弱まります。

右手、左手の両方に、目の形をした仏眼相が見られるか是非調べて下さいね。

仏眼を持つ人の割合は?

仏眼がはっきりと現れている手相は珍しく、割合的に人口の20人中に1人、約5%ぐらいの人にみられる手相だと言われています。
 

 

次のページ

仏眼相でわかる手相占いを紹介!

関連記事

line-friend-pc

アクセスランキング