スター線(星紋)とは?宝くじなど金運が上がる?スター線の手相占い21選

スター線(星紋)とは?宝くじなど金運が上がる?スター線の手相占い21選

手相の中でもラッキーな線と言われるスター線は、星紋とも呼ばれています。スター線があると金運がよく、宝くじが当たる可能性や幸運が舞い込む可能性があります。星紋が手相のどこにあるかで舞い込む幸運の意味が変わってきます。金運が上がる場所や墓の意味について解説します。

コンテンツ [表示]

  1. 1スター線(星紋)の手相の意味とは?
  2. 1.1スター線の見方は?
  3. 1.2スター線のアスタリスクが3本線と4本線の違いは?
  4. 2スター線(星紋)で運勢がわかる手相占いを紹介!
  5. 2.1手の左右でわかるスター線(星紋)の手相占い3選!
  6. 2.2濃い・薄いでわかるスター線(星紋)の手相占い2選!
  7. 2.3位置でわかるスター線(星紋)の手相占い10選!
  8. 2.4他の手相の上にあるスター線の手相占い6選!
  9. 3スター線(星紋)とは?まとめ

スター線(星紋)の手相の意味とは?

スター線または星紋と呼ばれる手相は、手相占いのなかでも幸運を意味する代表的な手相です。スター線があると仕事運や金運が上がったりするため、仕事で成功をおさめたり、宝くじに当たったりする可能性があります。

今回は、スター線のあるべき位置や見方などについて画像を交えながら詳しく解説します。

スター線の見方は?

スター線の見方
  • 線が米印(アスタリスク)のように交わり星形になっている手相。
  • 位置によって意味が変わる。

スター線は、星マークではなく、線が米印(アスタリスク)のように交わり星形になっている手相です。見方としては手のひらに米印があるかを確認します。

一般的に、手相はある程度決まった場所にあるので見方が簡単なことが多いですが、スター線は手のひらのさまざまな位置にあり、スター線がある位置によって意味が異なります。

スター線のアスタリスクが3本線と4本線の違いは?

スター線は米印(アスタリスク)のような形ですが、線の数が3本線の場合と4本線の場合があります。

一般的には3本線をスター線としていることが多いのですが、手相の本によっては4本線の方がより効力が強いという見方のものもあります。ただ、基本的に3本線でも4本線でも同じ意味とされているので覚えておきましょう。

次のページ

スター線(星紋)で運勢がわかる手相占いを紹介!

関連記事

free-tarot
ryutai-moji
moon-callender

アクセスランキング