生命線とは?長生きの手相?位置で運勢がわかる手相占い20選を紹介!

生命線とは?長生きの手相?位置で運勢がわかる手相占い20選を紹介!

生命線は寿命を判断できるだけでなく、運勢を知ることができる重要な手相のひとつです。運勢は線の濃さや長さによって判断することが可能となります。パターン別に生命線が持つ意味についてご紹介します。自分の手相を確認してみると面白いでしょう。

コンテンツ [表示]

  1. 1生命線の手相の意味とは?
  2. 1.1長生きの手相?死ぬ時期・寿命がわかる?
  3. 1.2生命線の見方は?
  4. 2生命線から寿命を見る方法(流年法)とは?
  5. 2.1流年法の見方は?
  6. 3生命線の位置や場所で運勢がわかる手相占い20選!
  7. 3.1①生命線が濃い
  8. 3.2②生命線が薄い
  9. 3.3③生命線が長い
  10. 3.4④生命線が短い
  11. 3.5⑤生命線がない
  12. 3.6⑥生命線が途切れてる
  13. 3.7⑦生命線の途中に切り替わりがある
  14. 3.8⑧生命線が二股に枝分かれしている
  15. 3.9⑨生命線と頭脳線(知能線)の始まりが一緒
  16. 3.10⑩生命線と頭脳線(知能線)が離れてる
  17. 3.11⑪生命線が月丘に伸びている
  18. 3.12⑫生命線に3本以上の支線がある
  19. 3.13⑬生命線が大きくカーブを描いている
  20. 3.14⑭生命線が小さくカーブを描いている
  21. 3.15⑮生命線の上にほくろがある
  22. 3.16⑯生命線が鎖状になっている
  23. 3.17⑰生命線が途中まで鎖状になっている
  24. 3.18⑱生命線上に星がある
  25. 3.19⑲生命線が二重になっている
  26. 3.20⑳短い線がつながって生命線ができている
  27. 4生命線とは?まとめ

生命線の手相の意味とは?

手相占いで生命線は重要な役割を果たします。生命力の強さを判断することができ、健康の度合いや活力についても知ることが可能です。また、生命線は、線が切れてるか切れてないかによって手相の持つ意味が大きくことなるので覚えておきましょう。

長生きの手相?死ぬ時期・寿命がわかる?

手相占いでは生命線が長いと長生きするとよくいわれますが、長いからといって長寿なわけではありません。死ぬ時期などの寿命を判断するものではなく、線の濃さや長さから生き方に気を付けなければいけない年齢を判断できるものです。手相には色々な見方があるので、参考にすると面白いでしょう。

生命線の見方は?

生命線の見方
生命線は人差し指と親指の間にあり、手首に向かって伸びています。

生命線は人差し指と親指の間にあり、手首に向かって伸びています。一般的な見方としては右手が現在や未来を表し、左手が生まれ持った生命力を表すといわれて両手の手相は違います。利き手が左手の場合は逆です。また、手相占いでは、右手と左手の手相が大きく違うと運複雑な運勢になるとされています。

右手の生命線の意味は?

手相占いにおいて右手は現在や未来の健康状態を表します。これからの生き方を知りたい場合は右手の運命線を見ましょう。左利きの場合は右手ではなく左手が現在や未来を表すので、見方を間違えないように注意してください。また、右手の手相は努力次第で変えることができます。

左手の生命線の意味は?

手相占いにおいて左手は本来持っている生命力を表しています。左利きの場合は右手がもともと持つ生命力の強さを示します。両手を見比べてみて、右手と左手の運命線が大きく異なるほど本来の生命力とはギャップがあることを意味します。今までの人生を思い返しつつ、左手を見てから右手をみると色々なことがわかるはずです。

生命線から寿命を見る方法(流年法)とは?

年齢ごとの健康状態がわかる流年法では、生命線を見ることで20~70歳ごろの体の状態をチェックできます。健康に問題が生じる年齢を知ることができるため、流年法について正しく理解しておけば、対策を講じられるしょう。生命線が途切れているとケガをする可能性が高いなど、色々な見方があります。

流年法の見方は?

流年法の見方
一般的に、流年法は人差し指と中指から縦に線を下ろしたとき、生命線とぶつかる場所が20歳の健康状態を示します。

流年法の見方は手相占いをする人により違いがありますが、人差し指と中指から縦に線を下ろしたとき、生命線とぶつかる場所が20歳の健康状態を示すことが多いです。20歳の部分から指の横幅で間隔をとっていくごとに10歳ずつ年齢がプラスされて、手首の上辺りが70歳に相当します。

次のページ

生命線の位置や場所で運勢がわかる手相占い20選!

関連記事

アクセスランキング