手相を書くと金運が上がる?金運アップに効果がある手相の書き方を紹介

手相を書くと金運が上がる?金運アップに効果がある手相の書き方を紹介

自分の手に書くと金運が上がる手相をまとめました。書くだけで金運アップに効果がある手相の意味や書き方をいくつかピックアップしてご紹介します。本記事では、書き方の注意やおすすめのペンの色も解説しているので、自分の手を見比べながら書き加えてみましょう。

コンテンツ [表示]

  1. 1手相を書くと金運が上がる?
  2. 1.1書くときの注意点は?
  3. 1.2書くのにおすすめのペンの色は?
  4. 1.3どちらの手に書くのが良い?
  5. 2金運アップに効果がある手相の書き方9選!
  6. 2.1①財運線の書き方
  7. 2.2②金運線の書き方
  8. 2.3③金運線に沿えるサポート線の書き方
  9. 2.4④宝くじが当たる星紋
  10. 2.5⑤金運アップ最強の手相、三奇紋
  11. 2.6⑥お金持ちとの結婚、玉の輿線の書き方
  12. 2.7⑦強運の持ち主、ますかけ線の書き方
  13. 2.8⑧幸運を掴むラッキーM線の書き方
  14. 2.9⑨成り上がり線(千金紋)の書き方
  15. 3金運アップの手相を書いた人の体験談
  16. 4手相を書くと金運が上がる?まとめ

手相を書くと金運が上がる?

手相には、現在や未来の運気が現れると言われていますが、手相は日々変化しており、自分の思い通りに変えていくことができます。

もし、金運が良くない手相だった場合、宝くじが当たる手相や幸運の手相を書くことで金運を上げることが可能です。

本記事では、金運が上がる手相とその書き方についてご紹介します。

書くときの注意点は?

手相を書くときの注意点は欲張らないことであり、一度に書き込む手相の数は多くても3本までにしましょう。

あまり多く書いてしまうと手相が分かりにくくなってしまい、せっかく書いた手相の効果が発揮できません。

金運アップの手相を書く時には、ギャンブルや宝くじなど一点集中して手相を書くのが幸運を呼び込むポイントです。

書くのにおすすめのペンの色は?

金運が上がる手相を書くのにおすすめのペンは金色の水性ペンです。

金色は、金運を表す色であり、前向きで意欲的なパワーを持っている色です。

油性ペンに比べ、水性ペンは消えやすい特徴がありますが、何度も何度も書き足すことで潜在意識に金運アップの手相をすり込ませることができ、強い金運アップ効果に繋がります。

どちらの手に書くのが良い?

金運が上がる手相は右手左手どちらの手に書くのが効果的なのか気になる人も多いと思います。

手相占いでは右手が未来、左手が過去と言われているため、金運アップの手相は右手に書くのがおすすめですが、心配という人は両手に書いても問題ありません。

次のページ

金運アップに効果がある手相の書き方9選!

関連記事

line-friend-pc

アクセスランキング