おみくじは結ぶ?持ち帰る?おみくじを結ぶ意味や場所について解説

おみくじは結ぶ?持ち帰る?おみくじを結ぶ意味や場所について解説

神社やお寺に行くとつい運試しにと引いてしまうおみくじですが引いた後の処理に困ってしまうことはありませんか。おみくじを結ぶという行為は神様との縁を結ぶという意味などもありますが、結ぶ際に注意することもあります。今回はおみくじを結ぶべきかどうかについて解説します。

コンテンツ [表示]

  1. 1おみくじの大吉は結ぶべき?結ばないで持ち帰るべき?
  2. 1.1おみくじを結ぶ意味とは?
  3. 1.2大吉のおみくじは結ぶべき?
  4. 1.3伏見稲荷のおみくじ
  5. 1.4別の神社のおみくじを結ぶことはできる?
  6. 2おみくじの結び方とは?
  7. 2.1手順
  8. 3おみくじを結ぶ場所は?
  9. 3.1各神社で結ぶ場所が決められている
  10. 3.2木に結ぶことを禁止している神社もある
  11. 4おみくじを結ぶ場合はルールを守ろう!

おみくじの結び方とは?

おみくじを結ぶ際に、無理に結ぶと千切れる可能性もあります。

そこでここでは、おみくじを結ぶ際の正しい結び方についてご紹介します。

覚えてしまえば実に簡単なので、この機会にしっかりとおみくじの結び方について学んでいきましょう。

手順

おみくじの結び方の手順として、悪い運勢だった場合、利き手とは逆の手でおみくじを結ぶということです。

これは悪い運気を神様に浄化していただき、運気をアップするという願いが込められています。

また、利き手と逆の手でおみくじを結ぶ際、破れてしまうと縁起が悪くなるので、しっかりと手順を覚えておきましょう。

①おみくじを縦にしてしっかり細く折る

おみくじを縦にして4つ折りか、8つ折りにします。

この時、おみくじが曲がっていたりすると結ぶ時の作業が難しくなるので、綺麗に見える結び方になるように、なるべく丁寧に折るように心がけましょう。

②ひっかける面と結ぶ面を作る

次に、おみくじを結ぶ枝、もしくはおみくじを結ぶ場所の紐に、おみくじが引っかかる面と結ぶ面を作ります。

結ぶ面と引っかける面は3:1の割合にすると、おみくじを結ぶ時のバランスがとりやすくなるので、3:1を意識して折ってみましょう。

③ぐるっと囲むように回す

最後に折ったおみくじの長い部分を後ろからぐるっと囲むように回して、そのまま真ん中の穴に差し込みます。

これがおみくじの結び方の手順になります。

悪い運勢のおみくじの場合、利き手ではない手でやると結構難しいので、結び方をしっかりと理解して、利き手ではない手でも結ぶことができるように練習しておきましょう。

次のページ

おみくじを結ぶ場所は?

関連記事

アクセスランキング