手相を書くと金運が上がる?金運アップに効果がある手相の書き方を紹介

手相を書くと金運が上がる?金運アップに効果がある手相の書き方を紹介

自分の手に書くと金運が上がる手相をまとめました。書くだけで金運アップに効果がある手相の意味や書き方をいくつかピックアップしてご紹介します。本記事では、書き方の注意やおすすめのペンの色も解説しているので、自分の手を見比べながら書き加えてみましょう。

コンテンツ [表示]

  1. 1手相を書くと金運が上がる?
  2. 1.1書くときの注意点は?
  3. 1.2書くのにおすすめのペンの色は?
  4. 1.3どちらの手に書くのが良い?
  5. 2金運アップに効果がある手相の書き方9選!
  6. 2.1①財運線の書き方
  7. 2.2②金運線の書き方
  8. 2.3③金運線に沿えるサポート線の書き方
  9. 2.4④宝くじが当たる星紋
  10. 2.5⑤金運アップ最強の手相、三奇紋
  11. 2.6⑥お金持ちとの結婚、玉の輿線の書き方
  12. 2.7⑦強運の持ち主、ますかけ線の書き方
  13. 2.8⑧幸運を掴むラッキーM線の書き方
  14. 2.9⑨成り上がり線(千金紋)の書き方
  15. 3金運アップの手相を書いた人の体験談
  16. 4手相を書くと金運が上がる?まとめ

⑥お金持ちとの結婚、玉の輿線の書き方

玉の輿線は、結婚による金運アップが期待できる手相です。

経済的に余裕のある裕福な相手と結婚できる幸運な手相であり、すでにお金を持っている人との出会いが増えたり、結婚をきっかけに収入アップが望めたりするなどの効果があると言われています。

玉の輿線の書き方は、太陽線を結婚線が横切るように濃く書いていきます。
 

⑦強運の持ち主、ますかけ線の書き方

ますかけ線の書き方は、知能線と感情線を一直線結び、手のひらまっすぐに突っ切るように書きます。

ますかけ線は、天下取りの手相といわれており、金運のみならずさまざまな運において最強と言われる手相の1つです。

一度掴んだ運は逃がさないとされるため、ますかけ線を書くことで、強力な金運アップの効果が期待できます。

⑧幸運を掴むラッキーM線の書き方

ラッキーM線の書き方は、知能線、感情線、生命線、運命線の4本を結びM字になるように繋いでいきます。

ラッキーM線はお金に繋がる幸運を呼ぶ手相であり、中年期以降の幸運がやってくることを意味しています。

金運アップの効果はもちろんのこと、裕福な生活や恵まれた人間関係を築くことができます。

⑨成り上がり線(千金紋)の書き方

成り上がり線の書き方は、生命線の始まりから中指の付け根に向かって緩やかなカーブを描きながら書いていきます。

成り上がり線は、一発逆転のチャンスが巡ってくるとされる幸運の手相であり、成功者に多く大器晩成の手相とも言われています。

金運アップの手相を書いた人の体験談

金運アップの手相を書いた人の体験談をいくつかまとめてご紹介します。

40代男性の口コミ

40代男性の口コミ

ペンを買ってこまめに金運線を書き足していたら、パチンコが絶好調です。ギャンブル運アップのおかげで臨時収入が多くてとても助かっています。

40代女性の口コミ

40代女性の口コミ

書くだけで変わるなんて半信半疑だったのですが、金運アップの手相を書き込んだら、少額だけど宝くじが当たってびっくりしました!

30代男性の口コミ

30代男性の口コミ

試しに金運アップするという手相を書いてみたら、まさかの懸賞に当たりました!

40代女性の口コミ

40代女性の口コミ

覇王線を書いてみたら、手相を書いたおかげなのか銀行からの融資が下りてとても嬉しい!

手相を書くと金運が上がる?まとめ

手相を書くことで、金運をアップさせることは可能です。

金運アップの手相を書くことで宝くじが当たったりギャンブルに勝ったりなど、臨時収入が望める場合もあり、また、玉の輿や成金など継続してお金を手に入れることができる場合もあります。

半信半疑でも金運アップの手相を書くことで幸運な人生に変わるかもしれません。

手相を書くと金運が上がる?まとめ

  • 手相は繰り返し書くことで書き換えられる
  • 複数の手相を変えようとすると効果が薄れる
  • 金色の水性ペンで書くのがおすすめ
手相のイメージ
手相
手相占いは手の平に現れる線や模様、手のひらのハリなどから、性格や仕事運、恋愛運、健康状態など鑑定します。また、手相を見ることで、結婚の時期や体調を崩す時期なども知ることが可能です。手相をうまく利用し、生活に生かしましょう。 このページでは、様々な手相についてまとめてご紹介しています。

関連記事

アクセスランキング