月星座が牡牛座の性格や特徴とは?おうし座と相性の良い月星座についても解説!

月星座が牡牛座の性格や特徴とは?おうし座と相性の良い月星座についても解説!

月星座が牡牛座の性格や特徴をご紹介します。同じ牡牛座でも男性と女性ではまた違った一面があります。また月星座が牡牛座の人の適職や気になる恋愛傾向なども解説しています。そして月星座が牡牛座牡牛座の人におすすめのアイテムもありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

コンテンツ [表示]

  1. 1そもそも月星座とは?
  2. 1.1月星座を診断してみましょう!
  3. 2月星座牡牛座の性格・特徴について
  4. 2.1月星座牡牛座の男性の性格
  5. 2.2月星座牡牛座の女性の性格
  6. 3月星座が牡牛座の有名人や芸能人を紹介
  7. 4月星座が牡牛座の人の適職は?
  8. 5月星座が牡牛座の人の恋愛傾向
  9. 6月星座牡牛座のラッキーアイテム
  10. 6.1ラッキーカラー
  11. 6.2パワーストーン
  12. 6.3開運アクション
  13. 7月星座牡牛座の相性について一挙紹介
  14. 7.1牡牛座同士の相性
  15. 7.2牡羊座との相性
  16. 7.3獅子座との相性
  17. 7.4蟹座との相性
  18. 7.5双子座との相性
  19. 7.6蠍座との相性
  20. 7.7天秤座との相性
  21. 7.8乙女座との相性
  22. 7.9山羊座との相性
  23. 7.10射手座の相性
  24. 7.11水瓶座との相性
  25. 7.12 魚座との相性
  26. 8マイ月星座の新月・満月を大切にしよう!
  27. 8.12019年における牡牛座の新月・満月

そもそも月星座とは?

ピンクの月

そもそも月星座とは?

月星座はあなたが生まれた瞬間に月がどの星座の位置で活動していたかを表すものであり、あなたが「生まれながらにして持っているもの/本来の自分」を司っています。

西洋占星術のホロスコープという円の中には12星座で分かれたお部屋のようなものがあります。テレビや雑誌などの占いでよく使われている一般的な星座占いは太陽星座を用いたものであり、太陽星座はあなたの表面的な性格や特徴を司っています。

月星座を診断してみましょう!

満月

月星座を診断してみましょう!

月星座を調べるためには生年月日と生まれた時間を知っている必要があります。生年月日が同じ人でも生まれた時間が違うことで月星座も変わっていきます。そうすると持って生まれた使命も当然変わっていきますね。また正しい生年月日と生まれた時間を知って月星座診断をした場合でも、自分のことを言われているように感じないことがあります。その場合は、前後の月星座があなたに最も影響を及ぼしている月星座となることもあります。ぜひ月星座診断をしてみましょう。

女神さま

女神さま

月星座診断は以下のフォームからどうぞ! 
生まれた時間がわからないときは、0時00分で大丈夫ですよ!

月星座とは

  • 太陽星座はその人の表面的な性格や特徴を司る
  • 月星座はその人の内面や、本来の性質を司る
  • 月星座は生まれたときに月の天体がホロスコープのどのルームに位置していたかによってきまる。

月星座牡牛座の性格・特徴について

牛肉

月星座を診断してみましょう!

月星座おうし座の性格・特徴といえば、安定を求め、現実的であることです。また目に見えるものや自分で実際に経験したことを信じて歩む傾向があり、遠い未来のことについて考えるよりも、現実を安定的に生き抜くことをポイントとしています。しかし夢や希望がないということではなく、「できるときにできることを確実に」することで未来をセッティングしていけるという考えのもと行われているのです。また五感で幸せや豊かさを感じることができるため、心地の良い音楽を聴いたり、美しいものを観たり、美味しいものを食べたりすることでに心が満足していきます。

月星座牡牛座の男性の性格

スーツの男性

月星座牡牛座の男性の性格

月星座おうし座の男性の性格は、現実にある様々なことに努力して成し遂げられる特徴があります。仕事や学業の面でもコツコツと取り組むことができるため、良い成績を残して周囲からの良い評価を得ていきます。心穏やかで争いごとが苦手なため、言われる前に完成させてしまおうといった考えもあります。

月星座牡牛座の女性の性格

麦わら帽子の女性

月星座牡牛座の女性の性格

月星座おうし座の女性の性格は、自分が輝けるものにコツコツと取り組む特徴があります。基本的に月星座おうし座の女性は家庭的なタイプや美意識が高いひと、独自のセンスを磨けるひとが多いため、その場で最大の努力をして仕事や恋愛などの力を発揮することができます。そして五感を乱されることが苦手なため、お腹が空いたり、嫌ものを見せられたり、聞かされたりするような場面では苛立ちをあらわにします。

友だち追加

関連記事

アクセスランキング