干支で分かる悪い相性の組み合わせとは?干支別の性格・特徴もご紹介!

干支で分かる悪い相性の組み合わせとは?干支別の性格・特徴もご紹介!

干支によって相性があることを知っていますか?良い相性を見る支合(しごう)・三合(さんごう)、悪い相性を見る支冲(しちゅう・三刑(さんけい)・自刑(じけい)・支破(しは)・六害(ろくがい)について、干支別の性格と特徴をご紹介します。

コンテンツ [表示]

  1. 1干支によって相性がある?
  2. 2相性の良い干支の組み合わせとは
  3. 3相性の悪い干支の組み合わせとは
  4. 4干支別の性格・特徴と相性の組み合わせ
  5. 4.1干支が子(ねずみ)年の人の性格・特徴
  6. 4.2干支が丑(うし)年の人の性格・特徴
  7. 4.3干支が寅(とら)年の人の性格・特徴
  8. 4.4干支が卯(うさぎ)年の人の性格・特徴
  9. 4.5干支が辰(たつ)年の人の性格・特徴
  10. 4.6干支が巳(み/へび)年の人の性格・特徴
  11. 4.7干支が午(うま)年の人の性格・特徴
  12. 4.8干支が未(ひつじ)年の人の性格・特徴
  13. 4.9干支が申(さる)年の人の性格・特徴
  14. 4.10干支が酉(とり)年の人の性格・特徴
  15. 4.11干支が戌(いぬ)年の人の性格・特徴
  16. 4.12干支が亥(いのしし)年の人の性格・特徴

干支別の性格・特徴と相性の組み合わせ

干支別の性格・特徴と相性の組み合わせ

干支別の性格・特徴と相性の組み合わせをご紹介します。
干支にはそれぞれの性格や特徴があり、得意な分野と不得意な分野を持っています。また、結びつきやすい傾向にある相性も解説します。

干支が子(ねずみ)年の人の性格・特徴

干支が子(ねずみ)年の人の性格・特徴

干支が子年の人の性格・特徴は、用心深くコツコツと積み重ねていく傾向があります。無邪気なところがあり、仮にすれ違いが起きたとしても、恨んでくるようなことはありません。
恋愛は、不器用ですが、すぐに結婚に結び付けるところがあります。結婚は、仮に不仲になっても積み上げが大切なので別れません。

子年(ねずみどし)生まれの人の特徴や性格・恋愛傾向について解説します!のイメージ
子年(ねずみどし)生まれの人の特徴や性格・恋愛傾向について解説します!
十二支の最初に登場する子年(ネズミ年)生まれの性格や特徴について説明します。基本的な性格や仕事に対する姿勢、ネズミ年の恋愛傾向なども詳しく解説しています。周りに居る子年生まれの方とのコミュニケーションを取る参考にして下さい。

相性の良い干支・悪い干支

子年と相性の良い干支は、丑・辰・申です。

  • 辰と申は、強い縁で結ばれた三合の関係。
  • 丑は、お互いの五行性質が強くなる支合の関係。

子年と相性の悪い干支は、卯・午・未です。
  • 卯は、主に親子関係や身内間でトラブルになる三刑の関係。
  • 午は、エネルギーの性質が反対であるため合わない七冲の関係。
  • 未は、肉親や兄弟間のトラブル、すれ違いがある六害の関係。

干支が丑(うし)年の人の性格・特徴

干支が丑(うし)年の人の性格・特徴

干支が丑年の人の性格・特徴は、慎重に物事を判断する傾向があります。粘り強さとしっかりとした自分軸を持っているため、自らが決めたことにはぶれずに貫くことができます。
恋愛は、受け身のタイプです。結婚は、夫婦関係を良くしようと心掛けます。

相性の良い干支・悪い干支

丑年と相性の良い干支は、子・辰・酉です。

  • 子は、お互いの五行性質が強くなる支合の関係。
  • 辰と酉は、強い縁で結ばれた三合の関係。
丑年と相性の悪い干支は、辰・午・未・戌です。
  • 辰は、お互いを困らせ合い、苦労させる支破の関係。
  • 午は、肉親や兄弟間のトラブル、すれ違いがある六害の関係。
  • 未は、エネルギーの性質が反対のため合わない七冲の関係。
  • 戌は、恩を仇で返す三刑の関係。
丑と辰は酉を含めて関係を持つと良好ですが、単独で交際すると支破の関係です。

干支が寅(とら)年の人の性格・特徴

干支が寅(とら)年の人の性格・特徴

干支が寅年の人の性格・特徴は、優れた瞬発力と集中力に富む傾向があります。まるで狩りをするようなスタイルで、欲しい物を集中して選び、選択したものを鋭い瞬発力で必ず手に入れます。
恋愛になると、男性は相手を一途に思い、女性は頑固です。結婚は十二支の中で晩婚No.1です。

相性の良い干支・悪い干支

寅年と相性の良い干支は、午・戌・亥です。

  • 午と戌は、強い縁で結ばれた三合の関係。
  • 亥は、お互いの五行性質が強くなる支合の関係。
寅年と相性の悪い干支は、巳・申・亥です。
  • 巳は、勢いがありすぎて共倒れする三刑の関係&肉親や兄弟間のトラブルやすれ違いがある六害の関係。
  • 申は、エネルギーの性質が反対のため合わない七冲の関係。
  • 亥は、お互いを困らせ合い、苦労させる支破の関係。
亥と寅は似た性格をしているため、相性が良い時は協力関係へ、悪い時は争うような関係になります。

干支が卯(うさぎ)年の人の性格・特徴

干支が卯(うさぎ)年の人の性格・特徴

干支が卯年の人の性格・特徴は、好奇心旺盛な傾向があります。ポジティブな精神で人懐っこく、周囲の人に可愛がられることが多いですが、お節介なところがあります。
恋愛は、十二支の中でNo.1の尽くすタイプです。夫婦関係は、守ってくれる人となら、上手くいきます。

相性の良い干支・悪い干支

卯年と相性の良い干支は、未・戌・亥です。

  • 未と亥は、強い縁で結ばれた三合の関係。
  • 戌は、お互いの五行性質が強くなる支合の関係。
卯年と相性の悪い干支は、子・辰・午・酉です。
  • 子は、主に親子関係や身内間トラブルになる三刑の関係。
  • 辰は、肉親や兄弟間のトラブル、すれ違いがある六害の関係。
  • 午は、お互いを困らせ合い、苦労させる支破の関係。
  • 酉は、エネルギーの性質が反対のため合わない七冲の関係。

干支が辰(たつ)年の人の性格・特徴

干支が辰(たつ)年の人の性格・特徴

干支が辰年の人の性格・特徴は、上昇志向が強い傾向があります。今の立場には満足できず、常に努力し、その道の一番を目指します。
恋愛は、ミステリアスな魅力でモテます。夫婦関係は、ロマンティックな性格のため、恋人同士のような状態が続きます。

相性の良い干支・悪い干支

辰年と相性の良い干支は、子・申・酉です。

  • 子と申は、強い縁で結ばれた三合の関係。
  • 酉は、お互いの五行性質が強くなる支合の関係。
辰年と相性の悪い干支は、丑・卯・辰・戌です。
  • 丑は、お互いを困らせ合い、苦労させる支破の関係。
  • 卯は、肉親や兄弟間のトラブル、すれ違いがある六害の関係。
  • 辰は、闘争発展、自己不注意に気を付けるべき自刑の関係。
  • 戌は、エネルギーの性質が反対のため合わない七冲の関係。

干支が巳(み/へび)年の人の性格・特徴

干支が巳(み/へび)年の人の性格・特徴

干支が巳年の人の性格・特徴は、強い探求心を持つ傾向があります。興味を持ったことを突き詰めていくため、その道のプロになる可能性を持ちます。
十二支の中でNo.1の恋愛下手で、嫉妬と強情さが原因で失敗することも多いです。恋愛下手を克服できなければ結婚には不向きなままです。

相性の良い干支・悪い干支

巳年と相性の良い干支は、丑・申・酉です。

  • 丑と酉は、強い縁で結ばれた三合の関係。
  • 申は、お互いの五行性質が強くなる支合の関係。
巳年と相性の良い干支は、寅・申・亥です。
  • 寅は、肉親や兄弟間のトラブルやすれ違いがある六害の関係と、勢いがありすぎて共倒れする三刑の関係。
  • 申は、お互いを困らせ合い、苦労させる支破の関係。
  • 亥は、エネルギーの性質が反対のため合わない七冲の関係。
巳と申はお互いの五行性質が強くなる支合の関係であるため、それに伴って良い時には補い合う関係ですが、悪い時にはお互いを困らせ合い、苦労させる支破の関係にもなります。

干支が午(うま)年の人の性格・特徴

干支が午(うま)年の人の性格・特徴

干支が午年の人の性格・特徴は、フレンドリーという傾向があります。人間関係にはポジティブな感覚を持つため、意識せずに縁を広げ、友達が増えています。
恋愛では十二支の中でNo.1の、直球ど真ん中な愛情表現をします。好奇心旺盛で自由人のため、結婚には不向きです。

相性の良い干支・悪い干支

午年と相性の良い干支は、寅・未・戌です。

  • 寅と戌は、強い縁で結ばれた三合の関係。
  • 未は、お互いの五行性質が強くなる支合の関係。
午年と相性の悪い干支は、子・丑・卯・午です。
  • 子は、エネルギーの性質が反対のため合わない七冲の関係。
  • 丑は、肉親や兄弟間のトラブル、すれ違いがある六害の関係。
  • 卯は、お互いを困らせ合い、苦労させる支破の関係。
  • 午は、闘争発展、自己不注意に気を付けるべき自刑の関係。

干支が未(ひつじ)年の人の性格・特徴

干支が未(ひつじ)年の人の性格・特徴

干支が未年の人の性格・特徴は、愛情深い傾向があります。困っている人を優しく包み込んで支え、さらに聞き上手でもあります。
恋愛は、依存症タイプで相手に執着しがちです。夫婦関係は、安心させてくれる人との相性が良いです。

相性の良い干支・悪い干支

未年と相性の良い干支は、卯・午・亥です。

  • 卯と亥は、強い縁で結ばれた三合の関係。
  • 午は、お互いの五行性質が強くなる支合の関係。
未年と相性の悪い干支は、子・丑・戌です。
  • 子は、肉親や兄弟間のトラブル、すれ違いがある六害の関係。
  • 丑は、エネルギーの性質が反対のため合わない七冲の関係。
  • 戌は、恩を仇で返す三刑の関係。

干支が申(さる)年の人の性格・特徴

干支が申(さる)年の人の性格・特徴

干支が申年の人の性格・特徴は、冷静な判断ができる傾向があります。ビジネス力、自己コンサルティング力に優れているため、若いうちに起業し、成功することがあります。
恋愛は、自分に合った相手選びに苦労します。夫婦関係は、細やか性格を活かして、物事を運ぶときは申年に任せると良いです。

相性の良い干支・悪い干支

申年と相性の良い干支は、子・辰・巳です。

  • 子と辰は、強い縁で結ばれた三合の関係。
  • 巳は、お互いの五行性質が強くなる支合の関係。
申年と相性の悪い干支は、寅・辰・亥です。
  • 寅は、エネルギーの性質が反対のため合わない七冲の関係。
  • 辰は、お互いを困らせ合い苦労させる支破の関係と、勢いがありすぎて共倒れする三刑の関係。
  • 亥は、肉親や兄弟間のトラブルやすれ違いがある六害の関係。
申と辰は子を含めて関係を持つと良好ですが、単独で交際すると支破&三刑の関係です。

干支が酉(とり)年の人の性格・特徴

干支が酉(とり)年の人の性格・特徴

干支が酉年の人の性格・特徴は、勘が鋭い傾向があります。ただし先が見えすぎて着地点が不明になることもあります。
恋愛は、プライドや勘が邪魔をしてなかなか前進できません。夫婦関係は、不満を口にしないため、溜め込み過ぎて爆発するタイプです。

相性の良い干支・悪い干支

酉年と相性の良い干支は、丑・辰・巳です。

  • 丑と巳は、強い縁で結ばれた三合の関係。
  • 辰は、お互いの五行性質が強くなる支合の関係。
酉年と相性の悪い干支は、子・卯・酉・戌です。
  • 子は、お互いを困らせ合い、苦労させる支破の関係。
  • 卯は、エネルギーの性質が反対のため合わない七冲の関係。
  • 酉は、闘争発展、自己不注意に気を付けるべき自刑の関係。
  • 戌は、肉親や兄弟間のトラブル、すれ違いがある六害の関係。

干支が戌(いぬ)年の人の性格・特徴

干支が戌(いぬ)年の人の性格・特徴

干支が戌年の人の性格・特徴は、責任感が強い傾向があります。義理人情に厚く仲間を大切にしますが、モラルには厳しいです。
恋愛は、隙がないため晩婚気味です。夫婦関係は、愛情深く一途です。

相性の良い干支・悪い干支

戌年と相性の良い干支は、寅・卯・午です。

  • 寅と午は、強い縁で結ばれた三合の関係。
  • 卯は、お互いの五行性質が強くなる支合の関係。
戌年と相性の悪い干支は、丑・辰・未・酉です。
  • 丑は、恩を仇で返す三刑の関係。
  • 辰は、エネルギーの性質が反対のため合わない七冲の関係。
  • 未は、恩を仇で返す三刑の関係。
  • 酉は、肉親や兄弟間のトラブルやすれ違いがある六害の関係。

干支が亥(いのしし)年の人の性格・特徴

干支が亥(いのしし)年の人の性格・特徴

干支が亥年の人の性格・特徴は、行動が俊敏な傾向があります。やると決めたら一心不乱に走りぬきます。
恋愛は、駆け引きはしないため直球勝負です。夫婦関係は、その真っ直ぐな気持ちを受け入れられる人との相性が良いです。

相性の良い干支・悪い干支

亥年と相性の良い干支は、寅・卯・未です。

  • 卯と未は、強い縁で結ばれた三合の関係。
  • 寅は、お互いの五行性質が強くなる支合の関係。
亥年と相性の悪い干支は、寅・巳・申・亥です。
  • 寅は、お互いを困らせ合い、苦労させる支破の関係。
  • 巳は、エネルギーの性質が反対のため合わない七冲の関係。
  • 申は、肉親や兄弟間のトラブルやすれ違いがある六害の関係。
  • 亥は、闘争発展、自己不注意に気を付けるべき自刑の関係。
亥と寅は似た性格をしているため、相性が良い時は協力関係へ、悪い時は争うような関係になります。

裏干支とは?向かい干支とも呼ばれる自分の干支と相性が良い干支を紹介!のイメージ
裏干支とは?向かい干支とも呼ばれる自分の干支と相性が良い干支を紹介!
十二支のうち裏干支について詳しくご紹介します。自分の干支から見て、裏干支に当たるのはどの干支なのでしょうか。その数え方を知っておきましょう。また自分の裏干支を知ることで、開運や厄除けの効果があります。ぜひ裏干支を知って幸運をつかみましょう。
相性が良い血液型の組み合わせは?恋愛や結婚の相性がいい血液型ランキングのイメージ
相性が良い血液型の組み合わせは?恋愛や結婚の相性がいい血液型ランキング
好きな人ができたら調べたくなるのが血液型占いですよね!自分の血液型と相手の血液型の相性はどうなのか…たった4タイプしかないのにあたってることが多くてびっくりした方も多いと思います。今回はそんな血液型別の相性について詳しく調べてみました!

干支の相性と干支別の性格・特徴のまとめ

  • 十二支から得意なことや不得意なことを見ることができる。
  • 十二支別の相性が、支合・三合・七冲・三刑・自刑・支破・六害から判断できる。
  • 干支によっては、良い相性にも悪い相性にも同じ干支が入る。

関連記事

アクセスランキング