裏干支とは?向かい干支とも呼ばれる自分の干支と相性が良い干支を紹介!

裏干支とは?向かい干支とも呼ばれる自分の干支と相性が良い干支を紹介!

十二支のうち裏干支について詳しくご紹介します。自分の干支から見て、裏干支に当たるのはどの干支なのでしょうか。その数え方を知っておきましょう。また自分の裏干支を知ることで、開運や厄除けの効果があります。ぜひ裏干支を知って幸運をつかみましょう。

コンテンツ [表示]

  1. 1裏干支とは?
  2. 1.1裏干支を知る方法
  3. 2十二支の裏干支
  4. 3裏干支は相性がいい?
  5. 3.1裏干支は抜群に相性が良い
  6. 3.2裏干支カップルの相性
  7. 4裏干支グッズは縁起が良い?
  8. 4.1神社で裏干支のお守りを手に入れる
  9. 4.2裏干支のぬいぐるみを集める
  10. 4.3裏干支を待ち受けにする
  11. 4.4裏干支の柄の服を身につける
  12. 5裏干支についてまとめ

裏干支とは?

裏干支とは、別名「向かい干支」や、「逆さ干支」「守り干支」とも呼ばれ、自分の干支に無いものを補ってくれる役割があります。

また、足りない部分を補ってくれる裏干支の人とは相性がよく、一緒にいると仕事や人間関係などの運勢が上向きになるとされています。

裏干支を知る方法

裏干支の図
向かいに位置するのが裏干支です。

裏干支を知る方法としては、十二支を円形にするのがおすすめです。

十二支を円形にした図によると、たとえば「子」の向かいは「午」であることが分かります。

つまり「子」の裏干支は「午」になり、同じように、「卯」の裏干支は「酉」になります。

十二支の裏干支

十二支の裏干支は、円形の図が無くても、数を数えることで分かります。

やりかたは、自分の干支から6つ目の干支が裏干支にあたるという方法です。自分の干支を入れて数えるなら7つ目が裏干支になります。

つまり、歳の差で言うと、6歳差が裏干支になるというわけです。十二支それぞれの裏干支を下の図にまとめましたので、参考にしてください。

裏干支の組み合わせ

  • 子⇔午
  • 丑⇔未
  • 寅⇔申
  • 卯⇔酉
  • 辰⇔戌
  • 巳⇔亥

裏干支は相性がいい?

自分の裏干支がどれになるのかが分かりました。裏干支とは幸運や出世を招き、相性が良い干支とされています。次は、自分にとって相性が良い裏干支について詳しく見ていきましょう。

裏干支は抜群に相性が良い

裏干支同士は抜群に相性が良いです。裏干支同士は良い縁で結ばれ、古くから一緒にいることで幸運に恵まれるとされています。

裏干支同士が結ばれることで、幸せで安定した暮らしができると考えられます。

裏干支の相性が良い理由:正反対だから

裏干支は、自分に無いものを持っている点が相性が良い理由のひとつになっています。

裏干支は基本的に自分とは正反対の性質を持ちます。たとえば自分が、地道な努力をする性質であれば、裏干支は大胆で行動力があるなどです。そのため、まるでパズルのピースが合うように裏干支とは、足りない部分を補い合うことができるのです。

裏干支の相性が良い理由:運命の人だから

裏干支同士は正反対の磁石が惹かれ合うように、相性が良いです。

正反対の性質なので、最初は反発し合いますが、なぜか心の底からは憎めなず、不思議と縁が切れない状態が続きます。これは裏干支同士が運命で繋がっているためです。

つまり裏干支同士の相性が良い理由として、運命の人として繋がっているから、というものが考えられます。

裏干支の相性が良い理由:開運や厄除けになるから

裏干支の相性が良い理由は、お互いを助け合い、守り合うことで開運や厄除けの効果が期待できるからです。

裏干支は自分が見逃してしまう部分を守ってくれ、背中を見張っていてくれるような存在です。そのため、お互いの足りない部分を補い合い、良い運勢を呼び込むことができる関係を築けるでしょう。

裏干支カップルの相性

裏干支同士は相性が良いのが分かりました。それぞれの裏干支同士の相性について解説します。

「子」と「午」

裏干支の「子」と「午」は大きな成長が見込めるので相性が良いです。

地道な努力をする「子」と要領よく器用にこなす「午」は、役割を分担することで、結婚すれば経済的に安定し、社会的な成功が期待できます。

「丑」と「未」

裏干支の「丑」と「未」も相性が良いです。

石橋を叩いて渡る慎重さがある「丑」と、わりと積極的な「未」は、最初相手のことが理解できないと感じるかもしれません。

しかしお互いの良さを吸収することで、相手の魅力に気づき、無くてはならない存在になるはずです。

「寅」と「申」

裏干支の「寅」と「申」の相性は、リーダー格の「寅」とそれを上手にサポートする「申」という役柄に別れることでうまくいきます。そのため、役割分担ができれば相性が良い二人組になります。

力関係を維持することで、二人の仲は切っては切れないものになるでしょう。

「卯」と「酉」

裏干支の「卯」と「酉」は、マイペースで穏やかな「卯」とスピード感ある「酉」ですので、一見ペースが合わないと感じる相性です。

しかし二人が一緒にいることでちょうど良いペースが生まれ、リラックスした関係が築けるので、相性が良いと言えるでしょう。

「辰」と「戌」

裏干支の「辰」と「戌」の相性は、個性的な「辰」を常識的な「戌」がサポートする形で上手くいく関係です。

お互いを理解するまでに時間がかかりますが、一度理解し合えば、長く付き合っていけますので、とても相性が良いと言えます。

「巳」と「亥」

裏干支の「巳」と「亥」も相性が良いです。

猪突猛進の言葉通り、目標に向かってわき目も降らず突き進む「亥」を冷静な「巳」が支えていく関係です。

お互いを思いやる心を持てば、さらなる絆の深まりが期待できるでしょう。

支合、三合、七冲などの干支の相性について知りたい人はこちらの記事をお読みください。

干支で分かる悪い相性の組み合わせとは?干支別の性格・特徴もご紹介!のイメージ
干支で分かる悪い相性の組み合わせとは?干支別の性格・特徴もご紹介!
干支によって相性があることを知っていますか?良い相性を見る支合(しごう)・三合(さんごう)、悪い相性を見る支冲(しちゅう・三刑(さんけい)・自刑(じけい)・支破(しは)・六害(ろくがい)について、干支別の性格と特徴をご紹介します。

次のページ

裏干支グッズは縁起が良い?

関連記事

アクセスランキング