【干支】辰年生まれの特徴や性格について解説します

【干支】辰年生まれの特徴や性格について解説します

辰年(たつどし)生まれの人は、自由でおおらかな情熱家といわれています。古代中国の神獣である「龍」が当てはめられたこともあり、カリスマ的な一面も持ち合わせているようです。ここでは辰年生まれの人の基本性格や恋愛傾向、仕事への姿勢を解説します。

コンテンツ [表示]

  1. 1干支の「辰年」生まれの人はどんな性格?
  2. 1.1辰年の意味
  3. 2辰年生まれの人の特徴
  4. 2.1基本性格
  5. 2.2恋愛傾向
  6. 2.3仕事に対する姿勢
  7. 3辰年の守護本尊
  8. 4まとめ

干支の「辰年」生まれの人はどんな性格?

Photo bykokorocare

辰年生まれの人は、自由闊達で情熱的といわれています。華やかな存在感があり、カリスマとして崇拝されることも少なくありません

辰年に当てはめられた「龍」は日本や中国では「帝王」「統治者」の象徴であるため、辰年生まれの人にも似たようなイメージをいだいてしまいがちですが、実際の辰年生まれの人にはどんな特徴や傾向があるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

辰年の意味

フリー写真素材ぱくたそ

「辰年」は「たつどし」と読み、干支の順番では五番目にあたります。

本来、干支とは暦上における記号でした。「辰(たつ)の月」は新暦四月(旧暦三月)、「辰(たつ)の刻」は午前七時から午前九時の時間帯を指し、方角は東南東のやや南、五行での性質は「土」です。

また「辰」という字は貝殻を表す象形文字に由来し、古代では農具に貝を用いたことから農耕に関する漢字のもとにもなっています。

干支のなかでも「辰」だけが、架空の生き物になぞらえているのは何故でしょうか。その理由は、干支の発祥地である古代中国にあるといわれています。皇帝は龍の生まれ変わりと謳われるほど、古代中国の人々にとって龍とは特別で現実味のある生き物でした。干支に動物を当てはめる際、龍を組み入れたのも当然の流れだったのでしょう。

辰年生まれの人の特徴

Photo byMomentmal

尊敬と畏怖の象徴である龍。そのイメージを背負った辰年生まれの人は、実際にはどんな性格をしているのでしょうか。恋愛傾向や仕事への姿勢も含めて、より掘り下げていきましょう。

基本性格

Photo byJillWellington

辰年生まれの人は、大胆不敵な情熱家です。飄々としたつかみどころのないタイプですが、こうと決めたら最後まで貫き通す強さと激しさを秘めています

形式にとらわれない自由な発想も、物事の本質を見極めるのに長けた辰年ならではのものです。先見の明にもすぐれているので、辰年生まれの人が取り乱すことはまずありません。他者へ対する寛容で鷹揚な振る舞いも、そうした余裕に起因するものです。人間力が高いので周囲からの信頼も厚く、常に一目置かれる存在といえます。

辰年生まれの人の意思の堅牢さは、そのまま自我の強さです。特に感情的になると他人の話を聞かなくなるので、「頑固で思い込みのはげしい人」というイメージをまわりへ植えつけてしまいます。辰年生まれの人が対人関係を円滑に保つためには、自身のプライドの高さとうまく折り合いをつけていくことが鍵です。

恋愛傾向

Photo byAlexas_Fotos

辰年生まれの人は、奥手ですが一途な恋愛をします。恋人作りにも必死にならない大らかさが、辰年生まれの人の特徴です。それが奥手といわれる所以ですが、ひとたびパートナーができると積極的にリードをとろうとします。既存の枠組みにはまらない価値観の持ち主なので、意外な人を選ぶこともあるようです。

情が深い辰年生まれの人は、恋愛では甘美な関係性を好む傾向にあります。いちど心を決めた相手には誠意を尽くして尊重し、愛情表現も惜しみません。

男女ともに異性から人気の高い辰年生まれの人ですが、相手が定まるとその人に没頭してしまう傾向があります。浮気の心配がない一方、ほかの人間関係がおろそかになりがちです。恋人を優先するあまり友人との約束を勝手に破ってしまう等と、自己本位な行動に出てしまう場面もあります。対人関係では節度ある付き合い方をしていくのが辰年生まれの人の課題といえるでしょう。

仕事に対する姿勢

Photo byTeroVesalainen

独創的な発想ができる辰年生まれの人には、起業家が多いのが特徴です。組織のなかでも頼りにされる存在で、周囲から望まれてリーダーになるというケースが多いようです。強運に恵まれますが、それを活かすだけの能力もあり、早いうちから頭角を現すことも珍しくありません。いわゆる頭が切れるタイプです。掲げた目標は必ず達成するので、上司からも部下からも厚い信頼を寄せられます。

ただし、協調性を重んじる環境では独立独歩の人として倦厭される場合もあるでしょう。自分の意見を通そうと意固地になってしまったり、孤軍奮闘の無理がたたって身体を壊してしまうこともしばしばです。少し力を向いて仕事と向き合うくらいが、辰年生まれの人にはちょうどいいのかもしれません。

辰年の守護本尊

辰年の守護本尊は、巳年と同じ「普賢菩薩(ふげんぼさつ)」です。慈悲を司る菩薩であることから、寿命を延ばす現世利益と福徳で知られています。

仏教では女人成仏を説いた「法華経」に登場し、多くの女性たちの信仰を集めました。深遠なる理智の象徴であり、僧行の規範ともいわれています。

良くも悪くも強情な辰年生まれの人にとって、慈悲の体現である普賢菩薩はまさしく守り神です。つい我を張ってしまいそうなときには、普賢菩薩の真言である「オン・サンマヤ・サタバン」を唱えてみるのもいいでしょう。

まとめ

Photo bychanganZS

既成概念に縛られない辰年生まれの人は、内に強い意思と情熱を宿していることがわかりました。

周囲と一線を画すエネルギーの持ち主だけに、辰年生まれの人の成功は自戒にかかっているといえます。守護本尊の真言などを参考にしてカリスマ性に磨きがかかれば、更なる高みへと上昇していけるでしょう。

十二支読本: 暦と運勢のしくみを読み解く

参考価格: 1,944円

出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon1,944円
楽天
【干支】巳年生まれの特徴や性格について解説しますのイメージ
【干支】巳年生まれの特徴や性格について解説します
巳年生まれの人は慎重で粘り強いと言われています。また非常にクールでエレガントな印象もあります。ここでは巳年年生まれの人の性格をはじめ、恋愛傾向や仕事面など巳年生まれの特徴を解説するほか、巳年生まれの守護本尊についてもご紹介します。
【干支】卯年生まれの特徴や性格について解説しますのイメージ
【干支】卯年生まれの特徴や性格について解説します
「うさぎ」という動物が当てはめられていることから、愛らしいイメージの卯年生まれですが、実際にはどんな特徴があるのでしょうか。ここでは、卯年生まれの性格から恋愛傾向、仕事に対する姿勢までを詳しく解説、守護本尊についてもご紹介します。

関連記事

line-friend-pc

アクセスランキング