>> セレスティアのスピリチュアル情報をお届け! <<

【干支占い】2019年の子年の運勢 子年生まれの基本性格に関しても解説

【干支占い】2019年の子年の運勢 子年生まれの基本性格に関しても解説

干支が子年生まれの人にとって、2019年の前半は波乱に富んだ年となります。干支が子年の人は好かれやすく友達が多いのも特徴です。友達や同僚を大切にすることで2019年の運勢も上昇していくでしょう。子年生まれの基本的な性格や運勢を解説しています。

2019年の子年の全体運

縁起物のネズミの置物
2019年の子年の全体運

子年生まれの人の2019年の運勢は、後半にかけていちかばちかの勝負を迫られる年になります。全体運自体は悪くはないのですが、選択の時に誤った行動をしてしまうと、全体運も下降してしまいます。攻めの姿勢を忘れず、時には防御よりも攻撃のチャンスを伺う必要もありますね。子年の全体運は、積極的にアプローチが出来るかどうかで、全体運や仕事運、恋愛運などに影響して来ます。前半の行動もまた重要なので、攻めの姿勢を崩さず、後半に起こるアクシデントに備えましょう。2019年はマイナスの動きが多くなるので、その点を注意して、積極的な行動を心がけましょう

2019年の子年の恋愛運

鎖で繋がれる男女
2019年の子年の恋愛運

恋愛においても全体運と同じく、子年の人は積極性が重要になってきます。向こうからやって来る恋愛を待つのではなく、自分からアプローチすることで運が開けて来ます。ただ、2019年の前半は波が激しく、恋人と上手くいかなくなることもありますし、相手を友人に取られてしまうといった可能性もあります。また、好きではない相手からのアプローチを受けるなど、恋愛運は激しく上下します。上手くいかないからと周りにあたり散らしてしまうのはマイナスなので、上手にかわす術を身に付けるようにしましょう。2019年の後半になれば、波も落ち着き、恋愛運も上昇して行きますので積極的にアプローチを始めましょう。

2019年の子年の結婚運

毛糸を握りしめる女性
2019年の子年の結婚運

結婚運も恋愛運と同じく、2019年の前半期は波乱に満ちているため、運勢は良いとは言えません。後半期になってから、結婚などの話を進めるようにするのが良いでしょう。無理に前半期に結婚を決めてしまうと、マイナスの運勢が働いた状態なので、結婚生活も上手くいかなくなる可能性があります。2019年の前半は、結婚に向けての準備に留まり、後半になってからスムーズに結婚が出来るような根回しをするのが良いです。後半になってからは、積極的に行動し、迷いのないしっかりとした結婚する意志の決断が必要になります。

2019年の子年の金運

お金がなくて困る男性
2019年の子年の金運

2019年は金運もまたアップダウンが激しくなります。前半はお金を貯める事に専念し、散財を抑えるようにしないと、借金が溜まってしまう事もあります。前半は出費を抑え、仕事でもプライベートでもお金を使うのは後半期まで待ちましょう。2019年の8月が過ぎれば金運も少しずつ上昇して行きますので、前半にお金を貯めて、後半に投資などをすると良い運勢が開けます。借金が必要でしたら、2019年後半まで待ちましょう。2019年前半期は出費を抑えることが後の運気に重要なのです。

2019年の子年の仕事運

ストレスを抱える営業マン
2019年の子年の仕事運

2019年前半の仕事運は良いとは言えず、仕事でのストレスが高じて、プライベートにまで影響を及ぼす可能性があります。同僚や上司と上手くいかず、あなたも攻撃的になる事がありますが、逆に相手からも攻撃を受けることもあります。ただ、後半になると仕事運も少しずつ上昇を見せますので、仕事を積極的に頑張るなら、前半よりも後半がおすすめです。前半は運勢が余り良くないので、仕事を怠けるのではなく、ストレスが溜まらないような息抜きも必要となります。平日に有給休暇を上手く使うことで、前半の仕事のストレスも軽減して行けます。後半は勝負時です。それまでしっかりと羽を休めることが大切です。

2019年の子年の健康運

足元にあるバナナを踏みかける
2019年の子年の健康運

2019年の健康運は、良いとも悪いとも言えない運勢であると言えます。ただ、仕事とプライベートどちらでもストレスを感じやすくなるので、しっかりとした休息が必要です。ストレスが高じて病気や怪我を招かないように、健康管理はしっかりとしましょう。ストレスが溜まると自分自身にも悪影響を与えますし、人に辛く当ってしまうこともあります。ストレス発散のために外に出かけるのも良いですが、それよりは家の中でゆっくりと過ごし、心身ともにリラックスさせる事が健康運を上昇させる鍵です。特に、部屋の中を掃除すると、部屋が綺麗になるだけではなく、自分の心の掃除も出来るのでぜひやってみましょう。

記事を評価する

記事を評価しよう

関連記事