【干支】丑年生まれの特徴や性格について解説します

【干支】丑年生まれの特徴や性格について解説します

今回はマイペースで努力家といわれる丑年(うしどし)生まれの特徴や性格について解説します。干支の中でものんびりしたイメージの丑年ですが、逆境にもめげない強さと情熱を秘めているようです。恋愛傾向や仕事に対する姿勢、丑年の守護本尊までまとめました。

コンテンツ [表示]

  1. 1干支の「丑年」生まれの人はどんな性格?
  2. 1.1丑年の読み方
  3. 2丑年生まれの人の特徴
  4. 2.1基本性格
  5. 2.2恋愛傾向
  6. 2.3仕事に対する姿勢
  7. 3丑年の守護本尊
  8. 4まとめ

干支の「丑年」生まれの人はどんな性格?

牛
Photo byPexels

丑年生まれの人はマイペースで努力家といわれています。干支の中でものんびりとしたイメージのある丑年ですが、闘牛のように荒々しく情熱的な一面も持っています。丑年生まれの人はどんな性格でしょうか。特徴を詳しくみていきましょう。

丑年の読み方

結ばれた紐
Photo bymoritz320

丑年は「うし年」と読みます。「うし年」だけでなく、丑三つ時土用の丑の日など馴染みがある言葉でもあります。

本来「丑」は「チュウ」「つかねる」「むすぶ」とも読み、紐(ひも)という漢字に由来するものです。細い糸をいくつも束ねて強い紐にして結び直すことから、物をまとめるという意味があります。

丑は北北東の方角を示し、深夜1~3時の時間帯を指します。丑が表す季節は1月で、春を待ちながら粘り強くパワーを温存し蓄える時期と捉えられています。干支の「うし年」を象徴している意味もありそうです。

丑年生まれの人の特徴

牛
Photo byOpenClipart-Vectors

干支では動物のにあてはめられる「うし年」。おっとりして穏やかな性格というイメージですが、どんな特徴を持っているのでしょうか。基本性格と恋愛傾向、仕事に対する姿勢をまとめました。

基本性格

牛
Photo byFree-Photos

丑年生まれの人は努力家で、自分で決めたことは最後まで諦めずにやり通す強い意志があります。無口でおとなしい印象を抱きますが、常に慎重なうえ頭脳明晰で自分の考えをしっかり持っています。我慢強く粘り強い特徴があり、周りに流されることなく自分で納得してから行動に移します。

計画性はあるのですが他人のペースに合わせることが苦手で、物事に取り組むまで時間がかかるスロースターターです。苦労に見舞われることが多くても、やがて大成する大器晩成型といわれるのも納得です。

また決まった行動パターンを崩さない一面も持っていることからマイペース型といわれます。固定概念が強く、偏った先入観を他人に押し付けてしまうことが多いので頑固で融通が利かない人だとも思われているようです。

普段は温厚な性格ですが、一度怒らせてしまうと誰にも止められません。怒り狂った闘牛のように手がつけられない状態になってしまうことも多いでしょう。

恋愛傾向

丑年生れの人は恋愛に対しても燃えるような情熱を秘めていて、とても一途で相手に尽くします。慎重さと相まって自分からアプローチをするより受け身の恋愛が多く、控えめで消極的な印象があります。友人から紹介されてはじまった恋愛のほうが上手に付き合える傾向があるようです。

相手を好きになるまでは時間がかかりますが、一度火が付くと周りが見えなくなってしまうことも多々あります。相手のことを考えて行動しすぎた結果、重い存在になってしまわないよう注意が必要です。丑年生まれの人は誠実で、まっすぐな性格から嘘を嫌います。ただ、不器用な面を持ち合わせていることから、自分の正直な気持ちを素直に話すタイプではありません。結婚しても相手を一途に思い続け、家族を大切にします。

仕事に対する姿勢

牛
Photo byGDJ

じっくり腰を据えて物事に取り組む丑年生まれの姿勢は仕事にも現れます。丑年生まれは働き者が多く、辛抱強いため逆境にもめげません。自分の好きなことを仕事にして生計をたてる人が多いようです。地道に努力を続けて粘り強く物事をやり遂げ、着々と力をつけていくでしょう。

基本的に真面目で謙虚さも持ち合わせていることから周りからの信頼も厚く、自然と人に頼られます。自分から率先して目立つことはありませんが、頼まれるとうまく断れずにリーダー的役割を果たすことも珍しくないでしょう。ただ、丑年生まれの人は我慢強く自分が他人に頼ることが苦手なため、知らないうちに一人で問題を抱え込んでしまいがちです。人の意見も聞こうとしないので自分だけ苦しんでしまうこともあるようです。

また、なにか嫌なことがあると、仕事に打ち込んで解消しようとするのも丑年生まれの特徴です。

丑年の守護本尊

干支にはそれぞれ守り神となる守護本尊が定まっています。丑年の守護本尊は「虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)」で、寅年と同一の守り神です。「虚空蔵」とは無限の知恵や財産、慈悲が収まった蔵のことで、虚空蔵菩薩は悩める人々のために虚空蔵から知恵や記憶力、財産など望むものを限りなく与えてくれます。宇宙のように広大な福徳を持ち、慈悲の心を人々に与える存在として崇められています。

虚空蔵菩薩には商売繁盛、家内安全といった一般的なご利益の他に、知恵を授けてくださるのが特徴的です。無限の知恵を司る守り神として頭脳明晰に関わる記憶力を得ることができ、現世でのご加護が受けられるといわれています。これを機にこの世に生を受けてから死を迎えるまで見守り続けてくれる守護本尊を意識してみるのもいいかもしれません。

まとめ

牛
Photo bydarrenquigley32

丑年生まれの人は努力家でマイペースな性格で、働き者でもあるようです。恋愛では相手に尽くすので、結婚相手には向いているのかもしれません。のんびりしているように見えて頑固な一面も持っていますが、よくも悪くも自分の考えを強く持っていることが影響しているのでしょう。丑年生まれの人は自分の守護本尊についてもぜひ参考にしてみてください。

十二支読本: 暦と運勢のしくみを読み解く

参考価格: 1,944円

出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon1,944円
楽天
【干支占い】2020年の丑年の運勢 丑年生まれの基本性格に関しても解説のイメージ
【干支占い】2020年の丑年の運勢 丑年生まれの基本性格に関しても解説
干支が丑年生まれの人にとって2020年は、上半期の努力次第で、下半期の運気が左右されます。特に仕事面で大きな流れがくるので、チャンスをものにしたいところです。この記事では干支占いにおける丑年生まれの人の2020年の運勢、後半では基本性格について解説します。
干支で分かる悪い相性の組み合わせとは?干支別の性格・特徴もご紹介!のイメージ
干支で分かる悪い相性の組み合わせとは?干支別の性格・特徴もご紹介!
干支によって相性があることを知っていますか?良い相性を見る支合(しごう)・三合(さんごう)、悪い相性を見る支冲(しちゅう・三刑(さんけい)・自刑(じけい)・支破(しは)・六害(ろくがい)について、干支別の性格と特徴をご紹介します。
干支占いのイメージ
干支占い
2020年の干支ごとの運勢を解説します。令和二年の十二支それぞれの、金運、仕事運、恋愛運など、総合的な運勢について解説!

関連記事

アクセスランキング