マウンティングとはどういう意味?マウントをとりたがる人の心理学的な特徴や対策について解説

マウンティングとはどういう意味?マウントをとりたがる人の心理学的な特徴や対策について解説

マウンティングとは、自分の存在がトップであることを仲間にアピール行為ですが、周囲に与えるストレスは大きいものがあります。このページでは、ストレスを回避するためのマウンティングに対する対策やマウントをとる人の特徴をお知らせします。

コンテンツ [表示]

  1. 1マウンティングとは?
  2. 1.1マウントの意味
  3. 2マウンティングの使い方は?
  4. 2.1マウントをとる人の指摘として使う
  5. 2.2相手を言い負かすという意味で使う
  6. 3マウントをとりたがる人の心理とは?
  7. 3.1心理1.劣等感を消そうとする
  8. 3.2心理2.他者から認められたいという欲求
  9. 3.3心理3.ストレスの発散
  10. 4マウントをとりたがる人の特徴とは?
  11. 4.1マウンティング女子の特徴とは?
  12. 4.2マウンティング男子の特徴とは?
  13. 5マウンティングする人への対策は?
  14. 5.1マウンティングする人から遠ざかる
  15. 5.2会話を上手く流す
  16. 5.3マウンティングをする人を褒めてあげる

マウンティングとは?

優位に立ちたい人

マウンティングとは?

マウンティング」の意味は、職場や友人といったグループの中で自分の立場が上であることを、意識的に必要以上に言葉や態度でアピールすることです。

マウンティングという言葉が聞かれるようになったのは、「女は笑顔で殴りあう マウンティング女子の実態」という書籍が2014年に出版されてからだとされています。しかし、マウンティングをとる人は現代に急に現れたものではなく、「お山の大将」という言葉が昔からあるように以前から人格として存在していたと考えられます。

現代社会では、同等の立場であるにも関わらず上から目線とも取れるマウンティングの言動に対し、ストレスを感じる人も多いです。この記事を読んでマウンティングに対する対処の仕方を心得て、限られた人生を楽しく有意義に過ごしましょう。

マウントの意味

競争している馬
Photo byATDSPHOTO

マウントの意味

マウント」とはもともと生物学的な意味で、哺乳類が相手の上に馬乗りになる行為を意味します。
マウントをとる行為は、本能的な動物社会において優位に立つ動物と無抵抗を示す動物の順序を確認するための行為とされ、争いを抑止し、自然の摂理を保つための動物的本能です。
 

マウンティングの使い方は?

上から目線の上司
フリー写真素材ぱくたそ

マウンティングの使い方は?

マウンティングは動物の本能の行為ではありますが、知的生物である人間は近年「皆平等」であることの認識が深く、マウントをとる人の本能と理性の狭間で複雑な人間関係が発生しています。

そのような中、現代では、ママ友や女性同士の集まりで自分の幸福度をアピールする人を「マウンティング女子」、部下に対して社会の厳しさや苦労をさとす上司を「マウンティング上司」、苦労して人生を悟った気分で同世代や年下世代に人生を語る人を「マウンティングおじさん」と呼ぶといったようにマウンティングという言葉は使われています。具体的にどのような人をマウンティングというのか次の項目でお知らせしましょう。

マウントをとる人の指摘として使う

友人の行為を見て嫌がる女友だち
フリー写真素材ぱくたそ

マウントをとる人の指摘として使う

マウンティングをしている人は、基本的に自分がマウンティングしているということを理解していない人が多く、学歴や持ち物の高級さなどで優越感に浸るマウントの行為に対し違和感を感じているのは周囲です。
そのためマウンティングは、「あの人はマウンティングしなければいい人なのに」といった具合に、一般的にマウントをしている人を指す言葉として使われます。

相手を言い負かすという意味で使う

言い負かしている女性
Photo bykabaldesch0

相手を言い負かすという意味で使う

「マウントをとる」という言い方は、時として言い争いの相手を言い負かしたという意味に使われることがあります。
この場合、自分の立場を誇示するというよりは、言い争いの相手に言い勝ったことを意味します。
マウントをとるという表現は、元々2チャンネルなどのネット用語から発生した言葉といわれています。

マウントをとりたがる人の心理とは?

自分の心がわからない人
Photo bykalhh

マウントをとりたがる人の心理とは?

マウントをとりたがる人の心理は複雑なようです。
マウンティングしたがる人は、自分を誇示することで自分の精神を平行に保っていると考えられ、
マウントをとりたがる人の心理を知ることは、マウンティング行為から受けるストレスを緩和するのに役に立ちますので、具体的に見てみましょう。

心理1.劣等感を消そうとする

劣等感を感じている男性
Photo byintographics

心理1、劣等感を消そうとする

マウントをとる人は、自分の持つ劣等感を消そうとしている人が多いです。
人は劣等感を持ち続けることに強いストレスと辛さを感じますが、マウントをとりたがる人は、人よりも優位に立つことで劣等感を帳消しにして辛さを緩和しようとします。

心理2.他者から認められたいという欲求

認められたい人
Photo bygeralt

心理2、他社から認められたいという意味

自分の存在を他人に認めさせたいという強い欲求から、マウントをとる人がいます。
幼少期に褒められることが少なく認められたい気持ちが心の奥底でずっと眠り続けてきた人は、大人になってからも認められたい気持ちが抜けきらずマウントに走りやすいといわれています。

心理3.ストレスの発散

ストレス発散で買い物をする女性
フリー写真素材ぱくたそ

心理3、ストレスの発散

ストレスの発散方法として、マウントをとる人がいます。
ストレスはだれにでも現れる現象ですが、人によってストレスの対処方法は違います。
マウントをとる人は、一般的に自分に自信がなくストレスの緩和ができずにストレスを溜め込む人に多いようです。

マウンティングの意味と心理

  • マウンティングとは、グループの中で自分の立場が上であることを言動で示す行為です。
  • マウントをとる人の心理状態は複雑で、マウントをとることで自分の精神を穏やかに保とうとします。
友だち追加

関連記事

アクセスランキング