仏眼とは?あると珍しい?仏眼相の位置でわかる手相占いを紹介!

仏眼とは?あると珍しい?仏眼相の位置でわかる手相占いを紹介!

仏眼と呼ばれる手相は、親指の第1関節にある目のような形のシワを意味します。はっきりと仏眼が現れている手は珍しく、仏眼のある人は霊感があったり、先祖の加護を受けやすいという意味があります。この記事では、仏眼相の見方や特徴などを詳しく解説します。

コンテンツ [表示]

  1. 1仏眼相と呼ばれる手相にはどんな意味がある?
  2. 1.1目の形の珍しい手相
  3. 1.2仏眼相を持つ人は霊感がある?
  4. 1.3仏眼を持つ人の割合は?
  5. 2仏眼相でわかる手相占いを紹介!
  6. 2.1手の左右でわかる仏眼相の手相占い3選!
  7. 2.2①右手に仏眼がある
  8. 2.3②左手に仏眼がある
  9. 2.4③両手に仏眼がある
  10. 3指の位置でわかる仏眼相の手相占い6選!
  11. 3.1①親指に仏眼がある
  12. 3.2②人差し指に仏眼がある
  13. 3.3③中指に仏眼がある
  14. 3.4④薬指に仏眼がある
  15. 3.5⑤小指に仏眼がある
  16. 3.6⑥全部の指に仏眼がある
  17. 4数でわかる仏眼相の手相占い3選!
  18. 4.1①ダブル仏眼がある
  19. 4.2②トリプル仏眼がある
  20. 4.3③仏眼がない
  21. 5特徴でわかる仏眼相の手相占い4選!
  22. 5.1①仏眼相が大きい
  23. 5.2②仏眼相が小さい
  24. 5.3③仏眼相が切れてる・繋がってない
  25. 5.4④仏眼相と神秘十字線の両方がある
  26. 6仏眼とは?まとめ

ここでは、「仏眼相が大きい」「仏眼相が小さい」「仏眼相が切れてる・繋がってない」「仏眼相と神秘十字線の両方がある」、この手相占い4選を解説していきます。

ちなみに、仏眼相が切れてる・繋がってない方は、マイナス要素がでてきたり、手のひらに神秘十字線がある人は第六感が働いてきます。

①仏眼相が大きい

仏眼相が大きい人は、2つ以上の仏眼を持つ人同様に、スピリチュアル的な強いパワーを持っています。神仏に対する信仰心が厚く、祖先に対する感謝も深いので、見えない力の恩恵に恵まれるでしょう。

②仏眼相が小さい

仏眼相が小さいのは、大きい人や2つ以上ある人より、スピリチュアル的なパワーが弱まる傾向があります。

現実を引き寄せるパワーも弱まり、人の気持ちや考えを感じ取りずらくなるのです。

③仏眼相が切れてる・繋がってない

仏眼相が切れてる・繋がってない

仏眼線が切れてる・繋がってない人は、スピルチュアル的なパワーがかなり弱まります。仏眼線が切れてる・繋がってないとマイナスな要素が強まるので注意しましょう。

祖先からの恩恵も弱いので、お墓参りには頻繁に行き、感謝の気持ちをご先祖様に伝えていけば、仏眼線が切れてる・繋がってないのを解消できる可能性があります。

④仏眼相と神秘十字線の両方がある

仏眼相と神秘十字線の両方がある

手のひらに神秘十字線と仏眼相が両方ある手相は大変珍しいとされ、第六感の働きが鋭いく、強力な霊力を持っています。

慈悲の心が深く、スピリチュアルなパワーを人助けに遺憾なく発揮できる、超霊感体質と言えるでしょう。

ここまで霊力が高いと、額に第3の目(サードアイ)が開眼できるかもしれません。開眼すれば霊力は最高クラスです。

仏眼とは?まとめ

仏眼相とは、親指の第一関節にできる目の形のしわを指します。霊力が高い、心眼がある、見えない力に守護されるなどの意味があり、珍しい手相です。

右手と左手のどちらにあるのか、両手の箇所、指の位置、個数、特徴などで読み方や意味が変わるので、それぞれの特徴と意味をしっかりと理解するようにしましょう。

仏眼とは?まとめ

  • 仏眼とは、親指の第一関節で見られる目の形をした、しわを言います。
  • 仏眼は、「霊感」「直感力」「記憶力」「心眼」「先祖の徳」などのスピリチュアル分野に関わる珍しい手相です。
  • 仏眼線が大きい、二重にある、両手にある、第二仏眼紋があれば霊感は強力になり、しわが切れてる・繋がってない場合は、霊感は弱まり、マイナス要素が出てくると言えます。
  • 手のひらに神秘十字線があれば第六感の働きが鋭くなる意味があり、仏眼相と両方持っていることで、霊力はさらに強力になります。ここまで霊力が高まれば、額に第3の目(サードアイ)を開眼することもできてきます。
手相のイメージ
手相
手相占いは手の平に現れる線や模様、手のひらのハリなどから、性格や仕事運、恋愛運、健康状態など鑑定します。また、手相を見ることで、結婚の時期や体調を崩す時期なども知ることが可能です。手相をうまく利用し、生活に生かしましょう。 このページでは、様々な手相についてまとめてご紹介しています。

関連記事

アクセスランキング