スター線(星紋)とは?宝くじなど金運が上がる?スター線の手相占い21選

スター線(星紋)とは?宝くじなど金運が上がる?スター線の手相占い21選

手相の中でもラッキーな線と言われるスター線は、星紋とも呼ばれています。スター線があると金運がよく、宝くじが当たる可能性や幸運が舞い込む可能性があります。星紋が手相のどこにあるかで舞い込む幸運の意味が変わってきます。金運が上がる場所や墓の意味について解説します。

コンテンツ [表示]

  1. 1スター線(星紋)の手相の意味とは?
  2. 1.1スター線の見方は?
  3. 1.2スター線のアスタリスクが3本線と4本線の違いは?
  4. 2スター線(星紋)で運勢がわかる手相占いを紹介!
  5. 2.1手の左右でわかるスター線(星紋)の手相占い3選!
  6. 2.2濃い・薄いでわかるスター線(星紋)の手相占い2選!
  7. 2.3位置でわかるスター線(星紋)の手相占い10選!
  8. 2.4他の手相の上にあるスター線の手相占い6選!
  9. 3スター線(星紋)とは?まとめ

④スター線が木星丘(人差し指の下)にある

木星丘は人差し指の下あたりの場所をさします。木星丘の位置に米印がある場合、手相占いでは思わぬ幸運が転がり込む兆しを意味します。特に仕事運が上昇する傾向があり、責任のある役職に抜擢されたり、就職・転職が希望のところに決まったりなどが考えられます。

⑤スター線が土星丘(中指の下)にある

土星丘は中指の下辺りのことです。中指の下の場所にアスタリスク状の線が交差している場合はひとつのことに深くのめりこんでいくことが考えられます。

狭く深くといった感じで、周りと楽しくというよりは一人の世界を楽しむイメージです。一つのことにのめり込むことで極めることができるようになります。

⑥スター線が太陽丘(薬指の下)にある

太陽丘は薬指の付け根あたりの場所です。手相占いでは、この薬指の付け根あたりの太陽丘に星印があると人気運を意味します。スター性もあることから周りに人が集まりリーダー的な存在になれるでしょう。

関連記事

アクセスランキング