スター線(星紋)とは?宝くじなど金運が上がる?スター線の手相占い21選

スター線(星紋)とは?宝くじなど金運が上がる?スター線の手相占い21選

手相の中でもラッキーな線と言われるスター線は、星紋とも呼ばれています。スター線があると金運がよく、宝くじが当たる可能性や幸運が舞い込む可能性があります。星紋が手相のどこにあるかで舞い込む幸運の意味が変わってきます。金運が上がる場所や墓の意味について解説します。

コンテンツ [表示]

  1. 1スター線(星紋)の手相の意味とは?
  2. 1.1スター線の見方は?
  3. 1.2スター線のアスタリスクが3本線と4本線の違いは?
  4. 2スター線(星紋)で運勢がわかる手相占いを紹介!
  5. 2.1手の左右でわかるスター線(星紋)の手相占い3選!
  6. 2.2濃い・薄いでわかるスター線(星紋)の手相占い2選!
  7. 2.3位置でわかるスター線(星紋)の手相占い10選!
  8. 2.4他の手相の上にあるスター線の手相占い6選!
  9. 3スター線(星紋)とは?まとめ

濃い・薄いでわかるスター線(星紋)の手相占い2選!

宝くじが当たるなど、幸運をもたらす線といわれるスター線ですが、濃い線と薄い線で手相としての見方が違います。ここでは、スター線の濃さによる金運の違いやより効果的なのはどちらなのかについて解説します。

①スター線が濃い

スター線の星印が濃い場合は、ラッキーな運気が強くなっていることを意味します。

思いがけない幸運に恵まれるため、たとえば、宝くじに当選して大金をつかむようなことも起こるでしょう。ただし、急に大金をつかむことによって、金銭を巡るトラブルに巻き込まれる可能性もありますので手放しで喜べない面もあります。

②スター線が薄い

スター線の星マークが薄い場合は、スター線に関する運気が弱いことを意味します。大きな幸運というよりは、ちょっとしたラッキーなことが起こる可能性があります。金運もそれほど高くないため、大金をつかむというよりお小遣いが入るなど、少額で短期的なものという意味合いになります。

次のページ

位置でわかるスター線(星紋)の手相占い10選!

関連記事

アクセスランキング