丁巳(ひのとみ)の性格と特徴について解説!2020年の丁巳の運勢は?

丁巳(ひのとみ)の性格と特徴について解説!2020年の丁巳の運勢は?

丁巳(ひのとみ)を日柱にもつ人の2020年の運勢を、四柱推命で男女それぞれの性格や相性も加えて解説。また、特徴や運気にも絡む十二運にも目を向けてみました。自分だけでなく、友人や恋人に丁巳生まれの人がいれば、個性だけでなく、運気の流れをつかめるはずです。

コンテンツ [表示]

  1. 1丁巳(ひのとみ)の2020年の運勢は?
  2. 1.12020年の丁巳は絶の年で空亡の始まり
  3. 1.2空亡年の過ごし方
  4. 2丁巳の相性
  5. 2.1丁巳の良い相性
  6. 2.2丁巳の悪い相性
  7. 3丁巳(ひのとみ)の特徴と性格とは?
  8. 3.1丁巳の女性の性格
  9. 3.2丁巳の男性の性格
  10. 4丁巳の四柱推命と性格
  11. 4.1丁巳を年柱にもつ人の性格
  12. 4.2丁巳を月柱にもつ人に性格
  13. 4.3丁巳を日柱にもつ人の性格
  14. 4.4丁巳を時柱にもつ人に性格
  15. 5丁巳と十二運星の組み合わせ
  16. 5.1丁巳と胎
  17. 5.2丁巳と養
  18. 5.3丁巳と長生
  19. 5.4丁巳と沐浴
  20. 5.5丁巳と冠帯
  21. 5.6丁巳と建禄
  22. 5.7丁巳と帝旺
  23. 5.8丁巳と衰
  24. 5.9丁巳と病
  25. 5.10丁巳と死
  26. 5.11丁巳と墓
  27. 5.12丁巳と絶
  28. 6丁巳の四柱推命の性格を知り、運勢を高めよう!

四柱推命で運気を見る場合、十二運も重要な要素となります。
日柱の丁巳を中心にほかの柱との組合せで現れる十二運をみていきましょう。

  • 年柱は、親や上司など目上の人との関係。
  • 月柱は、仕事運や結婚運、家庭運と他者との関わり。
  • 時柱は、目下や子供、部下との関係。
それぞれの年齢域も頭に入れて、読んでみてくださいね

丁巳と胎

丁巳が日柱にあり、ほかの柱に子がある場合は胎となります。
やや短気な面が強調されるでしょう。思うようにならない場合は、キツイ言葉を使ってしまい、人間関係でトラブルを起こしいやすい傾向があります。

丁巳と養

丁巳が日柱にあり、ほかの柱に丑がある場合は養となります。
内面に抱えている、芯の強さを隠すことができないようです。好き嫌いの激しさが出て、人間関係が極端になりやすいでしょう。

丁巳と長生

丁巳が日柱にあり、ほかの柱に寅がある場合は長生となります。
厳しい環境に置かれても、粘りを見せていくでしょう。努力を重ねて、壁を乗り越えていきます。

丁巳と沐浴

丁巳が日柱にあり、ほかの柱に卯がある場合は沐浴となります。
温和な面に加え、フェロモンを発するような色気を感じさせるでしょう。恋愛チャンスの多いときですが、ひとりに絞り切れない傾向が見られます。

丁巳と冠帯

丁巳が日柱にあり、ほかの柱に辰がある場合は冠帯となります。
周囲に反対を受けても、自分の意思を貫くでしょう。討論では、言葉の使い方がうまく、逆に相手を説得するぐらいです。

丁巳と建禄

丁巳が日柱にあり、ほかの柱に巳がある場合は建禄となります。
心身のバランスが良く、考えていることをそのまま実行できるでしょう。目標達成の可能性はかなり高めです。

丁巳と帝旺

丁巳が日柱にあり、ほかの柱に午がある場合は帝旺となります。
感性と頭の回転の早さが活かされ、行動派大胆になっていくでしょう。クリエイティブな才能が、外へ出やすくなります。

丁巳と衰

丁巳が日柱にあり、ほかの柱に未がある場合は衰となります。
行動力はありませんが、観察力は鋭いでしょう。周りの空気を読んで、ワンチャンスをものにします。ピンチをチャンスに変えられるでしょう。

丁巳と病

丁巳が日柱にあり、ほかの柱に申がある場合は病となります。
精神的に落ち込むことが多く、動きが鈍くなるでしょう。心を病まないように気を付ける必要があります。

丁巳と死

丁巳が日柱にあり、ほかの柱が酉ある場合は死となります。
吉凶が目まぐるしく変わる運勢の波に飲まれていくでしょう。後悔を捨てることで、光が見えます。

丁巳と墓

丁巳が日柱にあり、ほかの柱に戌がある場合は墓となります。
周囲には理解されにくいですが、新たな挑戦を開始するでしょう。先見の明があり、結果は勝利につなげられそうです。

丁巳と絶

丁巳が日柱にあり、ほかの柱に亥がある場合は絶となります。
本来の能動的な性質を抑え、周りに合わせることで成果を上げられるでしょう。環境の変化への対応は、上手くできそうです。

丁巳の四柱推命の性格を知り、運勢を高めよう!

丁巳を日柱にもつ人の2020年の運勢、性格、特徴に相性、人生の流れも含め、四柱推命で解説してきました。
丁巳は異常干支であることから、もともと運勢が波打つ傾向にあります。
そこへ空亡が加わるのですから、より複雑になっていくのが当然でしょう。
ただ、これは四柱推命のほんの入り口にすぎません。
あくまでもヒントの一部なので、良い悪いに振り回られないように、占いを上手に使いましょう。

丁巳の四柱推命まとめ

  • 異常干支というのは、悪いことではなく個性が強いのだと考えれば、活かす道はあるはずです。
  • 本来は自分の考えで行動するタイプですが、2020年、2021年は周りの流れに合わせて行きましょう。それが空亡の年を乗り越える秘訣です。
  • 空亡の年というだけでなく、十二運で絶を迎えるため、体力面では恵まれていません。出費が多くなりがちなことも考え、休みの日は出掛けるより家で過ごした方が良さそうです。

関連記事

アクセスランキング