甲子(きのえね)の性格と特徴について解説!2020年の甲子の運勢

甲子(きのえね)の性格と特徴について解説!2020年の甲子の運勢

東洋占術の中で、もっとも有名な四柱推命。生年月日に時間を加えた4本の柱で運勢がみられる優れた占術です。その基礎知識となる干支をまずは説明していきます。今回は甲子(きのえね)の性格と特徴、2020年の運勢にについて解説。奥深い四柱推命の入り口に立ってみましょう。

コンテンツ [表示]

  1. 1甲子(きのえね)の特徴とは?
  2. 1.1甲子の女性の性格
  3. 1.2甲子の男性の性格
  4. 2甲子の四柱(年柱・月柱・日柱・時柱)
  5. 2.1甲子を年柱にもつ人
  6. 2.2甲子を月柱にもつ人
  7. 2.3甲子を日柱にもつ人
  8. 2.4甲子を時柱にもつ人
  9. 3甲子と十二運星の組み合わせ
  10. 3.1胎×甲子
  11. 3.2養×甲子
  12. 3.3長生×甲子
  13. 3.4沐浴×甲子
  14. 3.5冠帯×甲子
  15. 3.6建禄×甲子
  16. 3.7帝旺×甲子
  17. 3.8衰×甲子
  18. 3.9病×甲子
  19. 3.10死×甲子
  20. 3.11墓×甲子
  21. 3.12絶×甲子
  22. 4甲子の2020年の運勢は?
  23. 5甲子の相性 
  24. 5.1甲子の良い相性
  25. 5.2甲子の悪い相性
  26. 6まとめ

甲子(きのえね)の特徴とは?

四柱推命おじさん

四柱推命おじさん

年柱、月柱、日柱、時柱の4つの柱で占う四柱推命。
まず、性格に色濃く反映する日柱に出ている干支から占っていきますね。
今回は甲子(きのえね)をもつ人です。

甲子の性格
甲子の人は、穏やかだが、自己表現が苦手な空気が読める人。

甲子(きのえね)の人は仲間にいると、中和剤のような役割を果たす特徴があります。

もともと持っている穏やかな雰囲気もありますが、周囲に気づかれないように空気を読んで行動することが出来るからです。

ただし、自己表現が得意ではありません。付き合いが長くなっても、なかなか心を開かず「何を考えているかわからない」と思われることもあるでしょう。

甲子の女性の性格

甲子を日柱にもつ女性は、おっとりとした雰囲気をもち周りの空気を穏やかにするでしょう。

頭は良いのですが広い知識をもつというよりも、限られた世界を掘り下げたいタイプです。純粋な心をもち、一本気なところもあります。

自分の中に理想像があり、その通りに行動しようとします。近所のコンビニへ行くだけでも、身支度を整えていくようなところがあるでしょう。いつ会っても崩れたところを見せない女性です。

甲子の男性の性格

甲子を日柱にもつ男性は、おしゃれな人が多いでしょう。

倹約家な面もあるので高いものを身につけるというより、自分になにが似合うかがわかっているセンスを感じさせます。気持ちをとらえることが上手で、穏やかな口調で相手を引き込む話術があり、女性からの人気はかなり高いでしょう。

ただし警戒心をもち、なかなか相手に心を開きません。本音を知性でごまかすことが出来るため、長く付き合ってもつかみどころがないタイプでしょう。恋人にすると、心配が絶えない男性だといえそうです。

甲子の四柱(年柱・月柱・日柱・時柱)

では次に甲子が、それぞれの柱に出ている場合を説明していきます。
年柱は、幼いころの性格
月柱は、成人後から社会人になってからの性格
日柱は、一生を通じて変わらない部分。
時柱は、晩年の過ごし方

を表すものです。

甲子を年柱にもつ人

年柱に甲子をもつ人の幼年期は、周りの空気を読んでお行儀のよいタイプでしょう。仲の良い友達は少ないかもしれませんが、そのグループの中では存在感を発揮します。

甲子を月柱にもつ人

月柱に甲子をもつ人の青年期は、コツコツと努力を続けていき、自分の地位を築く人となるでしょう。組織の中で生きるタイプですが、自己主張が上手くないため上司に利用されないよう気を付ける必要があります。

甲子を日柱にもつ人

日柱に甲子をもつ人が、一生持ち続ける性格は自己評価の低さです。周囲からは評価されますが、それを素直に受け止めることはありません。ただし、それが努力を積み重ねる利点に繋がっているのです。決断するポジションより、サポート役やアイデアを出すなど狭い範囲での方が活躍できるでしょう。

甲子を時柱にもつ人

時柱に甲子をもつ人の晩年は、環境によってふり幅が大きいでしょう。年老いたことで肉体的にも自信がなくなり、決断力がない特徴が強く出てしまうからです。自分の意志より、周りの環境によって変わっていく晩年となるでしょう。

関連記事