甲寅(きのえとら)の性格と特徴について解説!2020年の甲寅の運勢は?

甲寅(きのえとら)の性格と特徴について解説!2020年の甲寅の運勢は?

甲寅(きのえとら)を日柱にもつ人の2020年の運勢を、四柱推命で男女それぞれの性格や相性も加えて解説。また、特徴や運気にも絡む十二運にも目を向けてみました。自分だけでなく、友人や恋人に甲寅生まれの人がいれば、個性だけでなく、運気の流れをつかめるはずです。

コンテンツ [表示]

  1. 1甲寅(きのえとら)の2020年の運勢は?
  2. 1.12020年の甲寅は沐浴、空亡年
  3. 1.2空亡の年の過ごし方
  4. 2甲寅の相性
  5. 2.1甲寅の良い相性
  6. 2.2甲寅の悪い相性
  7. 3甲寅(きのえとら)の特徴と性格とは?
  8. 3.1甲寅の女性の性格
  9. 3.2甲寅の男性の性格
  10. 4甲寅の四柱推命と性格
  11. 4.1甲寅を年柱にもつ人の性格
  12. 4.2甲寅を月柱にもつ人に性格
  13. 4.3甲寅を日柱にもつ人の性格
  14. 4.4甲寅を時柱にもつ人に性格
  15. 5甲寅と十二運星の組み合わせ
  16. 5.1甲寅と胎
  17. 5.2甲寅と養
  18. 5.3甲寅と長生
  19. 5.4甲寅と沐浴
  20. 5.5甲寅と冠帯
  21. 5.6甲寅と建禄
  22. 5.7甲寅と帝旺
  23. 5.8甲寅と衰
  24. 5.9甲寅と病
  25. 5.10甲寅と死
  26. 5.11甲寅と墓
  27. 5.12甲寅と絶
  28. 6甲寅の四柱推命の性格を知り、運勢をを高めよう!

甲寅(きのえとら)の2020年の運勢は?

四柱推命おじさん

四柱推命おじさん

四柱推命で51番目の干支、甲寅(きのえとら)の性格と特徴について解説していくことにしましょう。
2020年の甲寅は、子丑空亡ですから今年から来年にかけて年運が空亡になります。
空亡とは、陰陽五行を由来とする算命学では天中殺、六星占術でいうところの大殺界です。

六星占術ではかなり運気の悪い年といわれ、名称も「殺」という文字が入るため恐い印象をもつ人もいるでしょう。
ただ、同じ陰陽五行を由来とする四柱推命が同じ解釈というわけではありません。

それらも加えて男性、女性別に周囲へ与える印象、日柱に出ているだけでなく、ほかの柱に甲寅がある場合も紹介!
十二運にも触れていきます。

2020年の甲寅は沐浴、空亡年

2020年の干支は庚子となります。甲寅を日柱にもつ人にとっては、沐浴の年であり年運は空亡へ入っています。

甲寅の2020年は、精神的には厳しくても現実面では助けられることが多い年です。とくに甲寅の女性は、仕事運が好調で周囲との関係も良くなり流れがでてきます。男性も悪くはありませんが、守りに徹した方がいいでしょう。

プライベートでは男女ともよく、出会いに恵まれる年です。男性は自分より年齢が上の女性からの人気が高まり、恋愛に発展することもありそうです。

空亡の年の過ごし方

空亡は年だけでなく、月にもあります。
陰陽五行を由来とする四柱推命では、子が12月、丑は1月を表しますから、甲寅の人は2019年の12月から空亡へ入り、それを終えた2月に年運の空亡へという流れになっているのです。とはいえ、干支が+になる甲の空亡の予兆は2019年から始まっているため、やや運気の馴染んでいるといえるでしょう。

陰陽五行を由来とする四柱推命では、男女にも+と-があるため、運気も吉凶が性別によりわかれるところがみられます。ただ共通しているのは、簡単にいえば常識と逆のところが起きやすいのです。恋愛に例えると、男性なら自分より年齢が下、女性であれば年下が常識的でしょう。ただ、空亡の恋愛の場合は男性は年齢が上からの人気が上がり、女性は年下からモテるようになります。

空亡は悪いというイメージがありますが、そんなことはありません。仕事であれば適職以外の副業で成功するなど、運勢に普通の年とは違う意外性がみられるのです。流れが思うように読めないのが空亡の特徴だといえるでしょう。ただ共通しているのは、自分本来の運気ではないため、無理をすると体調が悪化しやすいというところです。これは、男女に共通していることなので注意しましょう。

甲寅の相性

四柱推命おじさん

四柱推命おじさん

51番目の干支、甲寅を日柱にもつ人は、どの干支の人と相性が良いのでしょう。

2020年の運勢は、空亡です。
この空亡は人間関係にも影響を与えます。
空亡を例えるなら、自分を守っている壁がない状態といってもいいでしょう。
そのため、自分の意思よりも相手の勢いが強く、どんな人でも近付けてしまう傾向が出やすいのです。
敵味方入り乱れ、それを遮ることができません。
ただ、相性の悪い人がわかっていれば、上辺だけの付き合いをすることは可能です。
2020年の四柱推命の相性は、だれと表面上の付き合いをすればいいかを教えてくれます。

甲寅の良い相性

甲寅と相性が良いのは、以下の干支を日柱にもつ人となります。

最初はなかなか理解し合えませんが、一度わかり合えば絆が深まるのは己亥の人です。
長い付き合いができるようになるでしょう。
また2020年は散財傾向にあるので、現実面で助けてくれるのは己丑の人になります。

ほかに相性が良いのは、戊寅、壬午、丙戌、丙午、壬戌の人です。

甲寅の悪い相性

甲寅と相性が悪いのは、以下の干支を日柱にもつ人となります。

もっとも気を付けたい相手は、戊申と庚申の人です。
この人たちとの付き合いは、現実的なトラブルが多くなるでしょう。
ほかにも、辛巳、戊子、辛酉の人は要注意です。

空亡の年は、壁がないため相手にペースに飲まれがちになりやすくなります。
恋流を断つのは、空亡年だけに難しいでしょう。
ただ、2020年から再来年の2月頭までは、仕事やプライベートどちらかだけの付き合いにしていきましょう。

次のページ

甲寅(きのえとら)の特徴と性格とは?

関連記事

angelnumber

アクセスランキング