デジャヴとは?その原因や使い方、スピリチュアルな意味について解説します

デジャヴとは?その原因や使い方、スピリチュアルな意味について解説します

今までに経験したことがないことを過去に経験したかのように感じるのがデジャヴです。デジャヴについてはまだ謎が多いですが、長年の調査により分かってきたこともあります。今回はデジャヴに関わる人体の仕組みについてやスピリチュアルな意味について解説します。

コンテンツ [表示]

  1. 1デジャヴとは?
  2. 1.1デジャヴの語源
  3. 1.2デジャヴの対義語
  4. 1.3デジャヴの使い方と例文
  5. 2デジャヴが起こる原因
  6. 2.1無意識の記憶
  7. 2.2脳の機能障害
  8. 2.3左右の目の視覚の差
  9. 2.4予知能力・シックスセンス
  10. 3デジャヴが起こるスピリチュアルな意味
  11. 3.1魂の記憶
  12. 3.2ハイヤーセルフからのメッセージ
  13. 4デジャヴが多い人とはどんな人?
  14. 4.1脳が健康な若い人
  15. 4.2ストレスが多い人
  16. 4.3感受性が豊かな人

デジャヴが起こるスピリチュアルな意味

デジャブが起きるスピリチュアルな意味について見ていきましょう。

魂の記憶

私たちの魂は試練を乗り越え、カルマを解消するために転生を繰り返しています。基本的に前世の記憶は残っていませんが、強烈な体験は魂に刻まれていることがあります。そして、その体験が刻まれた時と似た状況では、魂の記憶がデジャブとなってよみがえるのです。

このため、デジャブは前世と同じ過ちを繰り返さないようにとの魂からの警告の場合や、逆に正しい選択をできた祝福の場合があると解釈できます。デジャブを感じたときは、今の自分を振り返ってみましょう。
 

ハイヤーセルフからのメッセージ

Photo byComfreak

デジャブを感じる場所に行ったり、人に会ったりして心地よいときは、ハイヤーセルフからのメッセージが隠れていることがあります。そのような体験をしたとき、ハイヤーセルフはあなたに、「正しい場所に来ましたよ」「会うべくして会う人に出会いました」と教えてくれているのです。デジャブにより心地良い状態を感じたときは、その感覚を大切にしましょう。

デジャヴが多い人とはどんな人?

Photo bysasint

長年の調査によって、デジャブが起きやすい人にはある傾向があることがわかりました。その傾向についてご紹介します。

脳が健康な若い人

デジャブは年齢を重ねた人より、脳が健康で若い15~25歳の人に多いことが調査で分かっています。この年代は多感で人生の経験値がまだ少ないため、ストレスがかかりやすく、夢見がちな年代です。このような条件が現実とは違う脳内記憶を作り出しやすく、デジャブを感じやすいと言われています。

ストレスが多い人

ストレスが多い人ほど、デジャブを体験しやすいことも調査で分かっています。このストレスとは、大きな病気や怪我、産前中後、仕事でのプレッシャーなど肉体的のみならず精神的なストレスも含まれます。ストレスにより脳が疲弊すると、記憶に混乱が起こりデジャブを感じやすくなると考えられています。

感受性が豊かな人

芸術家や読書家、周囲に対して過敏な人など感受性が高い人は、デジャブを感じやすいと言われています。感受性が豊かであると、環境や周囲の人々に影響を受けやすく、ストレスがかかりやすくなります。また、感受性が高い人は、内的思考性や想像力も高く、現実以外の記憶を作り出しやすい傾向にあります。このような素質がデジャブを生み出しやすくなります。

デジャヴとは?原因や使い方・スピリチュアルな意味のまとめ

  • デジャブは未経験のことを過去に経験したことがあると感じることである
  • デジャブの反対語はジャメブで、ともに語源はフランス語である
  • デジャブの起きる原因として考えられているのは、脳の無意識の記憶・脳機能の障害・左右の目の資格の差・予知能力などである
  • デジャブが起きやすい人は若く健康な人・ストレスの多い人・感受性豊かな人などである

関連記事

アクセスランキング