>> セレスティアのスピリチュアル情報をお届け! <<

【タロット】太陽の正位置・逆位置の意味について解説!

【タロット】太陽の正位置・逆位置の意味について解説!

タロットカードの大アルカナの19番目の太陽のカードには、自由さや無邪気などが表され、素晴らしい未来が待っていることも教えてくれます。タロットの絵柄が示すように、太陽のカードが出た時にはあなたも光輝く事が出来るでしょう。今回はカードの持つ意味をご紹介します。

太陽の基本的な意味

リーディングのキーワード

太陽が照りつけている山の頂
タロットカードの太陽も日差しが燦々と降り注ぎます。

タロットカードの大アルカナの19番目は「太陽」です。太陽の光が降り注ぐ様は、正にサンシャワーですね。太陽のカードが出た場合、あなたの道もまた煌々と照らされるような毎日が待っているでしょう。太陽のようにあなたの人生も光り輝いてくれます。尊い太陽の光が降り注ぐように、望んでいた未来も手に入れる事が出来、別れてしまった相手とも復縁出来るのが太陽=サンのパワーでもあります。大アルカナのカードでも、出て欲しいカードNo.1とも言えますね。
では、太陽のカードのリーディングキーワードですが、以下のようなものがあります。

  • 成功や幸福などが手に入るようになります。
  • 妊娠や誕生など生誕に関わります。
  • 目標を達成する事が出来ます。
  • スランプがやってくる可能性があります。
  • 子供をおろしてしまう可能性もあります。
  • 挫折感を味わう事があります。
  • 逃げる事を意味します。

関連した数字

19の数字が描かれたプレート
太陽は19番目の大アルカナカードです。

太陽=サンのカードは、大アルカナの中でも19番目に位置します。太陽の後には2種類の大アルカナがありますが、19番目で終わっても良いのでは?と思えるほどの完成されたタロットカードでもあります。また、太陽のカードには「双子」のイメージもあり、タロットカードでも「マルセイユ版」と「ウェイト版」では絵柄が変わってはいるものの、19と言う数字は双子のシンボルとも言われています。双子はある意味対立の関係にありますが、それを統括しているのが太陽のカードなのです。

太陽の寓意画について

真っ赤に輝く太陽
大きく輝く太陽

大アルカナの19番目が太陽のカードになりますが、絵柄を良く見てみますと、太陽の他に子供が描かれているのがわかります。白い馬にまたがった子供の上に燦々と輝く太陽、背景には向日葵が咲き、これは何も隠す物がないことを意味しています。マルセイユ版かウェイト版かによって、人数は違いますが、どちらも子供が裸で描かれています。何故子供が描かれているかと言えば、まず隠すものがない子供が描かれていることによって、純真さや自由な心、無邪気さも意味しているからです。太陽の力強さと純真な子供の心によって、パワーが最大限に活かされているのですね。

太陽の意味の解釈

太陽が正位置で出たときの意味

未来を象徴する太陽の光
明るい未来を意味します。

太陽のカードでは、カードに描かれている子供のように純粋な心を持ち続ければ、明るい未来が待っている事を暗示しています。無邪気な心を持つと言う事は、何でも受け入れられると言う事でもあります。ですから、無邪気に何もかも吸収していくことで、太陽=サンのように輝ける未来が待っている事を教えてくれているのですね。もし今の時点で夢や希望は、持っていなくても、新しく夢などを作れば、子供の頃に思い描いていた夢を形にする時が訪れるでしょう。ポジティブな運気に包まれることで、あなた自身も周りの人も太陽のように明るく過ごすことが出来ます。太陽のカードが出たと言う事は、あなたの未来も光輝くことを意味しているのですね。

太陽が逆位置で出たときの意味

窮屈そうにしている男性
窮屈な環境に置かれる可能性があります。

太陽のカードは素晴らしいカードなのですが、逆位置の場合は少し悪い意味に取れることもあります。例えば、逆位置が出たとすればあなたが「窮屈な環境に置かれている」事を示しています。もし窮屈な状態になったとしても、すぐにそれを解消は出来ないので、まずは一つ一つ足場を固めて行くことが必要になります。もし先が見えなくて不安になった時には、スタート地点を思い起こして下さい。今の環境に置かれる前の純真な心を取り戻すことが出来れば、また新しいスタートを切る事も可能となります。太陽のカードの純粋さを失わないように、逆位置の場合でも焦らず、まずは初心を思い出すことが大切です。

セレスティアの無料タロット占い

友だち追加

記事を評価する

記事を評価しよう

関連記事