逃げ癖が治らない人の心理とは?逃げる癖を克服する方法はあるの?

逃げ癖が治らない人の心理とは?逃げる癖を克服する方法はあるの?

いつもやるべきことがあるのにうまく向き合えずに現実逃避する人は、逃げることが癖になっているといえるでしょう。逃げ癖のある人にはどのような心理が働いていたり、どのような特徴があったりするのでしょうか?うまく克服する方法とともに逃げ癖のある人について見ていきます。

コンテンツ [表示]

  1. 1逃げ癖とは?
  2. 1.1仕事での逃げ癖
  3. 1.2恋愛での逃げ癖
  4. 1.3どうして逃げ癖は出るのか?
  5. 2逃げ癖のある人の心理について
  6. 2.1責任を負いたくない
  7. 2.2自分のせいだと思われたくない
  8. 2.3成功した場合よりも失敗した場合を意識する
  9. 2.4プレッシャーを感じたくない
  10. 2.5楽したい/縛られたくない
  11. 3逃げる癖がある人の特徴
  12. 3.1言い訳が多い
  13. 3.2野望や覚悟がない
  14. 3.3自尊心が低い
  15. 3.4自分に自信がない
  16. 4逃げ癖を治す/克服するには?
  17. 4.1覚悟を決める/退路を断つ
  18. 4.2早め早めに行動する
  19. 4.3完璧を求めすぎない
  20. 4.4物事を一つ一つクリアしていく
  21. 4.5ポジティブ思考でチャレンジしてみる
  22. 5逃げ癖から逃げずに向き合おう

逃げる癖がある人の特徴

フードを目深にかぶって考え込む様子の男性
Photo byEngin_Akyurt

逃げ癖のある人の特徴とは?

逃げる癖の心理には責任を取りたくなかったり楽をしたいと感じたりする気持ちがあります。そのような気持ちを持つ彼らの特徴とは具体的にどのようなものなのでしょうか?

言い訳が多い

口をとがらせ電話中の男性
フリー写真素材ぱくたそ

逃げ癖の多い人は言い訳の多さまで目立つ

逃げる癖の強い人はとかく言い訳が多い特徴が際立っています。例えば仕事の中で何かミスをして責任を追及されたときも、潔く責任を認めるのではなく自分が傷つかないように言い訳を探す傾向です。ひどい場合は精神面の病気さえも理由にし、いわゆる逆ギレをする傾向があります。

野望や覚悟がない

腕を組み胸を張る女性
Photo byFotografieLink

残念ながら逃げ癖のある人は野望とは無縁である

逃げる癖の目立つ人は野望や覚悟がないことも特徴にあげられます。言い換えれば非常に大人しく覇気(はき)がない性質です。これも野望や覚悟を持つことで責任感の求められる仕事や課題を背負うことが恐ろしいためです。だからこそ余計な野心を持とうとせず、むしろ無難を求めて受け身になりやすいといえます。

自尊心が低い

体が塵のように徐々に消えていく女性
Photo byShiftGraphiX

逃げ癖が目立つ人は自尊心が低くなりがち

逃げ癖が目立つ人は自尊心が低いのも大きな特徴といえます。そのために主体的に考えたり判断したりすることを避ける傾向にあり、より深刻な場合は全てを他人任せにする依存的な態度さえ取ります。だからこそ大きな目標を持つような向上心とも縁遠くなっている状態なのです。

自分に自信がない

座り込んで両手を目に当てる女性
Photo by1388843

自信がないのは逃げ癖のある人の典型的な特徴

逃げ癖の際立つ人は自信も喪失している傾向が強いのです。これは幼少期より独自の考え方や言動を否定されることが多かったり、自分で何かを成功させた経験が少なかったりする点が理由といえます。このため自己肯定感も軒並み低く、仕事で大事な案件を任されそうになったときなどは「自分にできるのか」という不安が大きすぎて能力のなさや病気を言い訳にして逃げてしまいがちです。

逃げ癖を治す/克服するには?

拳を握る男性
Photo byFotorech

逃げ癖を克服するにはどうすればいいのか?

逃げる癖の際立つ人の心理状態や特徴を見てきましたが、いやなことは避けて通る自分に嫌悪感を抱いたり何とかしたいと思っていたりする方は多いのではないでしょうか。実は逃げ癖は治すことも克服もできる病気のような性質なのです。ここでは逃げ癖を治す手段や克服の方法を見ていきます。

覚悟を決める/退路を断つ

笑顔でこちらを指さす男性
フリー写真素材ぱくたそ

覚悟を決めるだけでも逃げ癖を治すことにつながる

逃げ癖を治すためには、一見すると精神論のようですが、目の前の課題や仕事をやり通す覚悟を決めたり退路を断ったりすることが重要です。逃げる癖の目立つ人は逃げれば何とかなると思ってしまいがちですが、あえてこれ以上逃げられない状態に追い込むことで課題に立ち向かう覚悟が生まれます。そしてそれをこなすことで自信が付くようになるのです。

早め早めに行動する

イヤホンをつけて屋外をジョギング中の女性
Photo byStockSnap

早めの実行は非常に効果的

なるべく早めの行動も逃げ癖を治すことや克服につながります。基本的に逃げ癖の強い人は人一倍不安が強く、取り組む前にさっさと逃げてしまいがちだからです。しかし一度行動に移してしまえば終わるまで逃げられない場合がほとんどのため、逃げ癖を治すことや克服を望むのであればすぐに行動に移しましょう。

完璧を求めすぎない

ノートパソコンを片手に笑顔の男性
フリー写真素材ぱくたそ

あえて完璧を求めないことも重要

逃げ癖や物事に対してサボり癖のある理由に、完璧主義な一面の存在もあります。これは幼少期に些細なミスさえも指摘されたり完璧にこなすことを求められたりした経験が多いためです。つまり、完璧さを求められることがプレッシャーとして立ちはだかるあまり、仕事などに取り組めずにサボり癖が付いてしまうのです。
このため目の前の課題に取り組む際には完璧を求めすぎないことも大事です。「100%ではなくても良いのだ」と安心して取り組むだけでも気が楽になります。

物事を一つ一つクリアしていく

マーカーでリストをチェック
Photo byTeroVesalainen

1つずつ物事をこなすことはとても実がある対処法

逃げ癖を治す、今から始められる方法に、物事を1つずつ着実にクリアしていくやり方が挙げられます。具体的には今の課題をリストアップしたうえで1つずつこなし、できたら印をつけていくやり方です。
こうすることで成功体験を「見える化」できて自信が付きます。特に病的な逃げ癖がある方の場合は、難易度の低い課題でもリストアップするのがおすすめです。

ポジティブ思考でチャレンジしてみる

サムズアップ
Photo bysweetlouise

逃げ癖を克服するうえでポジティブ思考は欠かせない

逃げ癖に限らず、誰であっても物事に取り組むにはポジティブ思考や、やり遂げる意志は欠かせません。自分にはできないと思ってしまいがちな特徴のある逃げ癖の際立つ人ですが、あえてやり遂げられると思い込んで果敢に挑んでみましょう。はじめは慣れないこともありますが、ポジティブになることに慣れさえすればいやな事にもあえて挑戦する勇気が出てきます。

逃げ癖から逃げずに向き合おう

白衣を着て拳を握り決意を見せる女性
フリー写真素材ぱくたそ

逃げ癖は克服できるため逃げないで向き合おう

逃げ癖は自信のなさや不安の大きさからくる病気のようなものです。特に実社会の中で逃げ癖やサボり癖がひどいと周囲の目も非常に冷たいものになります。病気に似た逃避やいやな事と向き合うのは辛く感じることのように見えますが、逃げ癖を治すことや克服は長い目で見れば人生に有益です。だからこそもう逃げることなく逃げ癖やサボり癖と向き合って治すようにしましょう。

逃げ癖のある人の心理や特徴、克服法

  • 逃げ癖は仕事や恋愛でよく見られる、やるべきことから現実逃避する癖のことです。
  • 逃げ癖の理由として、自信が無いあまりに自分を守ることで手一杯になるためです。
  • 逃げ癖の人の心理として、責任を負いたくなかったりプレッシャーを感じたくなかったり、課題に縛られたくなかったりします。
  • 逃げ癖の特徴として、言い訳が多い点や自尊心が低い点、自分に自信が無い点などが挙げられます。
  • 逃げ癖を克服する方法に、即行動に移すことや物事を着実にこなすこと、完璧さを求めないこと、ポジティブでいることなどが挙げられます。

関連記事

angelnumber

アクセスランキング