甲寅(きのえとら)の性格と特徴について解説!2020年の甲寅の運勢は?

甲寅(きのえとら)の性格と特徴について解説!2020年の甲寅の運勢は?

甲寅(きのえとら)を日柱にもつ人の2020年の運勢を、四柱推命で男女それぞれの性格や相性も加えて解説。また、特徴や運気にも絡む十二運にも目を向けてみました。自分だけでなく、友人や恋人に甲寅生まれの人がいれば、個性だけでなく、運気の流れをつかめるはずです。

コンテンツ [表示]

  1. 1甲寅(きのえとら)の2020年の運勢は?
  2. 1.12020年の甲寅は沐浴、空亡年
  3. 1.2空亡の年の過ごし方
  4. 2甲寅の相性
  5. 2.1甲寅の良い相性
  6. 2.2甲寅の悪い相性
  7. 3甲寅(きのえとら)の特徴と性格とは?
  8. 3.1甲寅の女性の性格
  9. 3.2甲寅の男性の性格
  10. 4甲寅の四柱推命と性格
  11. 4.1甲寅を年柱にもつ人の性格
  12. 4.2甲寅を月柱にもつ人に性格
  13. 4.3甲寅を日柱にもつ人の性格
  14. 4.4甲寅を時柱にもつ人に性格
  15. 5甲寅と十二運星の組み合わせ
  16. 5.1甲寅と胎
  17. 5.2甲寅と養
  18. 5.3甲寅と長生
  19. 5.4甲寅と沐浴
  20. 5.5甲寅と冠帯
  21. 5.6甲寅と建禄
  22. 5.7甲寅と帝旺
  23. 5.8甲寅と衰
  24. 5.9甲寅と病
  25. 5.10甲寅と死
  26. 5.11甲寅と墓
  27. 5.12甲寅と絶
  28. 6甲寅の四柱推命の性格を知り、運勢をを高めよう!

甲寅と十二運星の組み合わせ

四柱推命で運気を見る場合、十二運も重要な要素となります。
日柱の甲寅を中心にほかの柱との組合せで現れる十二運をみていきましょう。

  • 年柱は、親や上司など目上の人との関係。
  • 月柱は、仕事運や結婚運、家庭運と他者との関わり。
  • 時柱は、目下や子供、部下との関係。
それぞれの年齢域も頭に入れて、読んでみてくださいね

甲寅と胎

甲寅が日柱にあり、ほかの柱に酉がある場合は胎となります。
力みが出やすく、性格的にキツイ面が出やすいときです。オンオフの切替えを意識すると、流れは良くなります。

甲寅と養

甲寅が日柱にあり、ほかの柱に戌がある場合は養となります。
目標が高くなるだけに、困難にぶつかることが多くなるでしょう。しかし、努力でそれを乗り越えていきます。

甲寅と長生

甲寅が日柱にあり、ほかの柱に亥がある場合は長生となります。
他人の才能を見出すことができるでしょう。適材適所に人を配置し、成果が上げられる環境を整えていきます。

甲寅と沐浴

甲寅が日柱にあり、ほかの柱に子がある場合は沐浴となります。
運の流れは意外なところで好転していくでしょう。異性、年上の人がキーパーソンになります。

甲寅と冠帯

甲寅が日柱にあり、ほかの柱に丑がある場合は冠帯となります。
適職ではない仕事に就いても、努力で乗り切っていくでしょう。評価の高まりに、戸惑うことがありそうです。

甲寅と建禄

甲寅が日柱にあり、ほかの柱に寅がある場合は建禄となります。
魅力が高まり、異性との出会いに期待が高まるときです。仕事でも人脈がチャンスを運んできてくれます。

甲寅と帝旺

甲寅が日柱にあり、ほかの柱に卯がある場合は帝旺となります。
交友関係が広がり、楽しい気分で日々を過ごせるでしょう。恋愛にも発展が期待できます。

甲寅と衰

甲寅が日柱にあり、ほかの柱に辰がある場合は衰となります。
行動は抑えられますが、内面の活動は激しさを増していくでしょう。クリエイティブな才能として出てくる場合もあります。

甲寅と病

甲寅が日柱にあり、ほかの柱に巳がある場合は病となります。
自分の意思を通すことにこだわると、トラブルを起こしやすいでしょう。体調の悪化を軽くみないことも大切です。

甲寅と死

甲寅が日柱にあり、ほかの柱に午がある場合は死となります。
感性が鋭くなっていくでしょう。だれもが踏み入れない分野で、新たなものを作り出す可能性を秘めています。

甲寅と墓

甲寅が日柱にあり、ほかの柱に未がある場合は墓となります。
結果を求めるより、準備に力を入れた方がいいでしょう。情報や知識を溜め込むことに比重を置きましょう。

甲寅と絶

甲寅が日柱にあり、ほかの柱に申がある場合は絶となります。
激しい運勢の波に飲まれやすいときです。悔いるより、前へ進む意識を高めましょう。

甲寅の四柱推命の性格を知り、運勢をを高めよう!

甲寅の四柱推命まとめ

  • 2020年は空亡です。自分の運勢とは違う流れになりますので、意志を通すよりも周りの意見に従った方が良い結果が得られます。
  • 2020年は、自分から仕掛けるのではなく受け身でいましょう。本来、甲寅は独立した方がいいタイプとはいえ、今年は自分から動かず、身近なところを大切にした方が良さそうです。
  • 旅行や引っ越し、転職など自ら動くのはやめましょう。逆に周囲からもたらされた環境の変化などには逆らわないのが、2020年から2年間の過ごし方です。
四柱推命のイメージ
四柱推命
四柱推命は、東洋占術の代表格です。陰陽五行をもとに、運気から性格、才能を総合的に読み解くことができます。一見難しそうですが、意味を理解すればとても便利な占いだと言っていいでしょう。そんな四柱推命をうまく利用するために、まずは、基礎的な知識を覚えておきましょう。

関連記事

アクセスランキング