庚申(かのえさる)の性格と特徴について解説!2020年の庚申の運勢は?

庚申(かのえさる)の性格と特徴について解説!2020年の庚申の運勢は?

庚申(かのえさる)を日柱にもつ人の2020年の運勢を、四柱推命で男女それぞれの性格や相性も加えて解説。また、特徴や運気にも絡む十二運にも目を向けてみました。自分だけでなく、友人や恋人に庚申生まれの人がいれば、個性だけでなく、運気の流れをつかめるはずです。

コンテンツ [表示]

  1. 1庚申(かのえさる)の2020年の運勢は?
  2. 1.12020年の庚申は死の年で空亡の1年目
  3. 1.2空亡年の過ごし方
  4. 2庚申の相性
  5. 2.1庚申の良い相性
  6. 2.2庚申の悪い相性
  7. 3庚申(かのえさる)の特徴と性格とは?
  8. 3.1庚申の女性の性格
  9. 3.2庚申の男性の性格
  10. 4庚申の四柱推命と性格
  11. 4.1庚申を年柱にもつ人の性格
  12. 4.2庚申を月柱にもつ人に性格
  13. 4.3庚申を日柱にもつ人の性格
  14. 4.4庚申を時柱にもつ人に性格
  15. 5庚申と十二運星の組み合わせ
  16. 5.1庚申と胎
  17. 5.2庚申と養
  18. 5.3庚申と長生
  19. 5.4庚申と沐浴
  20. 5.5庚申と冠帯
  21. 5.6庚申と建禄
  22. 5.7庚申と帝旺
  23. 5.8庚申と衰
  24. 5.9庚申と病
  25. 5.10庚申と死
  26. 5.11庚申と墓
  27. 5.12庚申と絶
  28. 6庚申の四柱推命の性格を知り、運勢を高めよう!

庚申(かのえさる)の2020年の運勢は?

四柱推命おじさん

四柱推命おじさん

四柱推命で57番目の干支、庚申(かのえさる)の性格と特徴について解説していくことにしましょう。

2020年の庚申は、子丑空亡ですから今年から来年にかけて年運が空亡になります。
陰陽五行を由来とする算命学では天中殺、六星占術でいうところの大殺界といわれる時期が、四柱推命では空亡となります。
ほかの占術での意味、文字面からは悪い印象しかありません。

庚申の年は政変などが起こりやすいといわれ、昔は改元をして防ごうとしたこともありました。
さらに庚申の日は、人の心が冷酷になるとか、民話の中には閻魔様に寿命を縮められるといった言い伝えもあるのです。
それを防ぐために、夜通し神仏を祀る庚申待(こうしんまち)という祭事を未だに行っている土地もあります。

ただ、神様として祀られている多くは元が悪霊の場合が多いのです。
悪霊はそれだけ威力が強いというのが理由ですから、縁起の悪い日に生まれたなど思わないようにしましょう。
そんな内容も加えて男性、女性別に周囲へ与える印象、日柱に出ているだけでなく、ほかの柱に庚申がある場合も紹介!
十二運にも触れていきます。

2020年の庚申は死の年で空亡の1年目

2020年の干支は庚申となります。庚申を日柱にもつ人にとっては、死の年です。加えて空亡の1年目になります。

運勢の勢いがなくなることを意味する十二運の死に、空亡が重なるため、なにかと流されやすくなってしまうのが2020年の特徴です。意志表示をすることが普段にも増して苦手となるため、断れず引き受けてしまうなど、ハードワークになりやすいので注意しましょう。

また、プライベートでは恋の出会いがあるものの、真剣さよりもプレイとして近寄ってくる異性が多めです。とくに、2020年はムードにも流されやすいので、雰囲気にのまれて誘惑に乗らないよう気を付けましょう。

空亡年の過ごし方

もって生まれた十二運が死であり、庚申の日のあまりうれしくない言い伝えや庚申待の祭事なども縁起が良いとはいえません。ただ、逆に考えると庚申の日に生まれた人は、そういう沈んだ運気の中で生まれた強運の持ち主ということにもなります。

空亡の年は、運が休んでしまうものです。しかし、もともとそのような運気に慣れもあり、強運で乗り越えてきた庚申の人にとっては、不運を感じない人も多いでしょう。とはいえ、影響は出ます。

とくに気を付けたいのは、ハードなスケジュールを組みがちなところです。責任感が強い庚申ですから、すべての計画をこなそうとするでしょう。無理をする性格だからこそ、2020年はゆとりをもつことが大切です。空白の時間を取って、休憩をしながら進むことを心掛けましょう。

庚申の相性

四柱推命おじさん

四柱推命おじさん

庚申を日柱にもつ人は、どの干支の人と相性が良いのでしょう。
空亡の年というのは、運の切替え時なため、環境だけでなく人間関係に変化が生まれる場合があります。
また意志が強くても、流されてしまうのも空亡の特徴です。
良い流れであればともかく、悪運に乗ってしまわないよう、四柱推命の相性をうまく利用していきましょう。

庚申は干支占いではサル年生まれとなります。

【干支】申年生まれの特徴や性格について解説しますのイメージ
【干支】申年生まれの特徴や性格について解説します
申(さる)年生まれの人は器用で好奇心旺盛と言われます。また賢く要領良い性格ですが、お調子者で飽きやすい一面もあるようです。この記事では、申年生まれの性格や恋愛傾向、特徴などを解説するほか、運気を向上させてくれる守護本尊についてもご紹介します。
【干支占い】2020年の申年の運勢 申年生まれの基本性格に関しても解説のイメージ
【干支占い】2020年の申年の運勢 申年生まれの基本性格に関しても解説
干支占いにおいて、申年生まれの2020年の運勢は好調ですが、環境の変化や物事の進み具合が早くて焦燥感に駆られそうです。この記事では申年生まれの人の2020年の運勢に加え、申年生まれの人の長所や短所、付き合い方を解説した取扱説明書は必見です。

庚申の良い相性

庚申と相性が良いのは、以下の干支を日柱にもつ人となります。

ゆったりと付き合えるのは、己丑と己未の人です。
お互いを助け合える付き合いができるでしょう。
また厳しい中でも成長させてくれる意味を持つ相性が乙巳の人です。
先々に成長へつながる相手なので、避けないようにしましょう。

ほかにも、丁卯、丁亥、壬辰、戊申、壬子の人とは良好な関係我築けるでしょう。

己丑(つちのとうし)の性格と特徴について解説!2020年の己丑の運勢のイメージ
己丑(つちのとうし)の性格と特徴について解説!2020年の己丑の運勢
己丑(つちのとうし)を日柱にもつ人の2020年の運勢を、四柱推命で男女それぞれの性格や相性も加えて解説。また、特徴や運気にも絡む十二運にも目を向けてみました。自分だけでなく、友人や恋人に己丑生まれの人がいれば、個性だけでなく、運気の流れをつかめるはずです。
己未(つちのとひつじ)の性格と特徴について解説!2020年の己未の運勢は?のイメージ
己未(つちのとひつじ)の性格と特徴について解説!2020年の己未の運勢は?
己未(つちのとひつじ)を日柱にもつ人の2020年の運勢を、四柱推命で男女それぞれの性格や相性も加えて解説。また、特徴や運気にも絡む十二運にも目を向けてみました。自分だけでなく、友人や恋人に己未生まれの人がいれば、個性だけでなく、運気の流れをつかめるはずです。

庚申の悪い相性

庚申と相性が悪いのは、以下の干支を日柱にもつ人となります。

空亡の年ということで、より気を付けたいのが丙寅を甲寅の人です。
トラブルを押し付けられるなど、ストレスがかかるだけなので注意しましょう。
ほかにも、甲戌、甲午、丙午の人とは結果的に辛い思いをすることになるので、避けた方が良さそうです。

丙寅(ひのえとら)の性格と特徴について解説!|60干支|2020年の丙寅の運勢のイメージ
丙寅(ひのえとら)の性格と特徴について解説!|60干支|2020年の丙寅の運勢
丙寅(ひのえとら)の2020年の運勢を四柱推命でみる場合、始まりは節分のあととなります。その2020年を良い年とするように、性格や能力など自分のことを知り、準備をして迎えるようにしましょう。とくに正確に反映するといわれる、日柱の丙寅を中心に解説していきます。
甲寅(きのえとら)の性格と特徴について解説!2020年の甲寅の運勢は?のイメージ
甲寅(きのえとら)の性格と特徴について解説!2020年の甲寅の運勢は?
甲寅(きのえとら)を日柱にもつ人の2020年の運勢を、四柱推命で男女それぞれの性格や相性も加えて解説。また、特徴や運気にも絡む十二運にも目を向けてみました。自分だけでなく、友人や恋人に甲寅生まれの人がいれば、個性だけでなく、運気の流れをつかめるはずです。

次のページ

庚申(かのえさる)の特徴と性格とは?

関連記事

アクセスランキング