>> セレスティアのスピリチュアル情報をお届け! <<

鮫島事件の真相に迫る!2chで生まれた事件の真実を考察する

鮫島事件の真相に迫る!2chで生まれた事件の真実を考察する

2ちゃんねるのタブーと言われて避けられている「鮫島事件」の真相に迫ります。「鮫島事件」のキーワードとしてあがる「鮫島スレ」や「血の16枚の画像」など鮫島事件に関することを徹底的にまとめました。鮫島事件の真相とは一体なんなのでしょうか。

伝説の鮫島事件とは?

伝説の鮫島事件とは

誰も話したがらないため真相が不明のまま歳月が経っている「鮫島事件」を徹底的にまとめていきます。「鮫島スレ」と一部のユーザーが認識しているスレッドが誕生した理由などタブーとして扱われている真相を紐解いていきます。

2chなどのリアルな生活とは違う、お互いの顔が全く見えないインターネットならではの話はとても多く存在します。しかし、これほどタブーといわれ2ちゃんねるユーザーから恐れられている話は珍しいです。また、鮫島事件が起こった当初乱立していたスレッドもまとめて削除されており、2ちゃんねるの管理者もタブーとしていることが伺えます。

始まりは2chの「鮫島スレ」から

始まりは2chの「鮫島スレ」から

タブーとされている鮫島事件から何年も経ったあとに再び「鮫島スレ」が作成されました。昔2chを利用していなかったユーザーはもちろん、昔から2chを利用していたユーザーまで多くの人の興味を引き付け再び話題になりました。

また、このスレッドではタブーであることに触れる以外にも「誰かが来た、今日は誰も来ないはずなのに」や「早く逃げろ。早くにg」など2chに投稿したのを最後に、鮫島スレに投稿をしなくなった人もいます。

鮫島事件孤島説

鮫島事件孤島説

この事件は鹿児島の鮫島という孤島で発生した事件という説をまとめました。この説は孤島である鮫島を訪れた5人の行方が分からなくなったというところから始まります。5人は遊ぶためにこの島を訪れており、行方が分からなくなった当初発見されず、半年後に4人だけ発見されるという展開になります。

4人の遺体が発見されたのちに、「鮫島にいる」という謎の投稿が確認されています。その後、再び捜索隊が島に入ると最後の1人の遺体が発見されました。最後の1人が発見された際、遺体には謎の殴られたような形跡が発見されたそうです。

掲示板に「鮫島にいる」と書き込んだ人物と遺体で発見された人物が同じ人物なのかが大きく注目されましたが、この時代2ちゃんねるはIPアドレスを記録しておくというシステムを取り入れていませんでした。そのため、この書き込みが同一人物なのか真相を知ることはできませんでした。

誰もが口を閉ざす「血の16枚の画像」とは?

誰もが口を閉ざす「血の16枚の画像」とは?

2chの誰も触れてはいけないこの事件には「血の16枚の画像」とうワードが深く関係しています。「血の16枚の画像」とは鮫島事件孤島説とは異なる鮫島事件集団リンチ説に登場してており、鮫島という人物をリンチする際に実況していたスレッドが関係しています。そのスレッドには16枚の画像が投稿されており、そのことを血の16枚の画像といいます。

「血の16枚の画像」にはかなりの血が映っているなど、とてもグロテスクな画像だったと噂されています。しかし、現在この画像に関していくら検索しても見つかることはありません。

鮫島事件で血の16枚の画像を投稿した背景には「こげんたちゃん事件」が存在していました。「こげんたちゃん事件」とは、自宅のマンション内で野良猫を殺害しインターネット上に公開した事件でした。血の16枚の画像はこげんたちゃん事件を真似して投稿されたものと噂になっています。

鮫島事件集団リンチ説

鮫島事件集団リンチ説

鮫島事件は集団リンチであるという説をまとめました。リンチ計画を持ちかけたeomと名乗る人物が20人の仲間を集め、鮫島という人物をを集団で暴行したというものです。この事件で鮫島が死亡しています。

鮫島がeomらに殺害される様子はeomらによってスレッドに逐一書き込まれており、当時インターネット上にいた人たちは衝撃を受けました。しかしこの事件はここで終わるわけではありません。

実は、eomらが殺害した人物は鮫島ではなく全く違う人物だったのです。

鮫島はスレッドの存在により自身の殺害計画が企てられており、実行されたことを知ります。鮫島は自分を殺そうとした人物の住所など個人情報を特定し、2人を殺害しました。それでもeomらの怒りが収まらない鮫島は「鮫島スレに関与した者は皆殺しにしてやる」と殺気に満ちた内容を投稿しており、鮫島スレを見ていた多くの2chユーザーは怯えました。

eomは鮫島に殺されると命の危機を感じ、警察に一連の事件について自首しました。しかし、当時は今ほどネットが普及しいなかったためか警察が対応できず、警察はこの事件を普通の殺人事件として処理し、殺害されるに至った経緯を無視しました。
 

鮫島はなぜ憎まれた?

鮫島はなぜ憎まれた?

なぜ鮫島が憎まれ、狙われたのでしょうか。鮫島が狙われた理由をまとめました。鮫島は以前から違法なビデオの販売していたと言われています。また、鮫島の販売していた違法ビデオはかなり残酷なものであり、女の子をレイプし殺害するまでの映像だったと言われています。そのため、鮫島の販売していた違法ビデオは非常に評判が悪かったようです。

警察の公安が鮫島事件の隠蔽を図っていた?

警察の公安が鮫島事件の隠蔽を図っていた?

鮫島集団リンチ説が公にならなかった理由として警察の公安が隠蔽を図ったためだと噂されています。警察の公安が隠蔽をした理由として首謀者のeomが挙げられています。「eom」という名前はハングルの読みだと推測されており、eomは在日韓国人と言われています。

在日韓国人が絡んだ事件であり、当時まだインターネットの事件が異質ということもあり警察が対応を渋ったようです。その結果、警察の公安が隠蔽を図っていたと言われています。

現実には在日韓国人が絡んだからといって、警察の公安が隠蔽を図るとは考えられませんが、インターネット上特有の噂の伝播によって既成事実かのように語られることがあります。

鮫島事件ジョーク説

鮫島事件ジョーク説

この事件は人をからかうための作り話でありジョークのという解釈も存在します。当時の2ちゃんねるは今ほど利用者がいなかったため、ごく少数の人たちで話題を共有し盛り上げていました。そのため、2ちゃんねるに新しく訪れたものや、怖がりなどの人をからかうために作られた奇妙な作り話という解釈がされています。

また、2ちゃんねるには同じようにユーザーをからかいたいと考えた人が後から情報を付け加えていったことによってどんどん現実味を帯びっていったという説です。そのため、2chでは今でもタブーな事件と言って面白がられているという見方も存在します。

鮫島事件はネタだった?

鮫島事件はネタだった?

誰も真相にたどり着けずタブーと言われている鮫島事件はネタという見方についてまとめました。鮫島事件のように話の中身が不透明なのに成立している話はいくつかあります。落語に存在する「牛の首」やモンティ・パイソンの「殺人ジョーク」などが代表的です。

落語にある「牛の首」は話の内容が全く分かっていません。ですが、この話を聞いた人は3日以内に死んでしまうという噂があります。ですが、話の名前が「牛の首」であり聞いた人が「恐怖で死んでしまうほど恐ろしい話」という情報しかありません。

モンティ・パイソンの「殺人ジョーク」もどんなジョークなのか誰も知りません。この話は面白すぎるジョークにより、見たり聞いたりした人は皆笑いすぎて死んでしまうと言う話です。殺人兵器になったジョークは戦争の武器としてドイツ語に翻訳して使われたと語られるほどでした。

ネットリテラシーの教訓としての「鮫島事件」

ネットリテラシーの教訓としての「鮫島事件」

この一連の騒動に関して2chの管理人をしていたひろゆきこと西村博之は以下のようなコメントを残しています。

「嘘は嘘であると見抜ける人でないと難しい」

顔の見えないインターネット上では真実だけでなく、嘘の情報や間違った情報が数多く存在しています。そのため、インターネット上に存在する情報すべてを信じるのではなく、嘘ではないかと一度考えることが大切だと訴えています。

現代はインターネットが普及しており、昔より数多くの情報が集められています。今一度インターネットというものがどういうものなのか把握し、真実かどうか見極める力をつけましょう。

真相は?そして「鮫島事件」は語り継がれることになった

真相は?そして「鮫島事件」は語り継がれることになった

「鮫島スレ」が再び作成されたことによって、再び多くの2ちゃんねるユーザーに注目されることになった「鮫島事件」を徹底的にまとめました、この事件には「血の16枚の画像」など妙にリアリティがあります。

しかし、リアリティがありながらも誰1人この事件の真相にたどり着けていないまま、現在まで語り継がれてきたようです。

鮫島事件まとめ

  • 鮫島事件は2ちゃんねるのタブーである。
  • 孤島説、集団リンチ説、ジョーク説などさまざまな解釈がされている。
  • 未だに真相は闇の中である。

記事を評価する

評価 4.8 / 5(合計2人評価)

関連記事