裏拍手の意味とは?手の甲を打ち合わせる死者の拍手について解説

裏拍手の意味とは?手の甲を打ち合わせる死者の拍手について解説

私たちが相手を祝福したり敬意を表したりする際に行う拍手を、手の甲を打ち合わせる形でやるのは裏拍手と呼ばれます。裏拍手は人を呪う意味のあるものです。この裏拍手は意味が恐ろしいだけではなく、アーティストでも幽霊にされた話があり、不気味がられています。

コンテンツ [表示]

  1. 1呪いの拍手「裏拍手」とは?
  2. 1.1裏拍手には「死者の手招き」の意味もある
  3. 2裏拍手にまつわる有名な怖い話
  4. 3裏拍手にまつわる話はアーティストに多い?
  5. 3.1ケース1:大塚愛の場合
  6. 3.2ケース2:シャ乱Qの場合
  7. 3.3ケース3:乃木坂46の場合
  8. 3.4ケース4:ゴールデンボンバーの場合
  9. 4手話でつかう「裏拍手」は全く別の意味に!
  10. 5裏拍手を面白半分でおこなうのはやめよう!
DATSUさん

DATSUさん

裏拍手は呪いの拍手、死者の拍手として有名なんだ。

裏拍手を行う行為自体が呪いの行いなんだよ。

呪いの拍手「裏拍手」とは?

呪いの拍手「裏拍手」とは?
Photo bypavstern

裏拍手とは逆拍手や逆手拍手とも呼ばれ、普通のものとは逆に手の甲同士を合わせて鳴らす行為です。

普通の手のひらを合わせて鳴らす拍手であれば、相手に対する賛辞やお祝い事を共に喜ぶなどの意味があります。一方、裏拍手の場合は自分にとって憎しみの対象である相手を呪う意味を持つものです。この行為がどれほど恐ろしい意味を持つのかは、次の項で見ていきます。

裏拍手
裏拍手はこの画像のように手の甲を合わせて行う拍手のこと。

死者の手招きを意味する呪いです。

裏拍手には「死者の手招き」の意味もある

裏拍手には「死者の手招き」の意味もある
フリー写真素材ぱくたそ

裏拍手(逆拍手)で恐ろしいとされるのは、死者の手招きを指す点です。

古くから死後の世界に関係することは「逆さ事」といい、現世で生きている私たちが行うやり方とは反対のやり方で行われます。具体的な例を挙げると、ご遺体に死装束を着せるとき、左側が前になるように着せますよね。なお私たちがおめでたいことの際に着物などを着るときは右前にします。

ほかにも葬儀に先立ってご遺体を清める「湯灌(ゆかん)」も、入浴の場合と異なり足先から頭に向かって洗うのが作法です。一方私たち入浴の際は、一般的に頭側から洗います。

このように逆さ事が行われる死後の世界では、亡くなった方も手の甲を合わせる形で拍手するやり方が一般的です。このため、単なる呪いにとどまらず死者の手招きということで死後の世界に導かれる意味もあります。たとえ冗談であっても、逆拍手はやらないようにするべきでしょう。

裏拍手にまつわる有名な怖い話

裏拍手に関する話でとりわけ多くの人の間で有名なのが、手相芸人として活躍し、また怪談の語り部としても有名な島田秀平さんがテレビ番組の中で語った話です。彼が話したところによると、あるカップルが夜にデートをした際、身勝手な彼氏の提案で地元でも有名な心霊スポットを回ることになりました。ところが彼女の方が大変な怖がりでした。

しかし彼氏が嫌がる彼女を無理やり連れて心霊スポットを何ヶ所か回っていると、最初は怖がっていた彼女のテンションがスポットを巡るごとに高くなっていきました。そしてしまいには喜びながら裏拍手をしていました。怖がっていた彼女のテンションが高くなり、死者がやる行為をしていたという意味で恐ろしいといえます。

次のページ

裏拍手にまつわる話はアーティストに多い?

関連記事

アクセスランキング