>> セレスティアのスピリチュアル情報をお届け! <<

「IMO」の意味とは?英語のスラングについて解説します

「IMO」の意味とは?英語のスラングについて解説します

今回ご紹介する英語スラングは「IMO」、チャットやメールなどネット上のやりとりでよく使われている言葉です。「IMO」の意味や実際の使い方だけでなく、「IMO」の類語についても簡単にまとめてみました。覚えておくと使い勝手のいいスラングのひとつになりそうです。

「IMO」の意味とは?

疑問を持った人
Photo byElisaRiva

IMO」とは「In My Opinion」の略で、「私の意見では」「個人的には」という意味の英語スラングです。自分の意見を述べるときや、自分の考えを主張するときに使われています。チャットやオンラインゲーム、メールなどの個人間でのやりとりはもちろんSNSで発信する際にも使用される言葉で、ネット上で幅広く使われる英語スラングのひとつです。

「IMO」の由来について

海の上に漂う吹き出し
Photo bystux

「IMO」は「In My Opinion」の頭文字をとって略した英語スラングです。「Opinion」という単語は「意見、考え」という意味があるので、自分の見解を述べる際に使われています。少し発言しにくい意見を述べるときや、思い切った提案をするときにもよく使われている表現です。ネット上では個人的な意見や考えを主張するのは基本的に自由ですが、自分だけでなく相手の立場を考慮して発言するマナーも大切にしたいものです。

「IMO」の使い方と用例

みんなで話す
Photo by422737

では「IMO」の使い方を例にそって確認していきましょう。使い方のポイントは「IMO」を文章の最初か最後につけることです。

プロゲーマー君

プロゲーマー君

IMO,The new series of games is boring.
(オレ的にこのゲームの最新作は駄作だな。)

ボブ

ボブ

I think that game never been interesting,IMO.
(前からそのゲーム面白くなかったよ、ボク的に。)

「IMO」の類似表現

たくさんの人のシルエット
Photo bygeralt

最後に「IMO」の類似表現についてチェックしておきましょう。「IMO」と同じく自分の考えや意見を述べるときに使う言葉ではありますが、ニュアンスや捉え方が少し変わってくるようです。

略語 元の文 意味
IMHO In My Humble Opinion
In My Honest Opinion
つまらない意見ですが
私の率直な意見ですが
IMAO In My Arrogant Opinion あえて言うと
ぶっちゃけ
IMVHO In My Very Humble Opinion
In My Very Honest Opinion
私に言わせていただければ
(IMHOを強めた言い方)
IMNSHO In My Not So Humble Opinion
In My Not So Honest Opinion
私の控えめではない意見ですが
(私のちょっとした意見ですが)
IMPO In My Personal Opinion 私見では
IMBO In My Biased Opinion 偏った意見だけど

ここでは「IMHO」と「IMAO」について少し解説していきます。

  • IMHO」は「In My Humble Opinion」の略で、「つまらない意見ですが」という意味です。「IMO」より丁寧な意味合いで使われています。これは「Humble」に「謙虚な、控えめな」という意味があるためです。本来は丁寧な言い回しとして使用されていますが、嫌味的な意味を込めてわざと謙虚な意見でないときに使われることもあるようです。「IMHO」にはこれ以外にも「In My Honest Opinion」の略として使われるケースもあります。「Honest」には「正直な、率直な」という意味があるので「私の率直な意見ですが」と伝える表現方法になります。一般的に「IMHO」は「In My Hunble Opinion」の意味で使われてるので、頭の片隅に入れておくといいかもしれません。
 
  • 一方で「IMAO」は「In My Arrogant Opinion」の略語です。「Arrogant」には「横柄な、傲慢な、無礼な」といった意味があり、直訳すると「傲慢な意見だけど」という言い方になります。ジョーク的に使われているスラングなので、日本語に置き換えるのなら「あえて言うと」「ぶっちゃけ」と訳されています。より主観的な意見を発言するときに使われる言葉です。丁寧な言い回しの「IMHO」と逆の、くだけた表現方法と覚えておくといいでしょう。

これらの類似表現より「IMO」が日常的に使われていますが、微妙なニュアンスの違いは自分の立場によっても使い分けることができそうですね。

その他の英語スラングはこちら

セレスティアの無料タロット占い

友だち追加

記事を評価する

評価 5.0 / 5(合計3人評価)

関連記事