壬戌(みずのえいぬ)の性格と特徴について解説!2020年の壬戌の運勢は?

壬戌(みずのえいぬ)の性格と特徴について解説!2020年の壬戌の運勢は?

壬戌(みずのえいぬ)を日柱にもつ人の2020年の運勢を、四柱推命で男女それぞれの性格や相性も加えて解説。また、特徴や運気にも絡む十二運にも目を向けてみました。自分だけでなく、友人や恋人に壬戌生まれの人がいれば、個性だけでなく、運気の流れをつかめるはずです。

宇宙の法則と男性心理をマスターする秘訣セミナー

コンテンツ [表示]

  1. 1壬戌(みずのえいぬ)の2020年の運勢は?
  2. 1.12020年の壬戌は帝旺の年で空亡の1年目
  3. 1.2空亡年の過ごし方
  4. 2壬戌の相性
  5. 2.1壬戌の良い相性
  6. 2.2壬戌の悪い相性
  7. 3壬戌(みずのえいぬ)の特徴と性格とは?
  8. 3.1壬戌の女性の性格
  9. 3.2壬戌の男性の性格
  10. 4壬戌の四柱推命と性格
  11. 4.1壬戌を年柱にもつ人の性格
  12. 4.2壬戌を月柱にもつ人に性格
  13. 4.3壬戌を日柱にもつ人の性格
  14. 4.4壬戌を時柱にもつ人に性格
  15. 5壬戌と十二運星の組み合わせ
  16. 5.1壬戌と胎
  17. 5.2壬戌と養
  18. 5.3壬戌と長生
  19. 5.4壬戌と沐浴
  20. 5.5壬戌と冠帯
  21. 5.6壬戌と建禄
  22. 5.7壬戌と帝旺
  23. 5.8壬戌と衰
  24. 5.9壬戌と病
  25. 5.10壬戌と死
  26. 5.11壬戌と墓
  27. 5.12壬戌と絶
  28. 6壬戌の四柱推命の性格を知り、運勢を高めよう!

壬戌(みずのえいぬ)の2020年の運勢は?

四柱推命おじさん

四柱推命おじさん

四柱推命で59番目の干支、壬戌(みずのえいぬ)の性格と特徴について解説していくことにしましょう。

2020年の壬戌は、子丑空亡ですから今年から来年にかけて年運が空亡になります。
陰陽五行を由来とする算命学では天中殺、六星占術でいうところの大殺界といわれる時期が、四柱推命では空亡となります。
ほかの占術での意味、文字面からは悪い印象しかありません。
とはいえ、壬戌は強運の星ですから、苦労はしても後々役に立つものですから安心してください。

ではさらに詳しく男性、女性別に周囲へ与える印象、日柱に出ているだけでなく、ほかの柱に壬戌がある場合も紹介!
十二運にも触れていきます。

2020年の壬戌は帝旺の年で空亡の1年目

2020年の干支は庚子となります。壬戌を日柱にもつ人にとっては、帝旺の年です。加えて空亡の1年目になります。

壬戌はパワフルな行動力で苦労を苦労と思わずに、前進していくことができます。しかし、2020年は恋愛面で行動力のあるところが裏目になりそうです。思い込みの激しさで、勝手に恋愛や結婚の話を進めてしまうと、相手から反発を食らい整うものも壊れてしまいます。

ビジネス面では、新たなことへ挑戦する方が良さそうです。これまでのこだわりは捨て、周りに勧められたものにはチャレンジしていきましょう。金運は副業に幸運があるときです。

恋愛関係に限らず、2020年は周りの意見をいつも以上に取り入れることを心掛けましょう。もともと広い心の持ち主である壬戌の人ならきっとできるはずです。

空亡年の過ごし方

2020年は、空亡ではあるものの十二運は帝旺と強運の年が巡ってきています。そのため、理想が高くなりそれを叶えるために、強い行動力をみせるようになるでしょう。

ただし、理想を求めるのは大切なことですが、他人を巻き込んではいけません。あくまでも個人の行動やプライベートの中で、理想を大切にしましょう。仕事面では一歩引く姿勢でいると、流れに乗って作業は進んでいきます。

金運は悪くありませんが、計画外のことに出費をすると後悔しそうです。ネットショッピングなどで気になったものをすぐにクリックしてしまうのではなく、本当に必要かどうか考えましょう。

壬戌は干支占いではいぬ年生まれとなります。

【干支】戌年生まれの特徴や性格について解説しますのイメージ
【干支】戌年生まれの特徴や性格について解説します
戌(いぬ)年生まれというと真面目で信じた相手には尽くす「忠犬」のイメージがありますが、本当はどんな性格なのでしょうか。戌年生まれの人の特徴や恋愛傾向、仕事への姿勢を詳しく解説します。他にも「戌」の読み方や本来の意味、戌年生まれの守護本尊についてもご紹介します。
【干支占い】2020年の戌年の運勢 戌年生まれの基本性格に関しても解説のイメージ
【干支占い】2020年の戌年の運勢 戌年生まれの基本性格に関しても解説
干支占いにおいて、戌年生まれの人にとって2020年は全体的に運勢が安定した上昇傾向に転じ、思い通りに事が運ぶようになります。キーワードは「俯瞰(ふかん)」と「和」です。この記事では戌年生まれの人の2020年の全体運、性格・特徴、適職などをご紹介します。

次のページ

壬戌の相性

関連記事

アクセスランキング