戊午(つちのえうま)の性格と特徴について解説!2020年の戊午の運勢は?

戊午(つちのえうま)の性格と特徴について解説!2020年の戊午の運勢は?

戊午(つちのえうま)を日柱にもつ人の2020年の運勢を、四柱推命で男女それぞれの性格や相性も加えて解説。また、特徴や運気にも絡む十二運にも目を向けてみました。自分だけでなく、友人や恋人に戊午生まれの人がいれば、個性だけでなく、運気の流れをつかめるはずです。

コンテンツ [表示]

  1. 1戊午(つちのえうま)の2020年の運勢は?
  2. 1.12020年の戊午は胎の年で空亡へ入ります
  3. 1.2空亡年の過ごし方
  4. 2戊午の相性
  5. 2.1戊午の良い相性
  6. 2.2戊午の悪い相性
  7. 3戊午(つちのえうま)の特徴と性格とは?
  8. 3.1戊午の女性の性格
  9. 3.2戊午の男性の性格
  10. 4戊午の四柱推命と性格
  11. 4.1戊午を年柱にもつ人の性格
  12. 4.2戊午を月柱にもつ人に性格
  13. 4.3戊午を日柱にもつ人の性格
  14. 4.4戊午を時柱にもつ人に性格
  15. 5戊午と十二運星の組み合わせ
  16. 5.1戊午と胎
  17. 5.2戊午と養
  18. 5.3戊午と長生
  19. 5.4戊午と沐浴
  20. 5.5戊午と冠帯
  21. 5.6戊午と建禄
  22. 5.7戊午と帝旺
  23. 5.8戊午と衰
  24. 5.9戊午と病
  25. 5.10戊午と死
  26. 5.11戊午と墓
  27. 5.12戊午と絶
  28. 6戊午の四柱推命の性格を知り、運勢を高めよう!

戊午(つちのえうま)の2020年の運勢は?

四柱推命おじさん

四柱推命おじさん

四柱推命で55番目の干支、戊午(つちのえうま)の性格と特徴について解説していくことにしましょう。

2020年の戊午は、子丑空亡ですから今年から来年にかけて年運が空亡になります。
陰陽五行を由来とする算命学では天中殺、六星占術でいうところの大殺界といわれる時期を、四柱推命では空亡と呼ぶのです。
ほかの占術での意味、文字面からは悪い印象しかありません。

ただ強運と凶運が同じ読みであるように、異常干支や空亡は特別な星だと思いましょう。
そんなことも加えて男性、女性別に周囲へ与える印象、日柱に出ているだけでなく、ほかの柱に戊午がある場合も紹介!
十二運にも触れていきます。

2020年の戊午は胎の年で空亡へ入ります

2020年の干支は庚子となります。戊午を日柱にもつ人にとっては、胎の年です。また、空亡へ入る年でもあります。

迷いや心の中に、葛藤が生まれやすい年となるでしょう。運気の波も激しく、順調に進んでいても急激に下降することも多くなります。2020年は先々をみて進むよりも、目の前の課題をひとつずつ消化していった方が確実でしょう。

プライベートでは出会いが多く、恋愛では進展が期待できそうです。ただし、あくまでも主導権は相手に渡しておきましょう。我を出していくと、トラブルが起こりうまくいっていた関係を崩しかねないので注意が必要です。

空亡年の過ごし方

2020年の戊午の年運は胎で、母親の体の中で命が宿った瞬間を表しています。喜びを感じさせることができるときですが、自身のエネルギーは行動するには足りません。そんな年に迎える空亡年では、人間関係でトラブルが多く起こりがちです。

運気が幼い胎であるため、よくいえば素直ですがわがままに映ることがあるでしょう。そのため、なにか意見をすると反対する人が多く出ます。とくに仕事面では、その傾向が強いでしょう。

そこでじっと我慢をして、相手に対し尽くすことを心掛けると、気持ちを変えることができます。反発するより、従順さをみせれば敵から味方に変えられるでしょう。仕事だけでなく、プライベートでも相手を立てる意識を持つことが、空亡の年のテーマとなります。

また空亡の記事については、こちらをご覧ください。

空亡とはどんな意味?過ごし方や空亡の種類、他の占いでの名称を知ろう。のイメージ
空亡とはどんな意味?過ごし方や空亡の種類、他の占いでの名称を知ろう。
空亡はもともと四柱推命の言葉ですが、他の占いでは「大殺界」「天中殺」「裏運気」などと言われています。空亡の時期は努力が報われず、結婚など大きな選択は避けるべきと考えられています。この記事では空亡について詳しく解説します。

戊午の相性

四柱推命おじさん

四柱推命おじさん

戊午を日柱にもつ人は、どの干支の人と相性が良いのでしょう。
空亡の年というのは、運がすんなり流れていきません。
本来、良い相性の人を遠ざけてしまったり、合わない人と近づきすぎてしまったりと、逆を選びがちなのです。
相性が悪い人との関係は、空亡の間こそ良好に続きますが、明けた年には縁が切れ何も残さない傾向が強く出ます。
耳の痛いアドバイスであっても、良い相性の人の言葉は永遠です。
四柱推命の相性をよく見て、本当に自分のためになる関係を確認しておきましょう。

戊午の良い相性

戊午と相性が良いのは、以下の干支を日柱にもつ人となります。

もっとも良い関係を築けるのは、癸未の人です。
ストレスを感じないだけでなく、ピンチには助けとなってくれるので大切にしましょう。
ほかにも、丙寅、丙戌、庚寅、丁未、丙辰の人とは穏やかに過ごせるでしょう。

癸未の記事については、こちらの記事をご覧ください。

癸未(みずのとひつじ)の性格と特徴について解説!2020年の癸未の運勢のイメージ
癸未(みずのとひつじ)の性格と特徴について解説!2020年の癸未の運勢
癸未(みずのとひつじ)を日柱にもつ人の2020年の運勢を、四柱推命で男女それぞれの性格や相性も加えて解説。また、特徴や運気にも絡む十二運にも目を向けてみました。自分だけでなく、友人や恋人に庚辰生まれの人がいれば、個性だけでなく、運気の流れをつかめるはずです。

戊午の悪い相性

戊午と相性が悪いのは、以下の干支を日柱にもつ人となります。

気を付けたい相性は、甲子と壬子の人です。
行動、考えどちらも正反対で理解し合えない関係となるので、ストレスがかかるだけでしょう。
空亡の年は、縁ができやすいのでより気を付けた方が良さそうです。
ほかにも、乙亥、甲申、乙酉の人との関係も、良い運を遠ざけてしまうので注意しましょう。

甲子壬子の記事についても併せてご覧ください。

甲子(きのえね)の性格と特徴について解説!|60干支|2020年の甲子の運勢のイメージ
甲子(きのえね)の性格と特徴について解説!|60干支|2020年の甲子の運勢
甲子(きのえね)は、生年月日に時間を加えた4本の柱で運勢がみられる四柱推命の最初の干支です。その基礎知識となる干支をまずは説明していきます。今回は甲子(きのえね)の性格と特徴、2020年の運勢にについて解説。奥深い四柱推命の入り口に立ってみましょう。
壬子(みずのえね)の性格と特徴について解説!2020年の壬子の運勢は?のイメージ
壬子(みずのえね)の性格と特徴について解説!2020年の壬子の運勢は?
壬子(みずのえね)を日柱にもつ人の2020年の運勢を、四柱推命で男女それぞれの性格に相性も加えて解説。また、運気にも絡む十二運にも触れていますから入り口としては十分なはずです。自分だけでなく、友人や恋人に壬子生まれの人がいれば個性が合うかどうかみてみましょう。

次のページ

戊午(つちのえうま)の特徴と性格とは?

関連記事

line-friend-pc

アクセスランキング