丙午(ひのえうま)の性格と特徴について解説!2020年の丙午の運勢は?

丙午(ひのえうま)の性格と特徴について解説!2020年の丙午の運勢は?

丙午(ひのえうま)を日柱にもつ人の2020年の運勢を、四柱推命で男女それぞれの性格や相性も加えて解説。また、特徴や運気にも絡む十二運にも目を向けてみました。自分だけでなく、友人や恋人に丙午生まれの人がいれば、個性だけでなく、運気の流れをつかめるはずです。

コンテンツ [表示]

  1. 1丙午の2020年の運勢は?
  2. 1.1丙午の2020年は胎の年
  3. 1.22020年は流れに身を任せる
  4. 2丙午の相性のいい相手は?
  5. 2.1丙午の良い相性
  6. 2.2丙午の悪い相性
  7. 3丙午(ひのえうま)の特徴と性格とは?
  8. 3.1丙午の女性の性格
  9. 3.2丙午の男性の性格
  10. 4丙午の四柱推命と性格
  11. 4.1丙午を年柱にもつ人の性格
  12. 4.2丙午を月柱にもつ人に性格
  13. 4.3丙午を日柱にもつ人の性格
  14. 4.4丙午を時柱にもつ人に性格
  15. 5丙午と十二運星の組み合わせ
  16. 5.1丙午と胎
  17. 5.2丙午と養
  18. 5.3丙午と長生
  19. 5.4丙午と沐浴
  20. 5.5丙午と冠帯
  21. 5.6丙午と建禄
  22. 5.7丙午と帝旺
  23. 5.8丙午と衰
  24. 5.9丙午と病
  25. 5.10丙午と死
  26. 5.11丙午と墓
  27. 5.12丙午と絶
  28. 6丙午の四柱推命の性格を知り、運勢を高めよう!
四柱推命おじさん

四柱推命おじさん

四柱推命で43番目の干支、丙午(ひのえうま)の性格と特徴について解説!
2020年の丙午の運勢はどうなっていくのでしょうか?
男性、女性別に周囲へ与える印象、日柱に出ているだけでなく、ほかの柱に丙午がある場合も紹介!
十二運にも触れていきます。

丙午の2020年の運勢は?

四柱推命おじさん

四柱推命おじさん

日柱に丙午をもつ人の、2020年の運勢をみていきましょう。
四柱推命は東洋占術なので、2020年の節分2月3日のあとからが新年です
運勢も、そこから変わり始めると思って読んでください。

丙午の2020年は胎の年

2020年の干支は庚子となります。丙午を日柱にもつ人にとっては、胎の年です。

2020年の丙午は、心と行動、自分の考えと環境にズレが生じやすいでしょう。やる気があるときには、やりがいのある仕事がなく、逆にモチベーションが低くなっている場合、急に忙しくなる、そんなことが多くなりそうです。人間関係でもチグハグになりがちでしょう。
 

2020年は流れに身を任せる

ただ、これを無理に自分のペースに持ち込もうとするのは、辞めた方が良さそうです。

もともとパワーのある丙午生まれですから、一時的には主導権を握れても、そのあとにトラブルを生む可能性が多いでしょう。丙午生まれの人の2020年のペースは、流れに身を任せてしまうことです。苦手なことをこなせるようにする、合わない人との付き合いにも、何かしら得るものがあると考えましょう。

丙午の相性のいい相手は?

四柱推命おじさん

四柱推命おじさん

丙午を日柱にもつ人は、どの干支の人と相性が良いのでしょう。

2020年の丙午生まれの人は、合わない人と付き合わなければならないことがありそうです。
またエネルギーのある丙午生まれのパワーを抑え込まれるような、環境に身を置かなければならないこともあるでしょう。
窮屈な年ですが、だからこそなるべく相性の良い人を身近に置き、ストレスをすくなくしたいところです。
そのひとつの方法が、四柱推命で相性を視ることなのはいうまでもありません。

丙午の良い相性

丙午と相性が良いのは、以下の干支を日柱にもつ人となります。

丙午の人がもっともリラックスできる相手は、辛未の人でしょう。
一緒にいると、なにかと助けてくれる人となってくれるはずです。
ほかにも、甲戌、戊寅、乙未、戊戌、乙巳、庚戌、辛酉の人とは、楽しく過ごすことができるでしょう。

丙午の悪い相性

丙午と相性が悪いのは、以下の干支を日柱にもつ人となります。

ただでさえ厄介な丙午の2020年、心身ともにストレスを与えてくるのが、庚子と壬子の人です。
価値観や行動パターンにズレがあり、イライラすることが多くなるでしょう。
ほかにも、壬申、癸巳、癸卯、癸丑の人に対しては、なにかと我慢しなければならないことが多くなりそうです。

次のページ

丙午(ひのえうま)の特徴と性格とは?

関連記事

line-friend-pc

アクセスランキング