【2021年】火星人プラス(+)の運勢は?六星占術で年運を解説

【2021年】火星人プラス(+)の運勢は?六星占術で年運を解説

2021年、六星占術の火星人プラスの運勢について解説していきます。2021年は火星人プラスにとって「乱気・中殺界」の年です。種子から始まった5年間の疲れが出て、ストレスや現実的なトラブルが起きやすい年となります。積極的な行動を控えペースダウンを心掛けましょう。

コンテンツ [表示]

  1. 1【2021年】火星人プラスの運勢は?
  2. 1.12021年の年運
  3. 1.2火星人プラスの性格や相性
  4. 1.3霊合星人の火星人プラスの2021年
  5. 2【2021年】火星人プラス(+)の仕事運
  6. 3【2021年】火星人プラス(+)の転職
  7. 4【2021年】火星人プラス(+)の恋愛運
  8. 5【2021年】火星人プラス(+)の結婚運
  9. 6【2021年】火星人プラス(+)の引っ越し
  10. 7【2021年】火星人プラス(+)の金運
  11. 8【2021年】火星人プラス(+)のラッキーカラー
  12. 9【2021年】火星人プラス(+)の運勢まとめ

 
2021年の火星人プラスの運勢を総合的に解説します。

記事の冒頭で火星人プラスの性格や六星占術の運命周期に触れますが、詳しく知りたい方はそれぞれ関連リンクを読んでください。

この記事では主に、2021年の火星人プラスの恋愛や結婚運、仕事や引っ越しのタイミングなどを解説します。

【2021年】火星人プラスの運勢は?

火星人プラスの2021年の運勢は乱気
火星人プラスの2021年の運勢は「中殺界・乱気」

火星人プラスの2021年(令和3年)の運勢は、中殺界の乱気で、前年の好調期の反動が来る年となるでしょう。

2020年は達成の年ということで、一区切りつき結果も出たはずです。
しかし、知らないうちに溜まっていくのがストレスというものなのでしょう。
2021年は、心が弱っているためネガティブ思考になってしまうのです。

健弱の年が体調不良から心が落ち込むのに対し、乱気は精神状態が悪化することで病を呼び込んでしまう可能性があります。
新しいことに手を出すよりも、身の回りの最低限の役割を丁寧にこなすことに徹し、現状維持を心掛けましょう。

2021年の年運

六星占術によると、2021年の火星人プラスの年運は乱気です。

乱気は12年のサイクルの6番目の年で、中殺界に当たります。読んで字のごとく「気が乱れる」年です。
なにに対してもネガティブ思考になり、いつもなら流せることも気になる神経質さが強まり、余計にストレスをため込んでしまう悪循環を起こしやすいでしょう。

2020年が達成という好調期だっただけに、行動が空回りすることが心に響きます。
ただ、ここ数年の心の疲れが出ているだけと考える方がいいでしょう。
仕事はもちろん、プライベートなことも新しいことを始めるより自分のテリトリーの中で、安全策をとって行動することが大切です。
自分自身でも、心をいたわるように過ごしていきましょう。

火星人プラスの年運
西暦 六星占術の運命周期
2019年 健弱(小殺界)
2020年 達成
2021年 乱気(中殺界)
2022年 再会
2023年 財成

【六星占術】火星人プラス(+)の2019年の運勢のイメージ
【六星占術】火星人プラス(+)の2019年の運勢
六星占術、火星人プラスの2019年の運勢を解説しています。
【2020年】火星人プラス(+)の年運・月運を六星占術で徹底解説!のイメージ
【2020年】火星人プラス(+)の年運・月運を六星占術で徹底解説!
2020年の火星人プラスの運勢は「達成」です。これまでの努力が実を結んで充実感あふれる年になります。この記事では、「達成」の過ごし方や注意点を、2020年の火星人プラスの恋愛運、金運、仕事運、月運と共にご紹介します。

火星人プラスの性格や相性

火星人プラスの基本的な性格についても、少し触れておきましょう。

火星人プラスは、頭の回転が早く冷静な判断力を持つ人です。

トラブルを解決することも上手で、周囲から頼りにされるリーダータイプでしょう。
ただ、自身は読書や美しい景色を見るなどの時間を大切にするうえ、それが精神を安定させるために不可欠なものと自然に理解しています。
そのため、集団の中心ではあってもマイペースなところがあると見られているでしょう。

現実的な成功より、精神的な充実に重きを置くため、金運はあまりいいとはいえません。

恋愛に関しては意外に奥手で慎重さが目立ちます。
友人として付き合いがある中から、恋愛相手が出てくることが多いでしょう。
仕事とするなら研究者や技術職、芸術家など自分の世界に引きこもることができるものが、適職になります。

火星人プラス(+)の特徴や相性、恋愛傾向や適職についても解説【六星占術】のイメージ
火星人プラス(+)の特徴や相性、恋愛傾向や適職についても解説【六星占術】
火星人プラスはマイペースで精神的な生き方を好む性格です。自分だけの世界を持っている人が多く、周囲からは変人と思われることもしばしばですが、頭の回転が速く、個性が生かせる仕事で頭角を現します。

自分が火星人プラスか調べる方法

自分や気になる相手が火星人プラスかどうかを調べるには生年月日が必要です。

こちらの自動計算機から調べましょう。

2021年の月運

2021年の月運はこちら

 

【2021年】火星人プラスの月運
1月 乱気(中殺界)
2月 再会
3月 財成
4月 安定
5月 陰影(大殺界)
6月 停止(大殺界)
7月 減退(大殺界)
8月 種子
9月 緑生
10月 立花
11月 健弱(小殺界)
12月 達成

2021年の日運

2021年の日運は準備中です。

霊合星人の火星人プラスの2021年

火星人プラスで、なおかつ午年生まれの人は霊合星人となります。

火星人プラスの霊合星人は、水星人プラスの性質も重なると理解しましょう。

運勢も、水星人プラスの2021年の年運の影響を受けます。
両方の運勢を見比べながら、仕事や恋愛、結婚、引っ越しの時期などの参考にしていきましょう。

【2021年】火星人プラス(+)の仕事運

火星人プラスの2021年の仕事運を見ていきましょう。

種子からスタートさせた行動は、知らず知らずのうちに精神的な疲れを生んでいたのです。
仕事中、集中力を失くし普段ならあり得ないミスをしてしまうこともあるでしょう。
また、その失敗を引きずりやすい精神状態にもなっています。
この仕事は、自分の適職ではない…そんなことも考えてしまいがちです。

自分のメンタルの弱さを感じることもあるかもしれませんが、だれにでもそういう時期はあります。
2021年は、仕事の幅を広げず丁寧さを心掛けて進めていきましょう。

【2021年】火星人プラス(+)の転職

火星人プラスの転職についても見ていきましょう。

一区切りで完成する達成、翌年にリスタートに適した再会その間にある乱気は中殺界です。

大殺界よりは小さいものの、やはり動くのはおすすめできません。
精神的に弱っているため、不安や不満を職場のせいにしたり、適職ではないと逃げたくはなりますが、即転職とは考えないようにしましょう。

ストレスから感情的な行動をしがちですが、本来火星人プラスは冷静さを持っています。
それを活かして周りを俯瞰してみていけば、転職がいまではないと気づけるでしょう。
もし、本当に自分の適職ではないと気づいていたとしても、転職活動は来年の再会まで待つべきです。

【2021年】火星人プラス(+)の恋愛運

火星人プラスの2021年の恋愛運は、トラブルが起こりやすく注意が必要です。

乱気の年は、精神が安定していないため、身近な人と衝突しやすくなります。
恋愛はその代表例だといえるでしょう。
心が疲れているために、恋人のちょっとした一言が気になり、ケンカをしてしまう可能性も高めです。

乱気は中殺界ですから、変化をすることは好ましくありません。
感情的になって別れてしまう…これもひとつの変化であり、後悔をすることになるでしょう。
我慢をするのはストレスですが、自分ではなく相手に主導権を渡した方が無難です。

パートナーのいない人は、出会いを求めないようにしましょう。
積極的な行動を控えるべき年に出会う相手は、相性がよくなかったりトラブルメーカーであったりする場合が多いのです。
今ある関係を維持することを心掛けましょう。

次のページ

【2021年】火星人プラス(+)の結婚運

関連記事

free-tarot
ryutai-moji
moon-callender

アクセスランキング