【2021年】水星人プラス(+)の運勢は?六星占術で年運を解説

【2021年】水星人プラス(+)の運勢は?六星占術で年運を解説

2021年、六星占術の水星人プラスの運勢について解説していきます。2021年の水星人プラスにとって「減退・大殺界」の年です。必要ではないものと縁が切れる可能性が高いでしょう。気持ちを切り替えていくことが大事になります。過去より未来に目を向けていきましょう。

コンテンツ [表示]

  1. 1【2021年】水星人プラスの運勢は?
  2. 1.12021年の年運
  3. 1.2水星人プラスの性格や相性
  4. 1.3霊合星人の水星人プラスの2021年
  5. 2【2021年】水星人プラス(+)の仕事運
  6. 3【2021年】水星人プラス(+)の転職
  7. 4【2021年】水星人プラス(+)の恋愛運
  8. 5【2021年】水星人プラス(+)の結婚運
  9. 6【2021年】水星人プラス(+)の引っ越し
  10. 7【2021年】水星人プラス(+)の金運
  11. 8【2021年】水星人プラス(+)のラッキーカラー
  12. 9【2021年】水星人プラス(+)の運勢まとめ

2021年の水星人プラスの運勢を総合的に解説します。

記事の冒頭で水星人プラスの性格や六星占術の運命周期に触れますが、詳しく知りたい方はそれぞれ関連リンクを読んでください。

この記事では主に、2021年の水星人プラスの恋愛や結婚運、仕事や引っ越しのタイミングなどを解説します。

【2021年】水星人プラスの運勢は?

水星人プラスの2021年の運勢
水星人プラスの2021年の運勢は大殺界の「減退」です

水星人プラスの2021年(令和3年)の運勢は、減退で3年間の大殺界最後の年となります。

大殺界の停止を挟んで下りに向かう陰影に対し、減退はまもなく春を表す種子を迎えるです。徐々に明るさを運気も明るさを取り戻していきます。ただし大殺界の中にいることを忘れないようにしましょう。

人間関係では縁が切れることが多いのですが、そこに未練を持たない方が良い年です。減退は、大殺界の停止の次というだけでなく、種を蒔く種子の前の年になります。ここで切れた縁は自分に不要だという意味だと思いましょう。
 

2021年の年運

六星占術によると、2021年の水星人プラスの年運は減退で、大殺界最後の年です。

2021年水星人プラスが迎える減退は、12年周期の最後の12番目に位置しています。次に12年周期の最初の年種子を迎えることからわかるように、ひとつの区切りがつく年です。

まもなく迎える明るさのある運勢を深層心理の中では感じていますが、運気の変わり目だけに別れがあり、精神的に落ち込むことも多いでしょう。ここで心に影を落とすと、種子の年に良い種を蒔くことができません。孤独感や寂しさを感じても、切り替えることが大切になります。

金運は停止大殺界に較べると上がってくるでしょう。ただそれを自分のために使ったり、蓄財に回したりすると悪い流れを生んでしまいます。身の回りの人たち、とくに大殺界の3年間に世話をしてくれた人へ使うようにしましょう。

減退とは?(六星占術の運命周期)のイメージ
減退とは?(六星占術の運命周期)
六星占術の運命周期「減退」(大殺界の終わり)について解説します。

水星人プラスの年運
西暦 六星占術の運命周期
2019年 陰影・大殺界
2020年 停止・大殺界
2021年 減退・大殺界
2022年 種子
2023年 緑生

【六星占術】水星人プラス(+)の2019年の運勢のイメージ
【六星占術】水星人プラス(+)の2019年の運勢
六星占術、水星人プラスの2019年の運勢を解説しています。
【2020年】水星人プラス(+)の年運・月運を六星占術で徹底解説!のイメージ
【2020年】水星人プラス(+)の年運・月運を六星占術で徹底解説!
2020年の水星人プラスの運勢は大殺界の「停止」です。大きな決断は避けましょう。動けば動くほどに事態が悪化してしまう時期です。この記事では、「停止」の過ごし方や注意点を、2020年の水星人プラスの恋愛運や金運、仕事運、月運と共にご紹介します。

水星人プラスの性格や相性

水星人プラスの基本的な性格にも少し触れておきましょう。

水星人プラスは、理性の勝った自立心の強い人です。自信家でプライドが高く、周りを気にせず目標へ進んでいくため、近寄りがたい雰囲気をもっているでしょう。

六星の中では強運な水星人プラスですが、強過ぎる個性を持つため結婚運など家庭運に恵まれないところがあります。女性でも、家庭に収まる専業主婦やパートは向きません。バランスをとるためにも、仕事を続けた方が良さそうです。

適職としては芸能の世界やアパレル関係など、華やかさを感じる仕事が向いています。他人を頼るより自立した生き方の方が成功の可能性が高いため、美容師など若くして独立できる仕事も適職に含めてもいいでしょう。

水星人プラス(+)の特徴や相性、恋愛傾向や適職についても解説【六星占術】のイメージ
水星人プラス(+)の特徴や相性、恋愛傾向や適職についても解説【六星占術】
水星人プラスの性格はクールで、あまりベタベタと他者と付き合いません。独立心が旺盛で、個人事業主や創業者が多いですが、そのような態度が周囲からは利己的と感じられてしまうこともあります。

自分が水星人プラスか調べる方法

自分や気になる相手が水星人プラスかどうかを調べるには生年月日が必要です。

こちらの自動計算機から調べましょう。

2021年の月運

2021年の月運はこちら

 

【2021年】水星人プラスの月運
1月 減退・大殺界
2月 種子
3月 緑生
4月 立花
5月 健弱・小殺界
6月 達成
7月 乱気・中殺界
8月 再会
9月 財成
10月 安定
11月 陰影・大殺界
12月 停止・大殺界

2021年の日運

2021年の日運はこちら

霊合星人の水星人プラスの2021年

水星人プラスで、なおかつ子年生まれの人は霊合星人となります。

水星人プラスの霊合星人は、火星人プラスの性質も重なると理解しましょう。

運勢も、火星人プラスの2021年の年運乱気、中殺界の影響を受けます。
乱気はメンタルが落ち込むことを示す運気です。
減退にも同じような意味がありますから、気持ちを強く持って、大殺界最後の年を過ごしていきましょう。

【2021年】水星人プラス(+)の仕事運

水星人プラスの2021年の仕事運を見ていきましょう。

2021年減退の年を迎える水星人プラスの仕事運は、良いとはいえません。努力をしても実りが少なかったり、邪魔が入るなど思うようにならないことが多いでしょう。適職だと思っていた部署や仕事から、周りの影響で外れなければならない可能性も高くなります。

ただ、その事態に反抗しても精神的に疲れるだけです。減退の年は良くも悪くも、次の種子に向かって整理されていきます。自分の思いや考えと違っても、新たな環境は次に迎える12年周期に必要なものとなるはずです。不満を抱えて仕事をするのではなく、前向きに取り組んでいきましょう。

【2021年】水星人プラス(+)の転職

水星人プラスの転職についても見ていきましょう。

2021年減退の年を迎える水星人プラスの人に、転職はおすすめできません。最後の年とはいえ、減退も大殺界の中です。大殺界では、積極的な行動が裏目に出る場合が多いのです。

水星人プラスは翌年に新たな12年周期の種子を迎えます。転職を考えていたとしても、行動するのは翌年まで待ちましょう。

減退の年は精神的に参ってしまうことが多いことから、明るい未来を考えるのはプラスに働きます。適職に就いた自分の姿を思い浮かべながら、準備をしていくのは心を安定させるためには良いことだといえそうです。

【2021年】水星人プラス(+)の恋愛運

水星人プラスの2021年の恋愛運は、我慢の年となりそうです。

2021年減退の年を迎える水星人プラスの精神状態は、ネガティブになりやすくなっています。恋愛に対しても、不安や不満を持つことが多いでしょう。現実的に恋人との別れという、辛い出来事に直面する場合もあります。

ただ、その流れに抗っても深みにはまるだけです。現実を受け止め、辛さや悲しみを我慢するのが減退の年に生き方になります。

次のページ

【2021年】水星人プラス(+)の結婚運

関連記事

angelnumber

アクセスランキング